« 芙蓉が咲いた | トップページ | 現代風漢字の覚え方 »

2007年9月29日 (土)

本のジョーク

 最近、早坂隆『世界の日本人ジョーク集』(中公新書ラクレ)がヒットして、書店の店頭にジョークに関する本が少し出回るようになりました。

 昔からジョークの本が好きでけっこう読んできたのですが、日本の宴会では、オヤジのダジャレや下ネタ話が横行して、なかなか気の利いたジョークを楽しむ機会がありません。そのうちせっかくのジョークも忘れてしまいます。そこで、とりあえず本に関するジョークをいくつか紹介します。

 なむや文庫には、ジョークの本も少し置いていますので、どうぞご利用ください。

稀覯本

 稀覯本の蒐集に凝っている男がいた。四六時中考えるのは本のことばかり、友人たちを古書と掘り出しものの話でうんざりさせて少しも反省の色がない。友人たちもしまいに我慢がならなくなってきて、とうとう、ちょっとばかり蒐集狂をこらしめることにした。
 友人たちは、若い俳優と相談し、筋書きをこしらえ、蒐集狂を昼食に招いた。昼食が始まるか始まらないかのうちに、予期したとおり、蒐集狂はたちまち古書の話を始めた。
「それですよ、あの古本。あんな役立たずな代物はありませんよ。ぼくは我慢がなりませんね」と共謀している役者は口をはさんだ。「かびくさいし、陰気で、たまったものじゃありません。実は、このまえも、うちにあった古いドイツ語の聖書を捨ててしまったところです。とにかく古いもんで、もう大昔からわが家に伝わっていたものなんです。ものが聖書だけに捨てきれなかったんですな!そのかびくさかったことといったら!」
「どこの印刷でした?」とマニアは膝をのりだした。
「さあ、よく覚えてませんが、グーテン何とかって名のドイツ人がつくったものらしかったですよ」
 マニアは、ポトリと手に持っていたフォークとナイフを膝の上に落とした。
「ま、まさか、グ、グ、グーテンベルグじゃないだろうね」
「ああ、それだ。グーテンベルグです」
「そりゃ、大変だ。ええ、きみ、大変なことをしてくれた。きみが捨てた本の値打はひと財産は優にあるんだ。さあ、すぐに拾いに行こう、こうしちゃいられないんだ」
「いや、だめです。そんなはずはありません」と役者は平然と言った。
「どういうことだ、それは?」とマニアは金切声に近い声で叫んだ。「なにを言ってる、ひと財産どころか、歴史的……さあ、早く、そんなトリの唐揚げなんか食っているときじゃないんだぞ」
「いや、あの本は何の値打もないですよ。だってぼくはたしかめたんです」と役者は言い張った。
「本の中にびっしりと書き込みがしてありましてね、だめなんです。そう、ルッターなにがしとか、そうだ、マルチン・ルッターという男が、余白なんか全然見えないほどなにか書き込んでしまってるんですよ……」
(植松黎編・訳『ポケット・ジョーク5』p116)

夫婦の会話

 カトリックの総本山ヴァチカンの図書館には、いろいろめずらしい本が展覧されている。その中に、二冊のバイブルが並べて置いてある。一冊は厚さが六十センチもある大冊で、もう一冊は、タテ、ヨコ三センチ足らずの豆本である。
 見学者たちをこの二冊の本のところに案内して来ると、ガイドはこう説明する。
「こちらの大冊の方には、イブがアダムに言ったことがすべて記録されています。そして、この豆本の方は、アダムがイブに言ったことが全部入っています……」

(植松黎編・訳『ポケット・ジョーク2』p130)

大誤植

 ある東大教授が本の編者をひきうけた。が、仕事はなかなかはかどらず、出版は大幅に遅れてしまった。
 そこで彼は、あとがきに、
<やむを得ぬ事情により出版が遅れたことをお詫び致します>
 と書いたのだが、できてきた本を見ると、なんと「事情」が上下逆に印刷されているのだった。

(『とっておきのいい話』文春文庫、p84)

|

« 芙蓉が咲いた | トップページ | 現代風漢字の覚え方 »

本のジョーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本のジョーク:

« 芙蓉が咲いた | トップページ | 現代風漢字の覚え方 »