« 水仙トイレ | トップページ | 横浜の春節 »

2008年2月 4日 (月)

雪の鎌倉

 昨日は雪、積雪6センチというと、横浜あたりでは年に一度あるかないかの「大雪」です。
 せっかくの雪なので、雪見に鎌倉まで出かけました。
 日曜日なのにさすがに客は少ない。それでも雪景色を撮ろうと大きなカメラを持った客がけっこう見受けられました。

 円覚寺の庭です。

S

 梅が咲いていました。

S_2

 思わず小学校の校歌の一節を思い出しました。

雪に埋もれて咲く梅の
匂いに勲(いさお)ありと知れ

この前の歌詞が思い出せませんが、松の緑がどうとか言って、ちょっと古いです。なにせ一番は

光あまねき日の本の
良き国民(くにたみ)とならんとて
一千五百の我々は
学びの園に通うなり

というのです(これはちゃんと思い出せました)。小学生の頃は、歌の意味はほとんどわかりませんでした。「一千五百」のところは、そのときどきの児童数に合わせて変えられていました。田舎の小学校ですが、その頃は千五百人もいたんです。

 これは円覚寺舎利殿。中へは入れないので門の外から撮っています。大きなカメラを持った人とは違って、あまりよく撮れていません。

01s

 次は明月院。

S_4

 後は、浄智寺、東慶寺の門前だけ見て帰りました。(写真は浄智寺)

03s

|

« 水仙トイレ | トップページ | 横浜の春節 »

なむや文庫雑録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の鎌倉:

« 水仙トイレ | トップページ | 横浜の春節 »