« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

花見そしてわが家の桜

 昨日(3月29日(土))は暖かくて絶好のお花見日和ということで、花見に出かけました。

 まずは館山市の城山公園へ。桜は満開、花見客も多くにぎやかでした。

P3290428

 この写真の館山城は、市の博物館分館として、里見八犬伝の資料を展示しています。

 次は南房総市富浦町の大房岬(たいぶさみさき)へ。

P3290438

 ここでは桜フェスタという催し物が行われていて、フリーマーケットがあったり、にぎやかでした。さすがに城山公園ほどの人出ではありませんが、ここで、駐車場が満車で待たされたのは初めてです。

 どこも満開でにぎわっているのに、帰ってみるとわが家の桜はまだこんなもの。

P3300453_2

 いったいどうしたんでしょうか。いつも世間の桜からそんなに遅れて咲いているわけじゃないのに、今年はようやく開花宣言ができるくらい。枇杷は、今年の寒さが原因で不作になる気配です。わが家の桜も寒さで不作?
 これからちゃんと満開になるまで咲いてくれるかどうか、心配です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

タブノキ、タマグス、クマグス

 タブノキを切ってもらった業者さんは、タブノキを「タマグス」と言っていました。タマグスは神社によくある、大きく育つ木だということです。「タマグス=玉楠」は、タブノキの別称ですが、横浜市民としては、玉楠というとまず思い浮かぶのは、横浜開港資料館の庭にある「玉楠」です。
http://www.kaikou.city.yokohama.jp/guide/tamakusu.html
(開港資料館では「タマクス」と濁らないで呼んでいます)

 この木は、なにしろ「ペリー提督・将兵上陸の図」http://www.kaikou.city.yokohama.jp/guide/images/tamakusu-photo02.jpg
にも描かれている、横浜開港の歴史の証人ということになっています。この図の樹と現存する玉楠の樹形が違うのは、関東大震災で焼かれたりしたものの、根元からひこばえが生えてきて、それがまた大きく育って現在に至っているからだそうです。
 わが家のタマグスも、切ったところからまた枝を伸ばして、大きく育ってくれることでしょう。また伸びすぎると、ちょっと困りますが。

 玉楠という言葉からは、博物学者にして天下の奇人、南方熊楠(みなかた・くまぐす)も連想されます。ちょっとインターネットを調べてみたら、「紀州『くまぐすの森』大植樹祭」というイベントが行われていました。
http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=123188

 毎日新聞が創刊135周年を記念して、各地で常緑広葉樹を植えるイベントのひとつで、熊楠の出身地、和歌山県田辺市目良海岸で2007年4月15日、タブノキやシイノキなどを植えたとのことです。

 熊楠もタブノキでつながっていいたんだと、ちょっとうれしくなりました。ひょっとすると著作の中でタブノキについてなにか書いているかもしれませんが、そこまでは調べられませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タブノキを切る 第二日

 三月二十六日、残っていた右半分もなくなってしまいました。
 枝を上から順に切って、滑車のついている幹から吊しておろす。昨日と同じ手順です。

P3260323

 だんだん数が少なくなって、

P3260338

 とうとう幹だけ。

P3260340

 そして幹も、短く切られて、終わりました。

 戦い済んで日が暮れて…

P3260347

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

タブノキを切る 第一日

 3月25日、いよいよタブノキ切りが始まりました。前日、明日からやりますと連絡があったので、朝、横浜を早めに出てきたのですが、南無谷についたのは九時過ぎ。タブノキのてっぺんは、もうなくなっていました。

P3250282 

 大きなトラックとユンボが入って、次々と枝を切っていきます。
 てっぺん近くにしかけた滑車を通して目当ての枝にワイヤーをかけ、トラックでひっぱって切っても落ちない状態にして、大きなチェーンソーで切り込みを入れる。それからまたトラックで引っ張って、枝を切り込みから折りとる。枝の位置によってはユンボで枝を叩いたり持ち上げたりして、まわりの木をいためたり傷つけたりしないようにおろす。
 見ていると壮観であきませんが、やっている方は大変です。切るまで一連の動作のように書きましたが、ひとつずつ、高いところに梯子をかけて登って、枝にワイヤーかけて、梯子を降りて、梯子を邪魔にならないところに片づけて、ワイヤーをトラックにつないでと、順番に、確実に、安全にやっていかなければなりません。
 切った枝も、一枝ごとにチェーンソーで切って片づけていかなければ次の作業ができません。一日目の作業が終わったところで、葉っぱのついた小枝は除いて、太めの幹だけでこんなにありました。

P3250304

 みるみる景観が変わって、どんどん空が広くなり、明るくなっていきます。まだまだ作業は終わっていませんが、第一日目が終わったところでこんな様子になりました。

P3260311_2

 左に残っているのは隣家のタブノキ。これと同じくらいだったわが家のタブノキは、左半分がなくなって、右半分も上を切ったうえにスケスケになりました。

 惜しいような、残念な気もしますが、やむをえません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

本のジョーク 10

 前に世界で一番薄い本は、
 イギリスの料理の本、
 イタリアの戦勝記、
 スイスのジョーク集、
 アメリカの美術史

というジョークを紹介しました。

 落合信彦の『ジョークでさらば20世紀』(青春出版社)ではこうなっています。

Q:世界で一番薄い本は何か?
A:戦争で英雄になったイタリア人についての本。(イタリアが2度の世界大戦で最初に降参し、敵方についてしまったことは周知の事実である)

 そう言えば昔読んだ旅行記などには、ドイツで、日本人だわかると
「今度やるときはイタリアぬきでやろう」
と言われる、という話もありました。あくまでジョークですよね。

 落合信彦のこの本には、ブッシュ大統領について、といっても今の大統領ではなくパパ・ブッシュの方ですが、こんなジョークもありました。

ブッシュが大統領になったとき、彼には人間的な深みが必要と考えたバーバラ夫人が、
「ジョージ、あなたは大統領になったのだから少しは勉強したほうがいいと思うわ」
「勉強は大学でしてきたさ」
「あれは単なる教育でしょう。私が言っているのは教養。人間的に大きくなるための努力よ」
「どんなことをすればいいんだい?」
「たとえばニーチェを読むとか……」
「ニーチェ? そりゃいったい誰が書いたんだい?」

バーバラが本を読んでいた。
「何を読んでいるんだいバーバラ」
「メルヴィルの『モビィ・ディック(白鯨)』よ」
「なんだ。いい歳してセックス小説か。それにしてもタイトルがあからさますぎるな」
("ディック"はスラングで男のイチモツを意味する)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

タブノキの高さ

 切る予定のタブノキの高さを測ってみました。もちろん測量機器などはありませんし、精度が必要なわけでもありませんが、十メートル以上あると書いたものの、実際にどれくらいあるのか、おおよそでいいから知りたくなりました。
 子どもの頃の科学読み物に、地面に立てた短い棒の影の長さと、ピラミッドの影の長さを比較して高さを推定する話がありました。しかしこの方法は、地面に段差があったり、どこがタブノキのてっぺんの影やらわからなかったりするので採用できません。

 ネットで調べて、島根県の森林体験サポートセンターのHPに紹介されていた、次の方法で測ってみました。
------------------------------ 
1.大型の二等辺直角三角定規に重りをつけた糸をつける    
2.木から徐々に離れながら、定規の長辺の延長線上に木のてっぺんが見通せる場所をさがす(このとき定規の水平、垂直を保っていることが必要)
3.木のてっぺんを見通せた場所と木との距離を測る
4.測定者の目の高さを測る
5.木の高さを計算する
http://www.pref.shimane.jp/section/yama/hureai/jireisyu/pro-jirei1-3.html
------------------------------

 段ボールを大きめの二等辺直角三角形に切って下げ振りをつけました。これを目に当て、木のテッペンを見通すというのが、やってみるとけっこうむつかしい。まず定規の垂直を維持しながら覗くというのが一人ではなかなかできない。「長辺の延長線上に木のてっぺんに見通す」というのも、どういう状態なのか、最初はよくわからない。45度の角度で覗くというのは、けっこう思い切って見上げている感じになりました。
 その結果の測定値は、高さ14.3メートルというもの。
 おおこんなにあるのか。長さ3メートルの物干し竿を根元に立てて、遠くから眺めてみると竿の4倍は十分ありそうですから、まあ少なくとも十三メートルくらいはあると言ってよさそうです。
 ちなみに、二本ある幹の周りは、向かって右が1.65メートル、左が1.75メートル、この二本がくっついたところのまわりが3メートルでした。
 写真の真ん中下に見える青い棒が三メートルの物干し竿です。

P3160235

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

タブノキを切る

 庭の西側(=海側)の垣根に、大きなタブノキがはえていて、冬の冷たい北西風を防いでくれています。タブノキというのは常緑広葉樹、葉が厚くてテカテカ光る、いわゆる「照葉樹」のひとつです。若い頃「照葉樹林文化論」というのが注目されて、わたしも中公新書の『照葉樹林文化』などを読みました。古代には、雲南のあたりから日本まで照葉樹林帯が広がっていて、そこには共通の文化があるというような話でした。(こんなふうにまとめてしまっていいいのか責任はもてません)
 その照葉樹林帯がわが家にまでつながっていると考えると、時間的にも空間的にも規模の大きな話でちょっと気分も広がりますが、このタブノキというのは、勝手にどこでもはえてきて、どんどん大きくなる木のようです。『ウィキペディア(Wikipedia)』には「各地の神社の「鎮守の森」によく大木として育っている。」と書いてあります。

 わが家のタブノキもすくすく育って、正確にはわかりませんが、高さ10メートル以上はありそうです。(一度測ってみたいと思っています。)根元で幹が二本に分かれ、それぞれ大きく枝を伸ばしています。一本の木なのに、遠くからみるとそれだけで森のようにも見えます。わが家の入口は東側にあるので、門を入ると一番奥に濃い緑が茂っているのが見え、なかなかいいものです。
 下の写真は、二階のベランダから見たタブノキです。右奥のちょっと赤がかって見えるのがわが家のタブノキ、その左は隣家のタブノキです。(一年以上前の写真で、その後台風で枝が折れたりしていて、現状とはちょっと違いますが)

Photo

 ところがこのタブノキが大きく枝を伸ばしているのは、なんと半分以上、西側のよその畑の上空です。境界は石積みの崖で、2メートルくらい下がっているのですが、その崖のちょうど角からはえてきています。石がその幹をよけるように積んであるので、この石積みをつくったときにはもうそれなりに大きくなっていたものと思われます。そして南側には、南隣の家の同じくらいの大きさのタブノキが茂っているため、これと競合しない西側の上空にどんどん枝を広げていったようです。

 この家を買ったときは、もう何年も手入れされていなかったため、このタブノキのあたりは草木が伸び放題で境界の際まで歩いて行けないような状態でした。案内の不動産屋に、あの木はどっちの木か聞いたら、すかして見て「隣の木です」と言いました。ところが買ってから草を刈り、木を切り、枝を払って境界まで行ってみると、前に書いたような状態で、根はこちら側にあるのでした。

 こんな感じで枝が伸びています。下に畑の温室用フレームが見えます。

P3050200

 最近、下の畑の持ち主の方が、上空に伸びている枝を切って欲しいとおっしゃっているという話を聞きました。うーん、そうか。そうでしょうね。垣根の他のところで、素人でも切れそうなところは、遊びに来た友人たちに頼んだり、自分で切ったりしていたのですが、これはとても素人の手におえる代物ではありません。
 金もかかることですが、いつまでも隣に迷惑をかけているわけにもいきません。近所の方々に相談したうえで、プロに依頼して切ってもらうことにしました。切ってもらうなら、向こうの上空にはみ出している分だけでなく、将来も見越して、幹本体も、垣根の他の部分と会わせて低いところで切ってもらいます。

 うちの奥さんが、「ビフォー・アフター」を写真でシミュレーションしてみました。

 これがビフォー、現状です。

2

 そしてこれがアフターの予想写真。

2_2

 ずいぶんさびしくなりそうです。惜しいような気もしますが、まあしょうがないですね。敷地内の、隣近所に迷惑にならないところで樹を育てることにしましょう。

 実際に切るのはこの3月の20日過ぎの予定。足場もよくないし、五日間くらいかかるそうです。作業の状況など、また書いてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

スティーヴン・ハンターとジョージ・オーウェル

 なむや文庫の二月の本棚には、アメリカの冒険・推理小説作家スティーヴン・ハンターを取り上げました。http://homepage2.nifty.com/namuyabunko/monthlypage.html

 ベトナム戦争における超人的狙撃兵ボブ・リー・スワガー、その父で太平洋戦争・硫黄島の英雄アール・スワガーをそれぞれ主人公とする小説シリーズは、日本では「スワガー・サーガ・シリーズ」と呼ばれ、大きな評価を得ています。 
 わたしは、このタフでストイックな親子二代の主人公の風貌として、映画俳優チャック・コナーズを思い浮かべながら、十分楽しませてもらいました。
 チャック・コナーズは子どもの頃大好きだったテレビ映画「ライフルマン」の主役です。ライフルマンはその名のとおり射撃の名手。長身でライフルをピストルのように指に引っかけて回してみせました。小坂一也が歌っていた主題歌では「いかつい顔にやさしい目」と歌われていた容貌で、後に西部劇映画の悪役として活躍しました。
 本の帯のうたい文句に「男たちの死闘を描いて天下無双!」とあるように、アクションが中心の小説ですが、『狩りのとき』は、ベトナム戦争の時代のアメリカの気分というものを少しわかるような気にさせてくれた作品でもありました。高く評価しています。

 スワガー・シリーズとは別の作品のひとつに『さらば、カタロニア戦線』があります。イギリスのそれほど豊かとは言えない階層から成績優秀の故に伝統パブリックスクール「イートン校」に学び、しかし大学には進まず植民地インドの警察官となり、ビルマに勤務、その後スペインの共和国軍に義勇兵として参加という、主人公ロバート・フローリーの経歴は、あきらかにイギリスの作家ジョージ・オーウェルの経歴そのものです。邦題の『さらば、カタロニア戦線』も、原題は"Tapestry of Spies"だから、オーウェルの『カタロニア讃歌』を意識したものでしょう。

 しかし、この本の北上次郎の解説にはオーウェルのことは触れられていませんでした。むろんこの小説はスパイ活劇で、内容とオーウェルとはまったく関係ありませんから無視したからどうだということではありませんが、オーウェルのファンとしては、ひとこと触れてほしかったところです。
 第一部の船が沈没するシーンで、主人公が突然銃に撃たれた象の姿を回想するところは、著者自身があきらかにオーウェルの「象を射つ」を意識して書いていると思われます。プロローグにはビルマでの絞首刑のシーンが出てきますが、オーウェルには「絞首刑」という作品もあります。(注1)
 わたしくらいの歳だと、カタロニアというだけでオーウェルを思い起こす人間がかなりいると思います。学生の頃、『カタロニア讃歌』をスターリン主義批判の資料として読んでいる友人もいました。
 こんな話は、若いミステリファンには何のことだかわからないでしょうし、『動物農場』も『一九八四年』も、もうあまり読まれてはいないのでしょうけれど。

(注1)角川文庫の『動物農場』に「象を射つ」も「絞首刑」も収録されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

カモメのみなさん

 3月3日(月)から昨日5日(水)まで、南無谷に行って、種ジャガイモの植え付けなどをしてきました。
 わが家は横浜でも南の方なので、いつも横須賀の久里浜から千葉県富津市の金谷まで、「東京湾フェリー」を利用しています。
 帰りのフェリーに乗り込んだら、船室の外の手すりはカモメでいっぱい。

Sp3050220

 外へ出てみると、こんな感じ。

02p3050221

 三十数年前、リチャード・バックの『かもめのジョナサン』という小説がベストセラーになり、どういうわけが、このジョナサンにちなんだなぞなぞが大流行したのを思い出しました。

Q:カモメの群が飛んできた。先頭にいるのはカモメのジョナサン。ではその他のカモメはなんというか?
A:カモメのみなさん

Q:その中で敬礼しているカモメは?
A:カモメの水兵さん

Q:頬に傷のあるカモメは?
A:カモメのヤーサン

 こんなのが大量に出回りました。中にはこんなのも

Q:カモメのジョナサンは三人兄弟の末っ子である。お兄さん二人の名前は?
A:ジョナイチとジョナニ

 他には「ど根性スズメ」のシリーズもあって、一世を風靡しました。

 まあともかく、ヒヨドリのみなさんだけは余りのさばらないでほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »