« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月15日 (火)

本のジョーク 11

見られぬ話

 作家志望のデニスは、才能よりも野心のほうが大きな学生だった。彼は、創作の教師を訪ねた。
「先生、ぼくは大傑作を書きました」とデニスは言った。「『モーゼの手』っていう題です。忌憚のない批評をひとつお願いします」
 教師は草稿をパラパラッとめくった。それで十分だった。下手な文章、決り文句と使い古された表現が蜿蜒(えんえん)と書き連ねてあるのがすぐにわかった。
「デニス君」と教師は言った。「題を変えたほうがいいと思うな」
「どう変えたらいいでしょう?」
「『神の顔』としたらいいと思う」
「でも、どうしてです?」
「神の顔は誰も見ることができないものだからだよ」
(植松黎編・訳『ポケット・ジョーク 神さま、仏さま』P131)

善は急げ

 神学者のフロマトカ博士は、講演やテーブルスピーチの名手として有名だった。ご本人もそのことを承知していて、ひそかに自負するところもあった。
 ある夕食会で博士は、殿りをつとめ、聴衆の盛大な拍手を浴びた。博士が帰り支度をしていると若い女性が近づいてきた。
「フロマトカ先生」と女はすっかり感心したという口調で言った。「素晴らしいスピーチでしたわ」
「どうもありがとう」と博士は礼儀正しく礼を言った。
「先生のスピーチは出版されるべきですわ」と女は言った。
 できるかぎりの謙遜をこめて博士は答えた。
「まあ、遺稿集なら出るかも知れませんな」
「お願いします。ぜひ」と彼女はにこやかに言った。「早ければ早いほどよろしゅうございますわ、先生」
(植松黎編・訳『ポケット・ジョーク 神さま、仏さま』P30)

祈り

「それから、もひとつお願いいたします」キティは、就寝前のお祈りをしめくくった。「明日、わたしが目がさめたときには、『二都物語』の作者はウィリアム・シェイクスピアになっておりますように」
 それを聞いていた母親がたずねた。
「キティ、『二都物語』の作者は別の人でしょ?」
「だって」キティが答えた。「試験で、そう書いてしまったんだもの」
(植松黎編・訳『ポケット・ジョーク 神さま、仏さま』P121)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

館山で春を楽しむ

 もうすっかり春です。幸いにわが家の桜もちゃんと咲いたし、天気はいいし、この日曜日(4月6日)は、また館山へ出かけました。

 まずは南房パラダイス。温室の熱帯植物園+小動物園の観光スポット。http://www.awa.or.jp/home/fphs/nanpara/index.html

 外に広がるのは太平洋です。

P4060064

 南パラと太平洋の間が平砂浦(へいさうら)。広く、長い砂浜です。ここは砂の保護のためか、海岸脇に駐車場がなく、砂浜にたどりつくまでちょっと歩きました。
 ここは、十年ほど前、テレビドラマ「ビーチボーイズ」の舞台になったところだそうですが、そんなこととは関係なく、とてもいいところです。天気もよく、暑いくらいでした。

P4060066

 さて次は安房一宮、安房神社です。桜満開、風に舞う花吹雪、池の水面には花びらがいっぱい。春爛漫でした。

P4060074

 この近くで、知り合の方が経営しているカーネーションの温室を見せてもらいました。

P4060075

 この奥行きはなんと42メートル。全部で20棟の温室があり、最盛期には一日二万本のカーネーションを出荷されているそうです。ふだんは一日一万本くらい。五人のパートさんが主に切っているそうですが、一人二千本も切らなくてはなりません。そのための特注のハサミも見せてもらいました。最近あつらえたものは、柄にあたる部分の内側を削るなどして前のものより15グラム軽くしてもらったそうです。
 行く前には、なんとなくカーネーションが温室いっぱいに咲いた光景を思い浮かべていましたが、花が開く前、先端のつぼみが赤く色づいたくらいで切り取って出荷するとのことで、なるほど温室内はほとんど緑一色。プロの現場は素人の想像とはちがいます。

 近くには、このお宅のものではありませんが、いちめんポピー畑。もう出荷が終わって、ビニールが剥がされたところだそうです。

P4060079

 春を楽しんできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

サクラサク

 心配だったわが家の桜は、昨日(4月5日)来てみたら満開でした。いつもこんなに遅くないのにという疑問は残りますが、まずはよかった。

P4050056

 すっかり春になりました。ウグイスが鳴いて、庭にはいろんな花が咲いています。

P4050007

P4050013

 中にはこんな花も。

P4050008

 前に書いた、ヒヨドリに食われた白菜の菜の花です。ひとつだけ、そのままにしておいたら、こんな花が咲きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »