« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月27日 (金)

殺人詩篇(ウィル・ハリス、ハヤカワ・ミステリ文庫、1985)

 なむや文庫の「2007年12月の本棚」では「古本の出てくる推理小説」を取り上げましたが、その場の思いつきでやったため貧弱なものでした。このカテゴリーには店主としてけっこうひかれるものがありますので、あらためて少しずつ紹介してみることにしました。

殺人詩篇(ウィル・ハリス、ハヤカワ・ミステリ文庫、1985)

S

<あらすじ>
 カリフォルニア州知事候補者から寄贈された時価30万ドルの稀覯本『ベイ版詩篇』を手に持ったままロサンゼルス大学図書館の主任が殺された。親友だった英文科教授クリフ・ダンバーは、被害者の娘の依頼で調査に乗り出す。図書館職員のアキラ・ヨネナカやすぐれた校正技術をもつ女子学生モナ・ムーアらの協力をえて『ベイ版詩編』の真贋を調べはじめると、暴漢に襲われる。
 ここまで書くともうあらかたの筋はわかってしまう。州知事候補者周辺が怪しい。ラスベガスを根城とするマフィアもからんで、ベトナム帰りの英文科教授の大活躍、ということになる。

 『ベイ版詩篇』(注1)というのは、聖書の「詩篇」の英訳書で、イギリス植民地時代の1640年に刊行されたアメリカ最古の印刷物。歴史的価値が高いうえに現存するのは11部のみとあって、貴重な書物であることは間違いないが、誤訳、誤植が多くて内容的にはたいしたことはないものらしい。誤植はこの小説の中でも真贋の鑑定に重要な役割を果たす。

 本文はきれいなのに装丁がやり直されているのはなぜか、用紙は?など、古本好きにはけっこう楽しめる。少なくともわたしは十分楽しんだ。

<以下ネタバレ注意>

 そのうえで、気になったことを言うと、マフィアの手先がやってきて玄関に自動ライフルとピストルを連射するという事態に遭遇しても、なお警察には届けず、単独でマフィアのボスのところへ乗り込んでいくというのは、いくらなんでもこの教授、スーパーマンすぎる。
 真贋の決め手になった誤植についても、寄贈を受けたとき鑑定した学者たちが、全文を真物と比較しないまま本物と鑑定していたというのは、少し無理じゃないだろうか。アメリカの書誌学者はこんなものでつとまるのか。
 結局事件は解決するのだが、逮捕されるのは下っ端ばかりで終わってしまう。取引に応じたマフィアのボスは多少の損はしたものの無傷で、州知事候補者は立候補を取りやめはするものの捲土重来を期す、というところで終わる。
 黒幕の親分まで捕まって万事めでたしめでたしというより、これがアメリカの現実感覚で、このほうがリアリティがあるということなのだろうか。
 
 外国の小説を読むときには、いつも、その「リアル度」というか「荒唐無稽度」はどのくらいなのか、気になる。
 日本の推理小説や時代小説であれば、なんとなくここからから先は荒唐無稽、ということがわかる、あるいはわかるような気がするのだが、外国のものはよくわからない。荒唐無稽を楽しむべきところを、「へえ、アメリカではこんなことがあるんだ!」と感心していることが、けっこうあるのではないか。

(注1)『ベイ版詩篇』(「ウィキペディア」より)

Bay Psalm Book
From Wikipedia, the free encyclopedia

The Bay Psalm Book was the first book printed in British North America.

The book is a Psalter, first printed in 1640 in Cambridge, Massachusetts. The Psalms in it are metrical translations into English. The translations are not particularly polished or poetic, and none have remained in use, although some of the tunes to which they were sung have survived (for instance, "Old 100th.") However its production, a mere 20 years after the Pilgrim Fathers arrived at Plymouth, Massachusetts, represents a considerable achievement. It went through several editions and remained in use for well over a century.
Http://en.wikipedia.org/wiki/Bay_Psalm_Book 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

アジサイいろいろ

 梅雨です。庭に咲いているアジサイを撮ってみました。

P6150227

P6140209

P6150226

P6140208

P6150236

P6150235

P6150228

P6140210

P6150232

P6150234 

 ただ写真を並べるだけでは能がない、と歳時記(『吟行版季寄せ-草木花 夏(上)』朝日文庫)を見たら、

あぢさゐや箱根の山のざんざ降り    田中幸兵衛

 という句が目に留まりました。
 はてこれは、登山鉄道のあじさいが有名になってからの句だろうか。雰囲気としてはもっと昔の、旅の途中、雨に降られた時の光景のような気がする。

 作者の田中幸兵衛というのは聞いたことがない。いつ頃のどんな人なのか。「田中幸兵衛」をインターネットで検索してみました。
 すると出てきたのは、落語の話ばかり。
「麻布古川町の家主、田中幸兵衛は、小言を言いながら長屋を一回りするのが朝の日課…」
という、落語「小言幸兵衛」の本名が田中幸兵衛でした。

 「田中幸兵衛 俳句」で検索してみると、一件出てきました。
 「リハビリスト波平」というブログです。江國滋の『微苦笑俳句コレクション』(実業之日本社)という本に、こんな句が載っているとのこと。http://blogs.yahoo.co.jp/rehabilist/38524911.html

おいと呼べばはいとどこかで春隣   田中幸兵衛

 そんなに昔の人ではなさそうです。
 小言幸兵衛を自認してつけた、芸人の俳号でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

枇杷の実は熟した

 6月16日はビワの収穫。

 かけてある袋がはちきれそうにふくらんでいるビワ。開けるのが楽しみ。

P6150222

 これは、本当に袋がはちきれてしまったビワ。おかげで黒い傷がついてしまいましたが、このくらいなら十分食べられます。

P6150221

 これは枝が高すぎて手が届かないため、摘花も摘果も袋掛けもできなかったビワ。鈴なりで数は多いが、粒が小さく、まだ十分熟していません。落として食べてみたら酸っぱかった。やはり手入れをしないとおいしいビワはできません。

P6150224

 今年は、冬の寒さのせいで収獲量が少ないうえに、糖分が今ひとつでした。例年、時期になると街道にあらわれるビワの売店にも負けない味と自負し、「枇食倶楽部」を名乗っていますが、今年はちょっと負けています。
 しかしもう熟しきっているようで、風が吹くとどんどん落ちてきます。吹かなくても少しずつ落ちています。これ以上待っても甘さが増すことはなさそうだし、また一週間来ないでいるとほとんど落ちてしまうでしょう。一気に全量収穫することにしました。

P6160255

 上は、選果中のビワ。なんとかそこそこの数はとれました。

 「枇食倶楽部」の名にかけて、来年またがんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タブノキは残った

 タブノキは強い。
 6月14日(土)、3週間ぶりに行ってみたら、きったタブノキのあちこちから、ひこばえが出てきていました。

P6160247

P6160250

 根元からも

P6160246

 きってから二カ月と二十日くらいです。生命力に感心するとともに、これからの手入れなど、ちょっと考えてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

15  『ブラック・ジョーク大全』

 今回は阿刀田高の『ブラック・ジョーク大全』(講談社文庫)から。

出版社で

読者「おたくで出版している本は広告がおもしろいわりには中身がおもしろくないね」
販売員「そうですか?じゃあ名誉挽回、来月出版の本をぜひともお買い求めください」
読者「ダメだね。もう二度とだまされないよ」
販売員「いえ、いえ、今度こそご満足いただけますよ。なにしろ今まで広告を書いていた男が書いた本なんですから」
(阿刀田高『ブラック・ジョーク大全』講談社文庫、P50)

社長室で

副社長「社長、素晴らしい回想録をご執筆中だとか。早く読みたいですな」
社長「いや、これは死後にしか発表しないつもりなんじゃ」
副社長「だから早く読みたいんです」
(阿刀田高『ブラック・ジョーク大全』講談社文庫、P83)

 これは前に紹介した「善は急げ」(『ポケット・ジョーク 神さま、仏さま』P30)と同一のネタですね。

出版社で 2

編集長「新刊書の広告を出したんだが反響はどうかね?」
編集員「抗議の電話がさっきから鳴りっぱなしです」
編集長「どうして?”新妻が夫と食べる料理百種”……抗議を受けるようなほんじゃないんだが……」
編集員「ええ。ただ書名に誤植があったんです。”夫と”が”夫を”になっているんです」
(阿刀田高『ブラック・ジョーク大全』講談社文庫、P127)

研究室で

学生「先生、また本を貸してください」
先生「ああ、いいよ。どの本?」
学生「この前お借りしたのと同じような本を……」
先生「同じ著者の本かね?それとも同じようなテーマの本かね?」
学生「いえ。著者やテーマはどうでもいいんです」
先生「ほう……?」
学生「この前の本には一万円札が挟んでありました」
(阿刀田高『ブラック・ジョーク大全』講談社文庫、P225)

酒場で

詩人「ボクの詩集を出版してくれないかな」
編集者「ウーン。詩集は読者が少ないからなあ」
詩人「でも、最近ボクの詩の読者は、確実に二倍は増えたぜ」
編集者「あ、知らなかった。いつ結婚したの?」
(阿刀田高『ブラック・ジョーク大全』講談社文庫、P230)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »