« 週刊文春の創刊号 | トップページ | 映画『容疑者Xの献身』 »

2008年11月20日 (木)

週刊文春の創刊号2

 週刊文春創刊号の表紙の裏、裏表紙の裏の広告はこうです。

Photo

 住友銀行、東海銀行、東邦レーヨンは、合併やらなんやらで、現在はもうありません。
 左下のセントラルアパートというのは、原宿の表参道にあった、ちょっと名の知られた建物で、写真家の浅井慎平に『原宿セントラルアパート物語』という本があります。この建物ももうありません。

 裏表紙がこれ。

Photo_2

 この会社は最近「パナソニック」になりました。一般的には「ナショナル」と呼ばれていて、正式名称を松下電器産業というのだとわたしが知ったのは学生になった頃でした。

 広告が、全体にすごく控えめです。やはり時代があらわれているのだと思います。

 もうひとつ、これはグラビアにあった紳士服の広告からです。

Photo_3

 五十年前の津川雅彦です。先日、テレビの「相棒」で代議士の瀬戸内先生をやっていました。

|

« 週刊文春の創刊号 | トップページ | 映画『容疑者Xの献身』 »

雑誌の創刊号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週刊文春の創刊号2:

« 週刊文春の創刊号 | トップページ | 映画『容疑者Xの献身』 »