« ビワの花もぎ | トップページ | 肖像紙幣いくつか »

2008年11月30日 (日)

チェ・ゲバラのタバコ

 昨日(11/29)は学生時代の友人たちとの忘年会でした。もう十年以上、毎年銀座でやっています。

 その席上、友人のひとりがこんなものをくれました。友人の友人がくれたものだそうですが、わたしならおもしろがるだろうと持ってきてくれました。

Photo

 「el CHE」という名前のタバコ、メイドイン・パラグァイです。その名のとおりチェ・ゲバラの肖像が入っています。写真では逆さになっていますが、中のタバコの一本一本にも顔が入っています。
 タバコの上部がよれているのは、タバコの葉の詰めがスカスカなので、テーブルにトントン叩いていたら落ち込んでしまったものです。葉巻を好んだというチェが見たら怒ったんじゃないかと心配になります。

 チェ・ゲバラというのは、わたしたちの若い頃のアイドルのようなものでした。
 革命家であるというだけでちょっとカッコいいのに、そのうえ成功した革命家です。カストロと一緒にキューバをひっくり返してしまいました。革命家は数あれど成功した革命家というのはそうそういません。それに成功すると権力にとりつかれて粛清をはじめたりする例が多いのに、その後、キューバ工業相の地位を捨て、ボリビアに潜入してゲリラ活動を続け、最後に政府軍に射殺されるという生涯は、まさに劇的、革命を起こされる側の迷惑を考えなければ、左翼思想のあるなしにかかわらず、まったくカッコいいものでした。

 今では思想的なものはぬきに、肖像画がTシャツやポスターなどのポップアイコンとして使用されて、日本にもゲバラ・グッズの愛好家がいるようです。そういえばうちの息子もTシャツを持っていました。
 わたしは別にゲバラ・コレクターではありませんが、こんなものを持っています。キューバの紙幣、3ペソです。

Photo_4

 なむや文庫http://homepage2.nifty.com/namuyabunko/の在庫には、『チェ・ゲバラ フォト・バイオグラフィ(原題"THE CHE HANDBOOK" 2003、 原書房)』という写真集もありますので、よろしかったらどうぞお求めください。

Photo_3
 

|

« ビワの花もぎ | トップページ | 肖像紙幣いくつか »

なむや文庫雑録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チェ・ゲバラのタバコ:

« ビワの花もぎ | トップページ | 肖像紙幣いくつか »