« 沖縄旅行2 アパホテル那覇 | トップページ | 沖縄旅行4 ひめゆりの塔で »

2008年12月13日 (土)

沖縄旅行3 歴代総理の色紙

 二日目は、午前中はオプショナルツアーに参加。まず南部の新原(みいばる)ビーチへ。昨日は遠くから見ただけだった沖縄の海を、三十有余年ぶりに直接見る。あいにく小雨がぱらついたりの天気だが、やっぱりきれいだ。すきとおった緑色の水の色と砂の色がちがう。ふだん神奈川・東京の人たちに南房総の海を自慢しているけれど、これを見ると当分自慢できそうにない。
 グラスボートに乗って海中を見る。珊瑚礁の近くで船頭さんが餌を投げると、魚が集まってくる。いわく「うちの従業員です」とのこと。

Pc050321

 その後おきなわワールドへ。玉泉洞鍾乳洞を中心にした観光施設で、鍾乳洞を出ると沖縄の民家やステージなどがあり、伝統芸能のエイサーを見た。これがなかなか楽しくおもしろかった。

Pc050332

 午後からは通常のツアーに戻って(といっても、このツアーの参加者三十数名のうち、三十人以上がオプショナルツアーに参加している)、南部観光=泡盛ギャラリー、琉球ガラス村、ひめゆりの塔。
 それから高速道路にのって、一気に北部の名護まで行き、パイナップルパークを見て、本部(もとぶ)のホテルへ、というコース。

 泡盛ギャラリーにはこんなものも飾ってありました。横に一列に並んでいたものを4枚の写真にとって、無理やりくっつけました。大きさがふぞろいなうえ、蛍光灯が映りこんでいてちょっと見づらいですが、最近の総理大臣の色紙です。

1234

 左上から竹下登、中曽根康弘、海部俊樹、橋本龍太郎、小渕恵三、森喜朗、小泉純一郎、安倍晋三、福田康夫(敬称略)。こういうふうに並べて比較してみるとなかなかおもしろいものです。意外な人が、けっこううまいじゃないかと思ったり。戦前の総理大臣と比べてみたら、おそらくずいぶんちがうことでしょう。

 この酒造会社は総理大臣が替わるたびに、色紙を頼んで、もらっているのか。最近は忙しかっただろうな。でも、この「国酒」というのはなんだろう。泡盛は琉球の国の酒、という意味か、と思っていたら、違いました。

 インターネットで調べてみると、「麗人 蔵元だより」という造り酒屋さんのブログに、こうありました。

昔から歴代の総理大臣は「国酒」と揮毫した色紙を書いております。最近、福田首相の揮毫した「国酒の色紙」の希望者への配布の案内が日本酒造組合から参りました。最近の低い支持率の福田さんの色紙を店先に飾っても、日本酒の消費が上向くとは思いませんが、安部さん、細川さんや宇野さんなど短命内閣の首相以外、歴代首相は造り酒屋のために「国酒」と揮毫した色紙を書いております。
http://blog.reijin.biz/?month=200806

 日本中の造り酒屋さんに配られているのでした。
 だから北海道の千代鶴という酒造会社の酒ミュージアムにも、同じ色紙が飾ってあるそうです。
http://hiroba.gnavi.co.jp/usr/osaka/photo/detailPhoto/11853?seq=4&type=0

 これを見ると、沖縄の色紙と同一のようで、この配られている色紙は、どうも印刷のようです。なんだか損したような…

|

« 沖縄旅行2 アパホテル那覇 | トップページ | 沖縄旅行4 ひめゆりの塔で »

なむや文庫雑録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄旅行3 歴代総理の色紙:

» 猫も杓子も沖縄 [沖縄]
やっぱり奥が深いよな沖縄知りたいことが沢山ありますね。万座ビーチホテル&リゾー... [続きを読む]

受信: 2008年12月13日 (土) 08時23分

« 沖縄旅行2 アパホテル那覇 | トップページ | 沖縄旅行4 ひめゆりの塔で »