« ああ『大航海時代叢書』 | トップページ | 本の中の本『耶律楚材』 »

2009年1月 9日 (金)

ソーホース(ウマ)の作り方

 このブログの右下に、「検索フレーズランキング」という欄があります。どんな言葉でインターネット検索をかけたらこのブログがひっかかったかが、毎日出ています。ひっかかったからといって、必ずここを開いて読んでいるわけではないようですが。
 一番多いのは漢字の覚え方に関するフレーズで、ときどきDIY関係の「○○の作り方」というフレーズもあります。その中に「ソーホース(ウマ) 作り方」というのがありました。

 ソーホースとは英語で、”sawhorse”つまりノコギリ用の馬。日本語でも「ウマ」と言うのは偶然の一致か、それとも sawhorse が輸入されて、「ウマ」になったのでしょうか。

 何年か前ですが、ソーホース(ウマ)を作ったとき、エクセルで図面のようなものを作っていたので、それを少し修正して、ちょっと格好つけて、下図のような「作り方」を作ってみました。
 足を、角度をつけてさらに斜めに切るところがミソです。ただし、長さも角度も厳密には作図しておりません(実はできない)ので、そのつもりでごらんください。実際には、図面より成り行きに従って作っております。人に教えるような腕じゃありませんので、多少でも参考になればということでご了承を。

Sawhorse

 これは藤岡等の本を見て作ったと思うのですが、どの本だったか、確認できません。この人には「手作りマイホームマニュアル」というシリーズがあって、そのどれかだとは思うのですが。手元にある『2×4材で作るかんたん日曜大工(山海堂)』には、これとはちょっと違うソーホースの作り方が載っています。前に「バラのアーチ、支え枠、ウマ」で紹介した写真のウマは、こちらの方です)

|

« ああ『大航海時代叢書』 | トップページ | 本の中の本『耶律楚材』 »

日曜大工、DIY」カテゴリの記事

コメント

図面を見て、ウマを作りました。初めて、2×4のDIYでしたが、うまく作れました。どうもありがとうございました。

投稿: 風2号 | 2009年5月22日 (金) 12時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217746/43687458

この記事へのトラックバック一覧です: ソーホース(ウマ)の作り方:

« ああ『大航海時代叢書』 | トップページ | 本の中の本『耶律楚材』 »