« 水仙の季節 | トップページ | 雪の(少ない)白川郷 »

2009年1月31日 (土)

ビワには枇作(ビーサク)

 寒肥(かんごえ)の季節です。ビワに肥料をやらなければなりません。
 ビワ用特製の肥料があります。その名も「枇作(ビーサク)」
 富浦の農協で開発したという話で、ちょっと高いけど、農協で買いました。

Photo_2

 ビワは、少しずつ実がふくらんできました。

Photo_3

 ところが、そのまま枯れてしまったような実が、けっこうたくさんあります。これはもうだめです。

Photo_4

 去年、タブノキを切る 第一日タブノキを切る 第二日に書いたように西側の、海風を防いでいてくれたタブノキを大きく切りました。そのため、わが家のメインのビワの木二本は、日当たりはよくなりましたが、冬場の風当たりをまともにくらうようになりました。
 それが影響しているのではないかと思われます。去年が不作だったので、今年は豊作と期待していましたが、ちょっと割引しないといけないようです。

 留守が長く、雨も少なかったけれど、ダイコンもとれました。寸詰まりですが、畑の土が浅いので、そうそう長くはなりません。

Photo_5

 暮れにも少し抜いて、うちの奥さんがタクアンを漬けました。今回もまたタクアンです。洗濯用の物干しにダイコン干し。

6

 タブノキを切って広がった空間に夕日が落ちていきます。冬の冷たい風がここからやってきます。

Photo_6

|

« 水仙の季節 | トップページ | 雪の(少ない)白川郷 »

南無谷おりおり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビワには枇作(ビーサク):

« 水仙の季節 | トップページ | 雪の(少ない)白川郷 »