« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

『ゴッドウルフの行方』

 「古本の出てくる推理小説」のカテゴリーもご無沙汰しています。いろいろあると思ってカテゴリーを作ったはいいが、以前読んだ本について何か書こうとすると、内容をほとんど覚えていないことを思い知らされ、そうかといって読み返すのも大変だったりして、そのままになっています。これもぼちぼちやります。

 今回は、ロバート・B・パーカー『ゴッドウルフの行方』(ハヤカワ・ミステリ文庫、1986、菊池光訳)。人気の私立探偵スペンサー・シリーズのひとつです。

Photo

 カバーの裏表紙には、こうあります。

 大学の図書館で厳重に保管されていた中世の稀覯書<ゴッドウルフ彩飾写本>が盗まれた。総長の依頼を受けたスペンサーは、犯人と目される学内過激派組織の秘書をつとめる女子学生テリイと接触する。その深夜、彼女からの電話で駆けつけたスペンサーが見たものは、死体の傍らに立ちつくすテリイの姿だった!
 スペンサーは彼女を殺人容疑から救おうと奔走するが、事件の裏には意外な陰謀が……話題のヒーローのデビュー作

 盗んだ犯人からは十万ドルが要求され、なるほどこれは中世の稀覯書の争奪戦か、と興味をそそられます。ところがこの写本は途中であっさり犯人から大学へ返されて、それでご用済みになってしまいます。中世の彩飾写本に秘められた謎、みたいな話を期待していたのに残念。話の展開上、私立探偵スペンサーが大学に入っていくきっかけになっただけでした。

 このシリーズは他に一冊(『ペイパー・ドール』)読んだことがあるだけですが、この作品のスペンサーは、いかにも通俗ハードボイルドらしい探偵です。暴力に強く、女に強く、やたら気のきいたセリフを言いたがる。シリーズの第一作なので、とりあえずわかりやすいところで書いておこうということだったのでしょうか。

 筋立てにあっと驚くようなところはありませんが、おもしろかったのは、原作が1973年刊行なので、1960年代後半のアメリカの大学が背景になっているところでした。
 ボストンの、一流ではない大学という設定です。

大通り沿いに、大きな大学のまわりに集まる風化作用の屑のような店が並んでいる──古本屋、今年流行の風変わりな衣料品安売り店、ポルノ・ショップ、店頭の占星術教室、学期末リポート請負屋、サブマリン・サンドウィッチ店が三軒、ハンバーガー、ピザ、フライド・チキン、ソフト・クリームの店など。ポルノ・ショップは古本屋よりも大きい。(P22)

 その町に、過激派の学生がいて、そのシンパの教授もいる。ヒッピーがいて、マリファナはあたりまえ、わけのわからない新興宗教かぶれまでいる。
 実際にアメリカへ行ったことはありませんが、若いころ、アメリカの大学はこうなっていると、「平凡パンチ」や「プレイボーイ」で読んでいた風俗がそのまま出てきます。なつかしく読みました。
 最近、日本では学生が大麻で捕まったというニュースをやたら聞きますが、あのころ、日本でもこれらの週刊誌などでは、タバコの方が身体に悪いという論調が優勢だったと思います。マリファナを解禁しろくらいの記事があったんじゃないかな。

 菊池光の訳は、ちょっとカタカナが多いように感じます。ファッションや食べ物関係のことばなど、日本でなじみがないと、どう訳したらいいのかという問題はありますが、面倒なところはみんなカタカナにするだけですませているような気もします。上に引用したサブマリン・サンドウィッチなんかは、それでもなんとなく潜水艦型のサンドイッチなんだろうなとわかりますが。
 一カ所、スペンサーが家捜しをしているところに、こんなのがありました。

便器の上に立ってジャックナイフの刃で天井の照明器具のスクリューを外した──市の電気器具基準に合格しそうもないようなほこりだらけの電源しかない、スクリューで器具を元通りに取り付けた。(P176)

 照明器具のスクリューはないでしょう。これはやっぱりネジと訳してもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

17 マーク・トウェイン

 このカテゴリーはずいぶんご無沙汰してしまいました。ストックが涸れてきたので、鋭意準備中です。
 今回はマーク・トウェインの『ちょっと面白い話』(大久保博 編訳、旺文社文庫、1988)から。わたしの好きな作家です。
 この本はマーク・トウェインの書いたものや逸話から、面白い話を拾い集めたものですが。さらにそこから本が出てくる話を拾いました。
 文中でクレメンズとあるのは、マーク・トウェインの本名(サミュエル・ラングホーン・クレメンズ)です。

Photo

 批評とは奇妙なものだ。もしわたしが、「彼女は素っ裸だった」と書き、それから彼女の肉体をことこまかに描いていったら、批評家たちはみな大声で非難するだろう。そんな本を茶の間のテーブルの上に置いておこうなどと言い出す者ももいないだろう。ところが、画家はこれをやるのだ。そして人々は老いも若きも集まってきて、それを観察し、語り、そして、ほめるのだ。(P130)

 マーク・トウェインはロンドンに滞在していたころ、イギリスの学者たちが集まるある宴会に招待された。話がはずんで、いつのまにか、「ベイコン・シェイクスピア同一人物説」についての討論になった。意見は二手にわかれた。やがて、興奮した一人が、さいぜんから黙ってみんなの話を聞いていたトウェインに向かって、彼の意見を求めた。トウェインは答えた。
「わたしは今のところどちらとも言えませんな。そのうち天国へ行ってシェイクスピアに、いったい誰が彼の戯曲を書いたのかきいてみるつもりです」
「いやあ、クレメンズさん、シェイクスピアは天国になんかいませんよ」と、そのベイコン説狂信論者は言った。
 するとトウェインは、
「それなら、あなたがきいてみるんですな」(P150)

 マーク・トウェインが特に好んでいた習慣は、ベッドの中で読書や執筆をすることだった。
 ある日、約束の記者がインタビューをしにやってきたが、そのときも、トウェインはまだベッドの中で本を読んでいた。記者は戸口のところでためらった。そこでクレメンズ夫人は、半分あいている戸のすき間から夫に尋ねた。
「ね、あなた、記者の方にご迷惑だと思いません──そんなふうに、ベッドの中にいらしたりして?」
 トウェインは屈託のない落ち着きはらった声で言った。
「いやあ、もしそう思うんならね、もう一つベッドを用意してもいいんだよ、その人のためにね」(P207)

 原稿を書いているとき、マーク・トウェインは特殊な辞書が必要になった。その辞書は隣の家にあることを知っていた。そこで使いの者をやって借りてこさせようとした。使いはから手でもどると、報告した。喜んでお貸ししたいが、先さまの書斎で使っていただきたいとのことでございます。
 ひと月ほどすると、今度はその隣人から使いがきて、自分のところのが壊れてしまったので、トウェインのところの芝刈り機を貸してほしいと言ってきた。トウェインは伝えさせた。喜んでお貸ししたいが、当方の芝生で使っていただきたい。(P208)

 ある人がマーク・トウェインの家を訪れ、そこにあるおびただしい数の本にびっくりした。しかし、その本の多くがしかるべき設備もなしに、ただ漫然とあちこちに積み重ねてあるのを見て、更にびっくりした。
「だってね」
とトウェインは説明した。
「とてもむつかしいことですからな、本棚まで借りてくるのは」(P258)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

『パルムの僧院』

 スタンダール『パルムの僧院』(大岡昇平訳、中央公論社「世界の文学9」、1965)を読みました。
 高校生のとき『赤と黒』を読んでおもしろくなかったので、スタンダールの他の作品は読んでいませんでした。それを突然読むことになったのは、同業の二十世紀文庫さんhttp://homepage2.nifty.com/20seiki/ が主催している読書会酣(たけなわ)の課題図書になったからです。
 この読書会には、声をかけてもらっても出席できないことが多いのですが、こういう会には、自分から読もうとは思わない本を読む機会が与えられるという利点があります。
 いつかは読もうと思いながら、そのままになっている本はたくさんあります。しかし古典と言われるような作品はとりつきにくく、なかなか手が出ません。せっかくのいい機会ですので、読んでみました。

Photo

<あらすじ>

 主人公、ミラノのデル・ドンゴ侯爵の次男、美少年ファブリスは、ナポレオンを崇拝するあまり、国を越えてワーテルローの戦いに参加するが、戦争に参加したかどうかもよくわからないまま怪我をして逃げ帰る。
 ところが反ナポレオン主義の兄アストニアがファブリスを密告、亡命を余儀なくされる。ファブリスを愛する叔母のピエトラネーラ伯爵夫人(のちサンセヴェリーナ侯爵夫人)は、愛人のパルム公国宰相モスカ伯爵のすすめで、ファブリスを宗門に入れ大司教への道を進ませる。
 五年後、僧としてパルムへやってきたファブリスは、旅回りの劇団の女優マリエッタをめぐり、その愛人ジレッチを殺害してしまう。
 この事件にモスカ伯爵の政争がからみ、サンセヴェリーナ侯爵夫人はパルム大公にファブリスを特赦させようと駆け引きをするが大公に裏をかかれ、結局ファブリスはファルネーゼの塔に幽閉される。そして捕らわれの身でありながらファブリスは、牢獄の司令官ファビオ・コンチ将軍の娘、清純で慎み深い乙女クレリア・コンチと恋に落ちる。
 牢内で毒殺される危険から、サンセヴェリーナ侯爵夫人の手引きとクレリアの助けでファブリスは脱獄に成功。しかしこのとき父を死の危険におちいらせた罪の意識から、クレリアは永遠にファブリスを見ないことを聖母に誓い、父のすすめる富豪クレセンチ侯爵との結婚を承諾する。
 サンセヴェリーナ侯爵夫人は、だました大公を急進的自由主義者をつかって毒殺し、後を継いだ新大公の気を引いて再審を約させ、そのためファブリスは再び入牢する。政敵により再度毒殺が企てられるが、侯爵夫人は新大公に身を任すことを約束してこれを阻止し、ファブリスは救われる。
 その後侯爵夫人はモスカ伯爵と結婚、一緒にパルム公国を去る。
 ファブリスは教会に戻ったが、クレセンチ侯爵夫人となったクレリアが忘れられず、説教で有名になることによって、クレリアと再会をはたし、ファブリスが忘れられなかったクレリアは、永遠にファブリスを見ない誓いを守るため、闇の中で密会するようになる。
 二人の間には子供ができ、表だって子供と会うことができないファブリスのために、子供を失踪させようとして、かえって子供を死なせてしまう。クレリアは罪の意識から数カ月後に死ぬ。
 ファブリスは金も地位も捨てて、パルムの僧院に引退した。

 読みはじめは、時代や背景になじみがないので、ちょっと苦労しました。
 ナポレオン軍に参加するところなど、当時(1815年)の軍隊はこんないい加減だったのか、ろくにフランス語もしゃべれない十七才の少年が、制服を都合してきたからといってこんな簡単に軍隊にまぎれこめるものなのか。当時の日本だったらどうだったろうか。従軍酒保の女がでてくるが、これは従軍慰安婦じゃないのかとか、いろいろ考えてしまいます。

 読み進んでいくとけっこうおもしろくなって、ファブリスが牢獄の窓から外の、清純で慎み深いクレリアと連絡をとるところなど、その昔の日活の吉永小百合の純愛青春映画を思い出しました。宮廷内での陰謀・駆引は、告げ口の手紙や、書類の日付をごまかしたり、色仕掛けだったり、潔くない話ばかりですが、それなりに話に浮き沈みがあって、先へ先へと読ませます。

 ところがいけません。最後、いよいよ大団円、というところで、決定的に引っかかってしまいました。
 あらすじの「クレリアは、永遠にファブリスを見ないという誓いを守るため、闇の中で密会するようになる」というところです。
 誓いをたてたけれど会いたくてたまらない、焦がれて誓いを破ってしまう、というのはわかるけれど、顔さえ見なきゃ子供ができたってかまわない、というのは、いったいなんなんだ。それで誓いを守っていることになるのか。
 聖母様はそれでOKなのか。あんたたちの神は万能だというが、いったいどこを見てるんだ。口先だけ辻褄があえばいいのか。天網恢々疎にして漏らさずということを知らんのか。誓いは言葉だけのもので、誓いの内実というものはないのか。

 これは理解できません。おもしろく読んでいた推理小説の最後の謎解きが、「そんなのありえねーだろ」というトリックだったという気分です。興醒めです。

 ヨーロッパの人々にとっては、この箇所は不自然でないのか、カトリックの信者にはよくこういう人間がいるのか。──世界の名作として通用しているのだから、あんまり奇異なこととは考えられていないのでしょうね。だからこそスタンダールもこういう設定にした。

 わたしの読んだ中央公論社「世界の文学9」の解説で、訳者でもある大岡昇平はこう書いています。

政治に気をとられた読者がよく忘れがちなのは、これが僧侶たる主人公と 信仰を持った自由主義者の娘の恋物語だと、ということです。
 彼らは浮世を離れた牢獄で恋し合い、姦通によって子供を産む。大司教となったファブリスとクレセンチ侯爵夫人となったクレリアとの恋物語を、バルザックは別の物語の主題だといっていますが、スタンダールの心の中では、ファブリスの生涯として一貫していたと考えられます。「恋人を見ない」という聖母への誓いのために、恋人に暗闇でだけ会うという奇妙なイタリアの狂信者クレリアと、恋の悲しみを語ることによって成功する説教者ファブリスとの間の恋は、カトリック教徒には冒涜かもしれませんが、スタンダールにはこの上もない幸福に映ります。(前掲書、P498)

 クレリアは「奇妙な狂信者」というだけですませていますが、わたしには清純で慎み深い乙女という設定と顔さえ見なければOKという行為を矛盾なく結びつけることができません。狂信者と言うなら、日活青春映画の清純可憐な吉永小百合が、実はオウム真理教で空中浮揚に熱中していたというくらいの奇異な話に感じられます。

 日本のフランス文学研究者の間では、これは問題にならなかったんだろうか。なにかこのあたりの研究はあるんだろうか。みんなこれをさもありなんと納得して読んでいるんだろうか。

 結局は文化の違いということになります。
 宮廷の陰謀・駆引の話でも、ファブリスの放免を約束した大公が、赦免状の日付をごまかして結局逮捕させるという話があって、これはごまかされた侯爵夫人の負けということになりますが、大公は汚いとか、悪人であるという話にはなりません。どちらかというと、大公はうまく立ち回ったということになっています。そのあげくに侯爵夫人に毒殺されることになりますが。
 日本の話では、こういうことをやるのは吉良上野のような悪役と決まっているように思います。

 なむや文庫http://homepage2.nifty.com/namuyabunko/の2月の本棚に取り上げた、『世界は腹黒い』の高山正之の本をまとめて読んだせいでしょうか、このあたりの感覚や考え方の違いがとても気になります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

高山で節分

 白川郷へ行った日(2月3日)の朝は、せっかく高山へ来たのだからと、高山陣屋前の朝市に出かけました。平日で、まだ早いせいか、ひっそりとしていました。陣屋もまだ閉まっています。なるほど雪は少ししか残っていません。

Photo_4

 ここは陣屋近くの上三之町。古い街並みです。

Photo_5

 白川郷から高山駅に戻って電車を待つ間、駅前をぶらぶらしていたら、突然にぎやかな声が聞こえてきました。「鬼は外」「福は内」。ほんに今夜は節分か、でした。
 駅前の商店街を七福神が訪れて豆をまいてまわります。それぞれの店で祝儀をもらっていくのは横浜中華街の春節の獅子と一緒です。(横浜の春節
 お供の人の半纏の衿には「飛弾国分寺節分会」とあります。年中行事のようです。

Photo

Photo_6

 赤鬼青鬼も同行していました。これは青鬼。

Photo_8

 店によっては、お客さんがすべるから撒かないでと、豆はまとめてビニール袋に入れてもらっていました。行きかう人にも景気よく豆をくれます。
 わたしたち夫婦も両手にいっぱいもらったので、今年は福が授かるでしょうか。ともかく帰りの電車の中で飲むビールのつまみはたしかに授かりました。

 高山から特急で名古屋へ。新幹線に乗り換えて横浜へ帰宅。これがお土産。高山朝市の赤かぶ漬けに白川郷のごまだれ餅。

Photo_9

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

雪の(少ない)白川郷

 2月3日(火)、雪の白川郷へ行ってきました。前日、高山に泊まり、10:20高山駅発の「ぷらっとバス白川郷」で行き、15:00高山駅に戻るというコース。3000円。

 用があって岐阜まで来たついでに、この際、よく写真で見る雪に埋もれた合掌造りを見ておこうと思い立って、足をのばしました。雪に濡れてはと、高山に着くなり早速、防水靴に毛糸の帽子、厚手の靴下と買いこみました。ところがホテルのバスの運転手の話では、今年は雪が少ない、白川郷はここよりは多いが、やはり例年より少ない、という話です。なるほど高山の街に残っている雪は少ない。

 白川郷へは高山から高速を通って片道一時間。

Photo

 あいにくの曇りで、ときおり雪もちらちらしていましたが、つもっている雪はポスターの写真よりずっと少ない。屋根の藁が見えます。

Dscf0208

Photo_2

 雪の残っている北側の屋根も、とけて崩れかかっています。

Photo_3

 鳥が飛んできて屋根にとまりました。とまっていると鳩より小さいが、羽を広げるとけっこう大きい。青い色がきれいです。雪の上を近づいていって、ズームでとりました。去年買い換えたデジカメと、買ったばかりの靴がようやく役立ちました。
 鳥は、カケスのようです。、 

 野外博物館「合掌造り民家園」では、建物のひとつが休み処になっていて、囲炉裏でごうごうと薪を焚いていました。上がって囲炉裏端に座りこんで、ぜんざいを食べ、係りのおばさんに聞いてみると、やはり今年は雪が少ない、あたたかくて、気候がおかしい、と言います。
 住んでいる人には少ない方がいいでしょう、と言うと、ライトアップをやっても雪が少ないと観光客ががっかりする、良し悪しだね、とのこと。

 白川郷は、来てみると昔考えていたような秘境のイメージはまるでなく、道路も整備され、世界遺産白川郷というわけで、すっかりテーマパーク化されていました。
 秘境であることより、住んでいる人々の暮らしが潤うことの方が大事です。これはこれでいいのでしょう。
 あちこちで「世界遺産」になるための運動が行なわれています。ミシュランの星を欲しがるような感覚で、「世界遺産」の錦の御旗を欲しがったりするのは感心しませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »