« 雪の(少ない)白川郷 | トップページ | 『パルムの僧院』 »

2009年2月 6日 (金)

高山で節分

 白川郷へ行った日(2月3日)の朝は、せっかく高山へ来たのだからと、高山陣屋前の朝市に出かけました。平日で、まだ早いせいか、ひっそりとしていました。陣屋もまだ閉まっています。なるほど雪は少ししか残っていません。

Photo_4

 ここは陣屋近くの上三之町。古い街並みです。

Photo_5

 白川郷から高山駅に戻って電車を待つ間、駅前をぶらぶらしていたら、突然にぎやかな声が聞こえてきました。「鬼は外」「福は内」。ほんに今夜は節分か、でした。
 駅前の商店街を七福神が訪れて豆をまいてまわります。それぞれの店で祝儀をもらっていくのは横浜中華街の春節の獅子と一緒です。(横浜の春節
 お供の人の半纏の衿には「飛弾国分寺節分会」とあります。年中行事のようです。

Photo

Photo_6

 赤鬼青鬼も同行していました。これは青鬼。

Photo_8

 店によっては、お客さんがすべるから撒かないでと、豆はまとめてビニール袋に入れてもらっていました。行きかう人にも景気よく豆をくれます。
 わたしたち夫婦も両手にいっぱいもらったので、今年は福が授かるでしょうか。ともかく帰りの電車の中で飲むビールのつまみはたしかに授かりました。

 高山から特急で名古屋へ。新幹線に乗り換えて横浜へ帰宅。これがお土産。高山朝市の赤かぶ漬けに白川郷のごまだれ餅。

Photo_9

 

|

« 雪の(少ない)白川郷 | トップページ | 『パルムの僧院』 »

窮居堂旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高山で節分:

« 雪の(少ない)白川郷 | トップページ | 『パルムの僧院』 »