« チューリップが咲いた | トップページ | 薄墨桜を見る »

2009年3月30日 (月)

バードウォッチング

 南無谷では、今さかんにウグイスが鳴いています。ところがこれがなかなか実物を見られない。今回は、声の出所を追いかけて、とうとう木の上の方にそれらしい鳥を見つけました。
 これがそうです。

Dscf0342

 でもこれが、はたして本当にウグイスなのかどうか、いまいち確信がもてません。

 いろんな鳥がやってきますが、写真をとろうと近づけばすぐに逃げられ、正体がよくわかるような写真はなかなかとれません。
 これはそのなかでもよくとれた方で、図鑑を見て、「ジョウビタキ」ではないかと思っています。

Dscf0368

 こちらも今月とった写真ですが、なんの鳥かは不明です。けっこう高い木の上なので、下から見上げる角度になって、図鑑の姿とはうまく比較できません。

Dscf0473

 これは、前に畑の野菜を食べられたヒヨドリです。(食べたのはヒヨドリ

Photo

 バードウォッチングというほどでもありませんが、南無谷に来る鳥の名前を知りたいと思って追いかけています。コンパクトデジカメなので、たいした写真もとれませんが、少しずつ名前の数が増えればいい、というところです。
 バードウォッチングで、昔読んだ『新西洋事情』(深田祐介、1975)を思い出しました。

Photo_2

 この本は、海外の商社マンが、日本と現地の文化の差異に苦労しながら、一生懸命生活している実態を描いて、楽しく読ませながら文化の相違について考えさせる、おもしろい本でした。その中にこんな一節があります。

イギリス人の、この孤独な趣味

 たしかにイギリス人の余暇、休暇の過ごしかたには、その奇妙さにおいて、日本人の想像をはるかに超えているようなところがあります。
 私が今でもはっきり憶えているのは、現地社員採用試験に応募してきた若い男のことで、面接の折に履歴書の趣味の欄を眺めますと、BIRD・WATCHING、と意味不可解なことがかいてあります。
「私はご覧のとおり英国人じゃないんで、よくわからないんいだが、BIRD・WATCHINGというのはどういう趣味ですか」
 そう訊ねますと、男は大真面目な顔で、
「いや、休日に鳥を見物(ウォッチ)しに行くんですよ」
木で鼻をくくったような返事をします。
「鳥って、その、空中を飛んでいる鳥ですか」
(中略)
私はこの青年が藪かげに坐りこみ、終日鳥を眺め暮らしているさまを想像し、ほとんど呆気(あっけ)にとられました。(P209~210)

 三十数年前、1975年(昭和50年)の時点の日本では、バードウォッチングは意味不可解な行動だったのです。
 わたしはたしか、他の本だか雑誌だかに、この本にはイギリス人の奇妙な趣味のことが書いてある、というこの部分の紹介を読んで、それからこの本を読んでみたのでした。それでやっぱり「なんとケッタイなことをするもんだ」と思ったものでした。

 それが今では、「バードウォッチング」は誰でも知っていることばになり、誰も奇異な感じをもつことなく、わたしも庭に来る鳥を見て喜んでいます。日本人もわたしも変わりました。
 これからさらに三十年の後には、どんな趣味が流行していることでしょう。

|

« チューリップが咲いた | トップページ | 薄墨桜を見る »

南無谷おりおり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バードウォッチング:

« チューリップが咲いた | トップページ | 薄墨桜を見る »