« 18 秋田實『ユーモア辞典』 | トップページ | ツバメ飛び込む »

2009年5月 2日 (土)

米原万里そしてロシア展

 4月29日(水)、大船にある鎌倉芸術館で「米原万里そしてロシア展」を見てきました。

Photo

 一部屋だけの、こじんまりした展示でしたが、子供の頃の写真や、メモ帳など興味深いものがありました。

 この人の、『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』には驚かされました。なるほど東欧というのはこういうところなのか、共産党の高級幹部の子弟にはこういう生活があったのか、目を見開かれる思いでした。
 抱腹絶倒の下ネタエッセイもいいけれど、もっとこういう本を書いてほしかったなと、亡くなられたことを残念に思います。

 一度、たしかJR藤沢駅のホームですれちがったことがあります。向こうから歩いてくる元気そうなおばさん、どうも見たことがある、知り合いの町内会長さんだったかな、ともかくあいさつしておこう、と思ったところで気がつきました。
 間違えなくてよかったけれど、間違えていれば、それはそれでおもしろかったかもしれません。

|

« 18 秋田實『ユーモア辞典』 | トップページ | ツバメ飛び込む »

なむや文庫雑録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米原万里そしてロシア展:

« 18 秋田實『ユーモア辞典』 | トップページ | ツバメ飛び込む »