« 『古書殺人事件』 | トップページ | 夏野菜は終わり »

2009年8月13日 (木)

スイカの空中栽培その後

 いろいろあって、三週間南無谷へ行くことができず、空中栽培のスイカや夏野菜がどうなっているか心配でした。通いの田舎暮らしには、こういう問題点があります。
 ようやく8月11日(火)、早朝には静岡方面で大きな地震が起き(横浜でもけっこう揺れました)、台風9号が海上を通過中でしたが、雨がパラつく中、朝から南無谷へでかけました。

 一番心配だったスイカは、ごらんのとおり。

Dscf1430

 実は大きくなっていますが、葉と蔓がほとんど枯れた状態です。何か病気でも起きたのか、それとも時期的に終わりなので、自然に枯れはじめたのか。
 実がいたんでいる様子はありませんから、どうやらもう終わりのようです。一番大きな実は、取り替えてやったカゴの中でいっぱいにふくらんでいます。

Dscf1434

 切ってみると、このとおり。

Dscf1449

 真ん中あたりは十分甘い。皮に近い方はちょっと甘さが足りないのは、ほったらかしで肥料が少し足りなかったか。しかし、市販のものでも、この程度のものはよくあります。まあ合格点でしょう。他のものの味はどうでしょうか。

Dscf1451

 いきなり大玉のスイカではじめた空中栽培でしたが、今年はひとまず成功したようです。こうやってスイカがぶらさがっているのは、なかなかの眺めです。

|

« 『古書殺人事件』 | トップページ | 夏野菜は終わり »

南無谷おりおり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スイカの空中栽培その後:

« 『古書殺人事件』 | トップページ | 夏野菜は終わり »