« 平凡パンチの創刊号 | トップページ | 長良川の鵜飼 »

2009年8月22日 (土)

平凡パンチの創刊号2

 小さな活字の五段組みが基本で、トップ記事の「ポルシエ九〇四をめぐるナゾ」も、中身はこんな感じ。

S_6

 活字がぎっしり詰まっている感じがします。「九〇四」と漢数字になっているところも時代を感じさせます。右端の植木等はこの頃「無責任」で人気絶頂。 

 カラーグラビアは、ほとんどが宣伝がらみのもの。この頃は白黒に比べて印刷経費が相当高かったのでしょう。
 こんな頁がありました。左から杉浦直樹、小池朝雄、ジェリー藤尾、渥美清です。

Photo

 ファッションの頁、これも西武百貨店の宣伝が入っています。

S

 白黒頁。

Photo_2

 左頁のモデルは、市川染五郎、現在の松本幸四郎です。

 当時の大卒初任給の資料がありました。二万二、三千円が平均でしょうか。クリックしてごらんください。

Photo_3

 映画の頁。この時代のものは、見ていないものもタイトルだけはけっこう記憶にあります。

Photo_4

 見にくいので、下に邦画の部分を拡大しました。
 吉永小百合の『潮騒』、高校の応援団長をしていた友人と見に行った記憶があります。

Photo_5

 芸能欄と裏表紙の裏に出ているビートルズ。

S_8  

 当時、オカッパのようなヘアスタイルをした級友がいて、なんだこいつはと思っていたら、これがビートルズの先駆者的ファンで、香港からとりよせた日本未公開のレコードとか持っていました。わたしは彼によってビートルズの存在を知りました。
 まもなくビートルズは日本でも大爆発しました。

|

« 平凡パンチの創刊号 | トップページ | 長良川の鵜飼 »

雑誌の創刊号」カテゴリの記事

コメント

貴重な創刊号の記事、懐かしかったです。ありがとうございました。

投稿: hoh kun | 2016年5月17日 (火) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平凡パンチの創刊号2:

« 平凡パンチの創刊号 | トップページ | 長良川の鵜飼 »