« 「何野誰兵衛 建之」の読み方 | トップページ | 日向ひまわり独演会 »

2009年9月23日 (水)

『ジェネラル・ルージュの凱旋』

 最近売れている海堂尊の本を読みました。
 最初に読んだのは、たまたま手元にあった
『ジェネラル・ルージュの凱旋』(海堂尊、宝島社文庫、2009)

Photo_4

 上巻裏表紙の売り文句はこうなっています。

『チーム・バチスタの栄光』『ナイチンゲールの沈黙』でおなじみ海堂尊が贈る、大人気<田口・白鳥シリーズ>みたび登場! 伝説の歌姫が東城大学付属病院に緊急入院した頃、不定愁訴外来担当の田口公平の元には匿名の告発文書が届いていた。”将軍(ジェネラル)”の異名をとる、救命救急センター部長の速水晃一が特定業者と癒着しているという。高階病院長から依頼を受けた田口は調査に乗り出す。

 正直なところ最初は、なんだこれ、と思いました。
 冒頭で、救急車に同乗した看護師と救命救急センターの医師との無線による会話がこれです。

「あんた、誰だ」
「如月です」
「え? 翔子ちゃんかい?本当なら証拠(傍点)を見せろ」
間の抜けた声が、打ち解けた語調に変わった。
「その寒いギャグは、ひょっとして……」
(中略)
「佐藤先生でしたか。当直が救命病棟の出世頭だなんてラッキー」(P14)

 死にかかっている患者を乗せて、なんとも緊張感のない会話です。これがユーモアのつもりなのか、出世頭だという状況説明をこんなところでやる必要があるのか。
 おまけに救命救急センターの将軍(ジェネラル)速水医師は、棒つきの飴(チュッパチャプス)をなめながらTVモニターを見て、指示を出します。これはマンガか。

 これなら途中で放り出してもいいやと思いながら読んでいくと、意外やおもしろくてやめられない。話がどうなるのか、ともかく先を読みたい。これはマンガではなくて、要するに劇画なのだ。
 心理描写や情景描写で勝負するのではなく、筋運びのスピードと面白さで勝負。そして、作者が現役の医師だからこその医療情報の提供と問題の提起があります。
 登場人物ははじめからキャラクターが決められていて、「ジェネラル」とか「行灯」などのあだ名で性格がよくわかり、そのとおりに行動するから余計な説明はいりません。仕事がテキパキできる看護師長が「ハヤブサ」なんて、ちょっと恥ずかしいネーミングだと思うけれど、作者はそんなことはまったく気にしていないようです。そのまま強引に押し切られてしまった感じ。こんな小説があるのか、これは劇画小説と呼ぶべきではないかというのが読み終えての感想でした。

 そして、これは東城大学付属病院シリーズの四作目で、話がそれぞれ関係しているというので、気になってその前の三冊を結局全部読んでしまいました。後をひきます。
 それぞれ、文庫本上巻裏表紙の売り文句を引用しておきます。数字は刊行順。

1 『チーム・バチスタの栄光 上・下』(海堂尊、宝島社文庫、2007) 

東城大学医学部付属病院の”チーム・バチスタ”は心臓移植の代替手術であるバチスタ手術専門の天才外科チーム。ところが原因不明の連続術中死が発生。高階病院長は万年講師で不定愁訴外来の田口医師に内部調査を依頼する。医療過誤死か殺人か。田口の聞き取り調査が始まった。第4回『このミス』大賞受賞、一気にベストセラー入りした話題のメディカル・エンターテインメントが待望の文庫化。

Photo

2 『ナイチンゲールの沈黙 上・下』(海堂尊、宝島社文庫、2008)

第4回『このミス』大賞受賞受賞作、300万部を突破した大ベストセラー『チーム・バチスタの栄光』の続編が登場。大人気、田口・白鳥コンビの活躍再び! 今度の舞台は小児科病棟。病棟一の歌唱力を持つ看護師・浜田小夜の担当患者は、目の癌──網膜芽腫の子供たち。眼球摘出をせざるをえない彼らに心を痛めた小夜は、患児のメンタルケアを不定愁訴外来の田口に依頼し、小児科愚痴外来が始まった。

Photo_2

3 『螺鈿迷宮 上・下』(海堂尊、角川文庫、2008)

医療界を震撼させたバチスタ・スキャンダルから1年半。東城大学の劣等医学生・天馬大吉はある日、幼なじみの記者・別宮葉子から奇妙な依頼を受けた。「碧翠院桜宮病院に潜入してほしい」。この病院は終末医療の先端施設として注目を集めていた。 だが、経営者一族には黒い噂が絶えなかったのだ。 やがて、看護ボランティアとして潜入した天馬の前で、患者が次々と不自然な死を遂げた! 彼らは本当に病死か、それとも……。

Photo_3

 ストーリーもキャラクターも、やっぱり劇画だなとは思いましたが、ともかく最後まで一気に読ませる力があります。どれもおもしろく読みました。
 上に引いた『チーム・バチスタの栄光』の売り文句には、この本を「メディカル・エンターテインメント」と呼んでいます。作者は、最初の『チーム・バチスタの栄光』を、自説の死亡時医学検索の重要性を主張するために書いたのだといいいます(『ナイチンゲールの沈黙 下』解説)。そのためのメディカル・エンターテインメントとは、なかなかたいしたものです。

|

« 「何野誰兵衛 建之」の読み方 | トップページ | 日向ひまわり独演会 »

なむや文庫雑録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ジェネラル・ルージュの凱旋』:

« 「何野誰兵衛 建之」の読み方 | トップページ | 日向ひまわり独演会 »