« 神田古本まつり | トップページ | 島崎藤村『夜明け前』 »

2009年11月 9日 (月)

雀昇ゆかいな二人

 11月7日(土)は、横浜にぎわい座で「雀昇ゆかいな二人」を見てきました。上方落語の桂雀三郎とテレビの「笑点」に出ている春風亭昇太です。

Photo

 演目は、

桂 団治郎   動物園
春風亭 昇太 長命
桂 雀三郎    親子酒
春風亭 昇太 花筏
    (中入り)
桂 雀三郎    胴乱の幸助

 春風亭昇太の新作落語がどんなものなのか、一度聴きたくて行ったのですが、残念なことに今回は二席とも新作ではありませんでした。まあ、そこそこ面白かったので良しとして、またの機会を待つことにしましょう。
 雀三郎は桂枝雀の弟子だそうで、身体を大きく使っておもしろい話を見せてくれます。「胴乱の幸助」で、肥ダメに落とした相手をさらに棒で突つくそぶりなど、笑いが止まりませんでした。肥ダメなんてものが、昔は、道路脇の畑のあちこちにあったことを思い出しました。

|

« 神田古本まつり | トップページ | 島崎藤村『夜明け前』 »

なむや文庫雑録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雀昇ゆかいな二人:

« 神田古本まつり | トップページ | 島崎藤村『夜明け前』 »