« ワゴンセール | トップページ | 謹賀新年2010 »

2009年12月26日 (土)

桂米朝一門会

 12月25日(金)は、横浜にぎわい座で「桂米朝一門会」を見てきました。
 スカパー(スカイパーフェクトTV)に「時代劇専門チャンネル」というのがあるのだそうで、その公開録画でした。12月分のにぎわい座のチケット半券があれば、12月20日(日)の朝10:00から無料で入場券を配布するというので、寒かったけれど9:00に行って行列に並び、無事入手できたという次第です。

0007

 米朝はビデオ映像で出てきただけでしたが、桂ざこば、桂南光、桂吉弥というにぎやかな顔ぶれでした。

Photo

 桂吉弥「愛宕山」
 桂南光「初天神」
 桂ざこば「肝つぶし」

 「愛宕山」は、吉弥も出ていたNHKの朝の連続ドラマ「ちりとてちん」で、師匠役の渡瀬恒彦が稽古をつけていましたが、渡瀬のはちっともおもしろくありませんでした。
 さすがに吉弥のはおもしろい。太鼓持ちが、重い荷物をかつがされての山登りでだんだんへばっていく様子を、身体全体をつかって面白おかしく見せてくれました。幕があいたとき座布団だけで、上方落語の特徴である見台がなかったので、あれっと思いましたが、動きをちゃんと見せるためにそうしたんですね。
 TVにとって映像が残るということもあったんでしょうか、熱演でした。

 「初天神」は親の言うことを聞かないこまっしゃくれた子供を初天神にへ連れていく話。1月25日が初天神だそうで、正月向きの話でしょうか。

 「肝つぶし」ははじめて聞く話でした。恋わずらいの話が、意外や生き肝を抜くという恐い怪談話になるのかと思ったら、そこでサゲになって無事終わりました。本来ここで終わる話なのか、それとももっと話の続きがあったものなのでしょうか。恐いけれど、もうちょっと続きを聞いてみたいような気もしました。

 来年1月9日に放映されるそうですが、わが家ではスカパーは見られません。

|

« ワゴンセール | トップページ | 謹賀新年2010 »

なむや文庫雑録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂米朝一門会:

« ワゴンセール | トップページ | 謹賀新年2010 »