« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月27日 (水)

旭輝黄金鯱

 1月25日(月)は、国立劇場で歌舞伎「旭輝黄金鯱(あさひにかがやくきんのしゃちほこ)」をみてきました。

Photo

 「尾上菊五郎大凧宙乗りにて 黄金の鯱盗り相勤め申し候」 とうたい文句にあるように、凧に乗って名古屋城の金の鯱の鱗を盗んだという伝説の盗賊、柿木金助(かきのききんすけ)を主人公にした芝居です。
 歌舞伎にこんな話があるとは知らなかったのですが、天明二年(1782)の並木五瓶『けいせい黄金鯱(こがねのしゃちほこ)』を基に、今回、復活歌舞伎として書きなおしたものだそうです。

Photo_2

Photo_3

 娯楽のための芝居に徹した、楽しい舞台でした。

 派手な立ち回り。囲まれた柿木金助が煙玉を投げつけ、煙とともに姿を消す。宝剣「龍神丸」を抜くと雷鳴が轟く。大凧に乗って観客席の上から舞台の天守閣の屋根に降りる。鯱に乗るとその鯱ごと舞い上がっていく…
 子供の頃、手に汗握って夢中で見た時代劇映画を思い出しました。煙でパッと消える、巻物を口にくわえ印を結んで変身する──忍術は驚異であり憧れでした。目の前に展開する予想外の画面に魅せられたものです。その原型というか、もとになった芝居の世界を見ることができました。

 話としては、いつもながらの荒唐無稽で、盗賊の柿木金助は、実は足利・小田(=織田)家に滅ぼされた三韓の武将の子供で、父親の復讐と日本征服をたくらんでいます。金助と対立する盗賊の向坂甚内は、実は赤ん坊のときに取り替えられた小田家の跡取りだったことが判明し、名古屋城の城主になってしまいます。そしてさらに、その甚内と金助が実は乳兄弟だったことがわかり、仇敵の子を慈しんで育てたことを知った金助の母は、自ら金助に斬られて死にます…
 これが三幕目までですが、当時の作者達は、現実にありうるかどうかなど問題とせず、どこまで複雑に因果の糸をからめられるかを競いあい、観客のほうも、話が複雑になればなるほど、「これまた趣向でげすな」と喜んでいたのでしょう。そうでも考えないと、こんな話にはなりようがないという気がします。そもそも「三韓」って、神功皇后はまるで時代が違うじゃないか。
 だから細かいところに目くじらたててもはじまりません。趣向、遊びと心得て楽しむことです。この後の大詰の「御師大黒戎太夫内の場」では、それまでと一変して金助が道化になってしまい、松竹新喜劇ふうに笑わせてくれます。
 そして次の「木曽川の場」では、本水(ほんみず=本当の水)をつかって滝のような洪水を見せ、妖術で暴れ出した鯱と水の中で格闘するというクライマックスシーンになります。舞台のすぐ前の席の客には、しぶきで濡れないようにビニールが配られていました。

 全体の構成など、まだ改良の余地があるのではとも思いましたが、ともかく手をかえ品をかえ、客を楽しませる仕掛けに満ちた芝居で、堪能しまた。

 今回は三階席、いわゆる天井桟敷からの見物でした。やっぱり役者の顔などはよくわかりませんでしたし、正月公演で「手ぬぐいまき」があっても三階までは飛んできませんでしたが、十分楽しむことができました。しばらくは、これでいこうと思います。

 この芝居は「名古屋開府400年祭パートナーシップ事業」だそうで、こんなパンフレットも置いてありました。きっと名古屋の御園座(みそのざ)でもやるんでしょうね。

Photo

 わたしは尾張の国に育ち、名古屋の高校に通いました。凧に乗った盗賊の話は子供の頃から聞いていました。だからこの芝居の「黄金鯱(きんのしゃちほこ)」というタイトルにすぐ反応し、これは観なければ、という気になりました。
 金の鯱は名古屋の誇りです。なにしろわたしの高校では、校章にも鯱がデザインされていて、講堂兼体育館は「鯱光館(ここうかん)」と呼ばれていたくらいです。

 最近あちらへ行っても名古屋は素通りでしたが、今年は一度寄ってみることにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

大山詣り

 1月23日(土)は、大山詣りに行ってきました。
 学生時代の友人達と一緒です。当時の先輩がやっている食堂がちょうど小田急線の伊勢原駅前にあるので、そこへの新年の挨拶もかねて、毎年恒例の行事になっています。

 「大山詣り」という落語もあるくらいで、江戸時代からこの大山阿夫利神社(おおやまあふりじんじゃ)への参詣は盛んだったようです。
 本来は、標高1253mの山頂の
本社まで行かないといけないのですが、歳とともに、参加者それぞれにあそこが痛い、ここが痛いと言うようになって、今年はケーブルカーで行ける下社(しもしゃ)でお詣りをすませて帰ってきました。

Dscf2137
大山神社下社

 いつもこの時期は社前に輪くぐりの茅の輪がしつらえてあるのですが、今回は行くのが遅かったので、もうなくなっていて、かわりに足場が組まれていました。節分の豆まき用でしょうか。

Dscf2139
下社を横から見たところ

 江戸からの参拝は、帰りに東海道へ出て、藤沢で精進落としをして、江ノ島や鎌倉の見物が楽しみだったそうです。
 少しかすんでいましたが、下社からも江ノ島方面が望めます。上まで登ると、もっと見晴らしがよくて、なるほどここから藤沢あたりはけっこう近いんだというのがよくわかります。

Dscf2138

 落語の「大山詣り」では、神奈川宿に泊まって、そこから金沢八景まで出て舟遊びに出たところ、舟がひっくり返ってみんな死んでしまった、という話になります。
 今年の暮れは、その金沢八景で忘年会をやることに決まりました。舟には乗らない予定です。

 落語の「大山詣り」の案内は、こちらでどうぞ。

http://ginjo.fc2web.com/141ooyamamairi/ooyama_mairi.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

鶴岡八幡宮へ初詣

 一昨日(1月21日(木))、遅ればせの初詣に鎌倉の鶴岡八幡宮へ行ってきました。
 去年も書きましたが(鎌倉へ初詣)、毎年成人の日の頃に参詣するのを恒例にしています。
 今年は正月明けに風邪をひき、たいしたことはなかったのですが、それがうちの奥さんにうつって、そちらが長引き、来るのが遅くなってしまいました。

Dscf2123

 1月も15日すぎの平日ですから混雑はありません。それでも暖かい日でしたから、それなりに参詣客はいます。

Dscf2129

 お詣りをすませて、おみくじを引き、かたわらの絵馬を見ていると、こんなのが目にとまりました。

Photo

 「アパートが満室になるように…」
 うーん、これはどういう人が書いたんでしょうか。新築したばかりの大家さん、ないしは親族の人でしょうか、あるいは建築を請け負った大工さん……。よほどさしせまった事情でもあるのでしょうか。余計な詮索ですが、ちょっと考えてしまいました。

Dscf2132

 これも毎年恒例のぶどう飴。修学旅行の中学生で繁盛していました。

 八幡様、今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

22 ユダヤのジョーク

 今回はユダヤのジョークと銘打ったものからひろってみました。

ペンギンの身長

 パーティに招かれて、遅れて着いたモシェが息せききって主人のアブラハムに挨拶もせずにたずねた。
「ねえ、いったいペンギンってどのくらい背が高いかな?」
「え、ペンギン?」
「そう、ペンギンだ」
「そうだなあ、南極にいるペンギンで一メートルぐらい。北極にいるペンギンでおよそ八十センチぐらいじゃないかな」
「ほ、ほんとか?」
「じゃ、ちゃんと百科事典を調べてみるよ」
 アブラハムは本棚のほうへ立った。
「ペン、ペンギ、ペンギン。あったぞ。ペンギン目ペンギン科に属する海鳥で約十七種ある。翼はひれ状になり……」
「それよりも早く背の高さを見てくれよ」
「直立した高さは、最小のコビトペンギン、オーストラリアとニュージーランド産では三十センチ、それから一番背の高い皇帝ペンギンは九十センチ以上に達する、と書いてある」
「ほ、ほんとか」
「ウン、間違いない」
「ああ」
 とモシェは天を仰いだ。
「じゃ、やっぱり、おれがここへ来る途中はねたのは尼さんだったんだ」
(ラビ・M・トケイヤー『ユダヤ・ジョーク集』P128、講談社α文庫)

ズバリわかる適性検査

 モリッツが十歳になったので、教育ママが進学のために適性検査を受けさせようと、ラビのところへ相談に出かけた。
 ラビが言った。
「極めて簡単なことです。机の上に三種類の物品を置いて、お子さんに選ばせましょう。酒を満たしたワイングラスを一個、ぜに袋を一つと、それに『聖書』を一冊。
 この中から一つお子さんに選んでもらいます。
 もしワイングラスを選んだら、放蕩者になる恐れがある。ぜに袋を選んだら、商人か銀行家にすれば出世しましょう。『聖書』を選んだなら、これはラビに育て上げるべきでしょう」
 そこで、ある日のこと、モリッツを呼び出して、テストがはじまった。父親も母親も緊張した面持ちで、モリッツを身まもっていた。
 ラビの説明を黙って聞いていたモリッツは、やがて、ワイングラスをむんずとつかんで、一息に飲み干し、ぜに袋をポケットに入れ、『聖書』を小脇に抱えて逃げ出そうとした。
 母親がびっくりしてさけんだ。
「おお神様、この子はカトリックの神父になってしまいそうです」
(ザルチア・ラントマン編『ユダヤ最高のジョーク』P90、三笠書房)

 「ラビ」とは「ユダヤ人の地域社会の牧師、教師、カウンセラー裁判官といった多くの役割を兼ねた指導者」だそうです。

楽園

 一九六一年にケネディとフルシチョフが、ウィーンで巨頭会談を行った。
 そのとき、フルシチョフは、若いケネディを青二才のように扱った。
 フルシチョフは第一日目に、開口一番こう言った。
「お若いの、聖書を読んだことがあるかね?」
 ケネディはカトリック教徒として、もちろん読んでいるはずだった。
 フルシチョフは続けて言った。
「なかでも『旧約聖書』の創世記だ。あのなかに、人類最初の二人、アダムとイブが出てくるだろう? そのアダムとイブが共産主義者だったということは知ってるかね? もちろん。あれは楽園だったからな」
 ケネディはどう答えていいかわからなかった。
 そこで。宿舎のアメリカ大使館に帰ると、ケネディはアメリカにいるカトリックの枢機卿何人かに電話をかけたあとで、思いあまって、イスラエルのベングリオン首相に電話をした。
「首相、実は、今日フルシチョフに会いましたが、フルシチョフは人類最初のアダムとイブは共産主義者だと言いました。いったい、どう答えたらいいのでしょうか?」
 するとベングリオンは、しばらく電話の向こう側で考えてから、しわがれた声で言った。
「大統領閣下、それだったらアダムとイブが共産主義者だったということを、認めたらよいでしょう。
 まず、アダムとイブは着るものがなかった。そこで裸だった。二人は住む家もなかった。そしてどこへ行こうと思っても、行くところがなかった。食べ物といえば、リンゴしかなかった。
 そのくせ自分たちは楽園にいると確信していた。だから、間違いなく共産主義社会に住んでいたのでしょう」
(ラビ・M・トケイヤー『ユダヤ・ジョーク集』P264、講談社α文庫)

 上の話は、ユダヤのジョークというより共産主義ジョークとして、よく聞く話ですね。
 次は『新約聖書』の話を。

すばらしい光景

『新約聖書』には、地上に楽園が生まれると、ライオンや、ヒツジや、あらゆる動物がいっしょに幸福に、平和に暮らす光景が描かれている。
 しかし、ユダヤ人はキリストを神として認めないので、『新約聖書』はニセモノだと思っている。
 あるとき、キリスト教徒の夫婦が動物園へやってきた。檻に目をやると、ライオンとヒツジがいっしょに横になって、平和そうに眠っている。
「すばらしい光景だわ」
「すばらしい光景だ。これこそ神の国に見られる光景だ」
 と、夫婦は目を輝かしていた。
 そこをユダヤ人の飼育係が通りかかったので、きいた。
「この光景は『新約聖書』に出てくるようですが、この動物園ではどうしてこのようなことができるのですか?」
 年老いた飼育係が答えた。
「簡単ですよ。毎朝一頭ずつヒツジを檻に入れるんです」
(ラビ・M・トケイヤー『ユダヤ・ジョーク集』P78、講談社α文庫)

 聖書や神様についてはいろんなジョークがあるようです。本とは関係ないジョークですが、わたしはこんなのが好きです。

 モシェは息子のアブラハムがキリスト教の洗礼を受けるというので、動転した。
 彼は一週間断食して神に祈った。そしてシナゴーグで一週間目にまだ神の助けを求めて祈っていると、空腹からめまいがした。それでも力をふりしぼって天に通じるよう祈った。すると、目の前があやしく輝きはじめ、荘厳な光の輪のなかに、人間の力ではとても表現できないような神々しいものがあらわれた。
 モシェは、目を輝かせた。ついに神が目の前にあらわれたのだ。
「神よ、全能なる神よ、祝福されよ。あなたはついに姿をあらわしてくださった。神よ、私の一人息子のアブラハムがキリスト教の洗礼を受けると言っています。どうぞ、お助けください」
 すると、重々しい荘厳な声が聞こえてきた。
「私の息子もそうだった」
(ラビ・M・トケイヤー『ユダヤ・ジョーク集』P52、講談社α文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

新春特選演芸会

 おめでたい正月はやっぱり寄席だよね、ということで、1月4日(月)は、横浜にぎわい座の「新春特選演芸会」へ。
 最近、独演会のようなものばかり見ていましたが、今回は普通の寄席形式です。

Photo

 糸あやつりの獅子舞が出て、正楽の紙切りでは干支の虎や「初天神」という題を切ったり、やっぱり正月は寄席です。
 青空球児・好児は、ひさしぶり、まだやってたのかという感じですが、舞台中を動きまわってしっかり笑わせてくれました。
 三味線の国本武春は、名前は聞いていましたがはじめて。「待ってました」とか「日本一」と合いの手を入れろ、という客いじりでずいぶんうけていましたが、忠臣蔵をロックとバラードでかたるというのは今ひとつピンと来ませんでした。古い節回しになじみのある歳だからでしょうか。 

 落語の演目は、

 林家はな平   「みそ豆」
 春風亭一之輔  「鈴ヶ森」
 柳家三三     「妾馬」
 柳家権太楼   「代書屋」

100104

 「妾馬(めかうま)」というのは、殿さまに見初められた妹が側室(=妾)になって子供を生んだので、兄八五郎がお屋敷に呼び出され、トンチンカンな受け答えをする話ですが、今回の三三の話は、その妹をはじめて三太夫が長屋へ訪ねて来る話で、こんな前段があったんだと、はじめて知りました。

 権太楼の「代書屋」は、まくらの豪華客船飛鳥に乗ったときの話の方がメインになってしまったような案配でしたが、表情豊かに笑わせてくれました。
 権太楼の話では、一月四日に落語を聞いた人は、いい年をすごせる、ただし、それっきりにすると逆に祟りがあるそうです。

 これが横浜にぎわい座です。祟りのないよう、また来ることにしましょう。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

岐阜は雪だった

 この正月はまた岐阜方面へ行っていました。

 岐阜駅に着くと、最近ずっと工事中だった駅前広場の工事が完成して、なにやら金ピカの像が建っていました。マントを着ているので、遠目には黄金バットか、なんとかマンを連想しましたが、いくらなんでもそんなものは建てません。鉄砲を持った織田信長像でした。

Dscf2056

Dscf2060

 31日の午後から雪が降り出し、見る見るつもって行きました。
 これは岐阜市内ではありませんが、夜にはこんな状態。

Dscf2065

 2010年1月1日の朝、岐阜駅前。信長公も雪をかぶっています。

Dscf2080

Dscf2080_2

 岐阜から大垣へ行って、樽見鉄道に乗ります。ここから現在長男が勤務・居住している本巣市へ向かいます。

Dscf2082

 単線なので、途中駅ですれ違いがあります。もうすっかり雪国です。

Dscf2090

  モレラ岐阜駅で降ります。突き当たりに見えるのが、駅名になったモレラ岐阜というショッピングセンター。

Dscf2092

 以前は本巣郡糸貫町といいました。富有柿の名産地で、まわりには柿畑がずっと広がっています。その柿畑も雪。

Dscf2096

 柿の木です。

Dscf2097

 長男のアパートのベランダには、こんな雪だるまが作ってありました。

Dscf2102

 元日も仕事で出勤前の長男と一緒に、あわただしく雑煮を食べて、その後、わたしの田舎へ行きました。愛知県と言っても岐阜県とは川一つへだてただけのお隣で、現在は愛知県一宮市木曽川町と言います。
 川一つへだてるだけで雪の量は減りますが、やっぱりけっこう積もっていました。
 兄の家には帰省中の兄の子供たちがいて、近くに住んでいる姉も来、夜には仕事を終えた長男もやって来て、にぎやかに楽しい正月をすごすことができました。

 2日(土)の朝、帰る前に地元の氏神様に初詣に行って来ました。
 籠守勝手神社(こもりかってじんじゃ)、通称「おこもりさん」と呼んでいます。

Dscf2111

 同じ愛知県でも名古屋まで出るともう雪はほとんど残っていませんでした。

 新幹線が動き始めるとまわりには雪の痕跡もありません。
 富士山がきれいに見えました。富士山もこちら側はそれほどの雪でもなかったようです。

Dscf2116

 今年は思いがけず雪の正月をすごすことができました。少しはいいことがあるでしょうか。

   

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

謹賀新年2010

 あけましておめでとうございます。

Dscf2052_2
横浜市野毛山動物園にて

 今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »