« 鶴岡八幡宮へ初詣 | トップページ | 旭輝黄金鯱 »

2010年1月25日 (月)

大山詣り

 1月23日(土)は、大山詣りに行ってきました。
 学生時代の友人達と一緒です。当時の先輩がやっている食堂がちょうど小田急線の伊勢原駅前にあるので、そこへの新年の挨拶もかねて、毎年恒例の行事になっています。

 「大山詣り」という落語もあるくらいで、江戸時代からこの大山阿夫利神社(おおやまあふりじんじゃ)への参詣は盛んだったようです。
 本来は、標高1253mの山頂の
本社まで行かないといけないのですが、歳とともに、参加者それぞれにあそこが痛い、ここが痛いと言うようになって、今年はケーブルカーで行ける下社(しもしゃ)でお詣りをすませて帰ってきました。

Dscf2137
大山神社下社

 いつもこの時期は社前に輪くぐりの茅の輪がしつらえてあるのですが、今回は行くのが遅かったので、もうなくなっていて、かわりに足場が組まれていました。節分の豆まき用でしょうか。

Dscf2139
下社を横から見たところ

 江戸からの参拝は、帰りに東海道へ出て、藤沢で精進落としをして、江ノ島や鎌倉の見物が楽しみだったそうです。
 少しかすんでいましたが、下社からも江ノ島方面が望めます。上まで登ると、もっと見晴らしがよくて、なるほどここから藤沢あたりはけっこう近いんだというのがよくわかります。

Dscf2138

 落語の「大山詣り」では、神奈川宿に泊まって、そこから金沢八景まで出て舟遊びに出たところ、舟がひっくり返ってみんな死んでしまった、という話になります。
 今年の暮れは、その金沢八景で忘年会をやることに決まりました。舟には乗らない予定です。

 落語の「大山詣り」の案内は、こちらでどうぞ。

http://ginjo.fc2web.com/141ooyamamairi/ooyama_mairi.htm

|

« 鶴岡八幡宮へ初詣 | トップページ | 旭輝黄金鯱 »

なむや文庫雑録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大山詣り:

« 鶴岡八幡宮へ初詣 | トップページ | 旭輝黄金鯱 »