« ビワの袋かけ、海 | トップページ | 次郎長でも読める「建之」 »

2010年3月28日 (日)

漢字の覚え方一覧

 以前書いていた「声に出して覚える漢字」は、中途半端なまま終わっていますが、ときどき検索フレーズのヒットがあるようなので、中に出てきた漢字の覚え方の一覧表をつけておきます。残念ながら、あまり役に立ちそうなものはありませんね。

   漢字  覚え方
 あいさつ  挨拶  むやみにくった(※「つくり」の覚え方)
 あいとこい  愛と恋  愛は真心、恋は下心
 あさ    十日十月『朝』が来た
 あたま    いちくちソいち、いちノめハ
 いかり    女の又に心
 いぬ  戌・戊  イヌ(戌)にボウ有り,ボウ(戊)にボウ無し
 いのち    命はAOP
 う・かん  于・干  ウ(于)カン(干)はね,ぼう
 うつ 1    林に空き缶 を捨てたら、環境破壊で『凶』で、ヒ~~~
 うつ 2    リンカーンはアメリカンコ ーヒーを三杯飲んだ。
 うつ 3    きかんじゅう、わっと驚く米屋さんのヒサン
 うるわしい  しい  鹿がめがね掛けて、私きれい?
 おどろく    ケイマに驚く
 くま 1    むつきひーひーどどんがどん
 くま 2    ムつきてんてんヒヒてんてん
 こい    いとし いとしと いうこころ
 ことぶき    侍の笛は10寸。(士のフエは一インチ)
 さくら   二階の女が気に掛かる(二貝の女が木にかかる)
 さわぐ    馬の又に虫が入ってさわぐ
 さい  栽・裁・戴・載  木はウエル、衣はタツなり、異なるはイタダクなれば車ノスなり。(「戴」の音は「タイ」)
 し    横棒でターっと叩いたらヒーって死ぬ
 しき・しょく  識・職・織・幟  言うはシキ(識),耳シヨク(職)なれば,糸はオル(織)巾偏こそはハタジルシなれ
 しゅ    民主の主の字を解剖すれば、王の頭に釘を打つ
 じゅう・かい  戎・戒  十(じゅう)ジュウ(戎)、廿(にじゅう)カイ(戒)
 すい    粋人は 米を九十回も かみ
 そう    イトーハムの心
 つめとうり  爪と瓜  瓜に爪アリ、爪に爪なし(うりにつめあり、つめにつめなし)
 つゆ    雨のあと、路ゆく人は露にぬれ
 てつ    金の王なる哉(かねのおうなるかな):「鉄」の旧字です。
 てら    ドスンとお寺で音がした
 とおる・きょう  亨・享  トオル(亨)は通らず、通るはキョウ(享)
 ど    女の又に力
 はな    自(おれ)が田は廿(にじゅう)もあると鼻にかけ
 ほれる  れる  深切な心忽ち人が惚れ
 み、おのれ、すで 1  巳・己・已 ミは上に、オノレ、ツチノト下につき、スデニ、ヤム、ノミ中ほどにつく
 み、おのれ、すで 2  巳・己・已  ミ(巳)は上に,スデニ(已)半ばと思えども,オノレ(己)は下と思え世の中
 み、おのれ、すで 3  巳・己・已  ミ(巳)シ(巳)は上,ヤ(已)むイ(已)はスデ(已)に半ばなり,オノレ(己)ツチノト(己)コ(己)キ(己)下につく」
 み、おのれ、すで 4  巳・己・已  スデ(已)半ば、オノレ(己)は下に付きにけり。ミ(巳)は皆付きて、「イ(已)キ(己)シ(巳)」とぞ読む
 むらさき    此の糸は紫(このいとはむらさき)
 らん    草葺きに門を構えて西側の向ひに秋の花ぞかをれる

|

« ビワの袋かけ、海 | トップページ | 次郎長でも読める「建之」 »

声に出して覚える漢字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漢字の覚え方一覧:

« ビワの袋かけ、海 | トップページ | 次郎長でも読める「建之」 »