« 次郎長でも読める「建之」 | トップページ | 久良岐公園の桜 »

2010年4月 5日 (月)

カーナビを買いました

 何年か前、旅先の盛岡で借りたレンタカーにカーナビがついていました。それまでは、カーナビなんか使ったら、地図を読むことや土地勘を養うことができなくなる。男はちゃんと地図が読めなければ、と思っていましたが、使ってみて、その便利なことに驚きました。観光施設の一つ一つが地図に載っていて、ちゃんとその地点まで案内してくれます。どこで曲がったらいいのか、この道は通れるのかどうか、あれこれ悩む必要がありません。
 それ以後、欲しいなと思いつつ、もっと安くなってからと先延ばしにしていましたが、だいぶ値段もこなれてきたようで、そろそろいいかと、先日購入しました。

 三洋電機のポータブルカーナビ、ゴリラ GORILLA NV-SB541DT です。

Photo

 「大容量8GB SSD(Solid State Device)を活かして、全国1,157エリアの詳細市街地図を収録。地図の詳しさは、HDDナビゲーションと同等の地図情報となりました。」という売り文句で、渋滞情報を知ることができるVICS(Vehicle Information and Communication System)もついていて、5.2V型の画面でワンセグのテレビも見られます。ネットで調べてみると、評判もなかなかいいし、最安価格は45,550円ということで、これに決めました。安くなったものです。
 これは16GBの新型がまもなく発売になるため安くなってきているので、この後さらに安くなるのでしょうが、買うと決めたら、そういつまでも待っていられません。ネットで代引き注文して、翌日には受け取りました。

 下は、おんぼろ愛車に取り付けたところ。
 VICSは、アンテナの配線を通すために左のフロントピラーを取り外す必要があり、自分でやって元へ戻せるかどうか心配なので、まだ使えませんが、とりあえずナビとワンセグテレビは使えるようになりました。

Photo_2

  4月4日(日)、カーナビの試運転をかねて、東京まで行って来ました。長男が岐阜から東京へ転勤になって、南千住に引っ越したので、状況視察です。

 出発しようとしたらなんと左の後輪がパンクしていました。近くのガソリンスタンドで見てもらったら、エアーバルブが古くなってダメになっているとのこと。なおしてもらって、ようやく出発しました。
 ところがカーナビの操作にまだ慣れないので、あれこれいじっているうちに、いつのまにか行先が「自宅に戻る」設定になってしまっていました。気づかずにナビの言うことを聞いているうちに少し後戻りしてしまい、また時間をロスしてしまいました。
 土地勘のあるところなので気がつきましたが、これが知らないところだったら相当走ってしまったことでしょう。操作方法を早く覚えないといけません。

 カーナビと意見が違うところもありました。これまで、わが家から東京方面へ行くには、直接首都高速湾岸線に出ていたのですが、ナビは横浜横須賀道路から横羽線を走らせようとします。行きは指示どおり横羽線経由で行ってみましたが、帰りはやはり湾岸線で帰りました。多少遠まわりになるのかもしれませんが、こちらの方が道路がよくて混雑度も小さく、ずっと走りやすいのです。

 それでもカーナビは十分役に立ちます。初めて行く道でも、そろそろ左へ寄った方がいいとか、右へ行くとか、頭をつかわなくてもわかるので、運転にかかるストレスがずいぶん少なくなります。迷うことなく南千住に到着し、帰ってきました。

 建設中の東京スカイツリーが遠くに見えました。

Dscf2328

|

« 次郎長でも読める「建之」 | トップページ | 久良岐公園の桜 »

なむや文庫雑録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カーナビを買いました:

« 次郎長でも読める「建之」 | トップページ | 久良岐公園の桜 »