« 第一番 杉本寺 | トップページ | 夏野菜その後 »

2010年6月15日 (火)

びわは不作

 今年は南房総地区全体のビワが不作で、わが家も例年に比べて数が少ないのは袋かけのときから承知していました。それが春先の天候不順で収穫の時期もいつもより遅れ、6月11日(金)、そろそろいいかと南無谷へ行ってみると、これがさらにがっかりでした。

 熟してくると自然に実が落ちるので、木の下にはビワが袋ごといくつも落ちていました。まずこれを拾って食べてみると、固いのや酸っぱいのがずいぶん混じっていました。
 下の写真の、袋が破れているビワは、黒い傷跡があるのはしょうがないとしても皮がでこぼこしていて固い。こんなことは今までほとんどありませんでした。

Dscf2839

  袋が目一杯ふくらんで、これならと思うものでも、とって食べてみるといまいち甘くなかったりします。数が少ない上に、おいしくないビワの割合が例年になく高い。本当にがっかりです。

Dscf2841

 ただ、ときどき大きな実がなっているのは、全体の数が少ないせいでしょう。

Tsdscf2879

 6月12日には、うちの奥さんの友人夫妻が遊びに来たのですが、こんな状況だったので、当初予定していた「びわ狩り」とはいきませんでした。

 全部とってしまうにはまだちょっと早そうだけど、いよいよ梅雨入りで雨が続きそうなので、帰る前にとりあえずこの程度は収穫しました。去年の三分の一くらいでしょうか。

Dscf2878

 毎年あちこちの親族・友人宅に、少しずつ季節のたよりとしてびわを送っているのですが、今年は休みにさせてもらうお宅が多くなりそうです。関係各位はあしからずご了承ください。

|

« 第一番 杉本寺 | トップページ | 夏野菜その後 »

南無谷おりおり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: びわは不作:

« 第一番 杉本寺 | トップページ | 夏野菜その後 »