« 26 北朝鮮ジョーク | トップページ | 七月大歌舞伎 »

2010年7月 9日 (金)

第十四番 弘明寺

 昨日7月8日は横浜市南区の瑞応山弘明寺(ずいおうざんぐみょうじ)、弘明寺観音へ行ってきました。 ここは第十四番札所です。
 このあたりには若いころからなじみがあって、いつでも行けるという気がするので急ぐつもりはなかったのですが、ちょうど7月8日から10日まで四万六千日ということなので、行ってみました。一日の参拝で四万六千日分功徳があるという、年に一度の観音様のサービスデーです。

Dscf2917

 これが山門。 

Dscf2925
 階段を登って行くと、途中に竹で作った竹観音や身代わり地蔵があります。これが竹観音。

Dscf2910_2 

 身代わり地蔵。

Dscf2911

 そして本堂。

Dscf2923

 四万六千日で十一面観音ご開帳ということでしたが、ずっと奥の方までもう大勢の人が座っていて、そのうち勤行が始まり、一番後ろしか空いていない状態だったので、遠くから拝んだだけで、赤飯を買って帰りました。

Dscf2929

 ここの参道はアーケードの商店街になっていて、昔から庶民的なにぎやかな街ですが、時代の趨勢か、そこそこシャッターが閉まっている店も見られました。昔はなかった全国展開のチェーン店が増えているのも時代の流れでしょう。

Dscf2927  

「さむるほのみや」の謎

 家へ帰って、このブログにのせようと、坂東札所霊場会の「板東三十三観音公式サイト http://www.bandou.gr.jp/temple/temple11-20.php 」で、弘明寺のご詠歌を調べてみると、

 ありがたや ちかひの海を かたむけて そそぐめぐみに さむるほのみや

となっています。この最後の句がわからない。「さむるほのみや」って何だ。
 「さむる」は「覚むる」あるいは「醒むる」だろうが、「ほのみや」は?
 まさか「さむ るほのみや」や「さ むるほのみや」ってことはないだろう。それじゃ余計わからない。
 「穂の宮」?「穂の実や」?「ほの見や=仄見や」?

Hpt_2

 前に紹介したガイドブック『板東三十三カ所 観音霊場めぐり』を見ても、歌がのっているだけで、意味の解説はない。(P70)

Photo_2

 古語辞典を見てもわからない。インターネットで調べても、三十三カ所巡礼の紀行や解説のページには、ご詠歌がそのまま載っているだけで、意味の説明は見あたらない。
 結局さっぱりわからないまま、昨夜はあきらめて寝ました。
 そして、今朝あらためて納経帳の弘明寺の頁を見てみると、なんとこうなっていました。

0001

 ありがたや ちかひの海を かたむけて そそぐめぐみに さむるほのやみ

「さむるほのやみ」です。「ほのみや」ではなく「ほのやみ」です。「ほのみや」はただの誤植か!

 これなら、「醒むる仄闇(ほのやみ)」なら、なんとか意味がわかるような気がします。こんなところでしょうか。責任はもてませんが。

 ありがたいことだ。観音様の、海のように大きな衆生救済の誓願のお力をふりそそぎお恵みいただいて、薄暗い闇の世界から目が覚める。

 それにしても、まさか公式ホームページとガイドブックの両方が間違っているとは思いませんでした。ガイドブックは1987年の初版で、私の持っているのは2002年第一版23刷です。誰も気がつかなかったんでしょうか。
 あらためてインターネットのYahoo!で検索してみました。
 「さむるほのやみ」で出てきたのが30件。
 「さむるほのみや」で出てきたのが52件。
 なんと間違っている方が多い。
 ご詠歌の意味をいちいち考えるような人間の方が少ないんでしょうね。
 まあ、そんなこと信心には関係ないと言えば関係ないけれど…

【追記:2013/1/15】
 失礼しました。上記の歌の解釈は間違っていました。
 「ほのやみ」は「焔疫」で疫病のことでした。訂正いたします。
 詳しくは、第十四番弘明寺 ご詠歌をご覧ください。

 

|

« 26 北朝鮮ジョーク | トップページ | 七月大歌舞伎 »

板東三十三カ所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第十四番 弘明寺:

« 26 北朝鮮ジョーク | トップページ | 七月大歌舞伎 »