« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

泉鏡花『春昼・春昼後刻』

 板東三十三カ所巡礼第二番 岩殿寺は、泉鏡花ゆかりの寺で、『春昼・春昼後刻(しゅんちゅう・しゅんちゅうごこく)』(岩波文庫、1987)の舞台になっています。岩殿寺に行ったときには文庫本を持参しました。

Photo_2

 文庫の表紙にはこう書かれています。

うとうとと夢でも見そうなのどかな春の昼さがり、散策の途次たち寄った山寺で住職から明かされたのは、一瞬の出会いののち、不可思議な夢の契りに結ばれた男女の物語だった。あくまで明るい春の光の中、夢は夢へと重なり合って不気味な宿命の物語が展開する。鏡花随一の傑作との呼びごえ高い連作。

 うららかな春の日の物語ですが、行ったのは今年の夏の暑い暑い盛り、汗を拭きながら、境内の木陰でちょっと読んでみました。

 段を上ると、階子が揺はしまいかと危むばかり、角が欠け、石が抜け、土が崩れ、足許も定まらず、よろけながら攀じ上った。見る見る、目の下の田畑が小さくなり遠くなるに従うて、蒼う、ひたひたと足許に近づくのは、海を抱いたかかる山の、何処も同じ習である。
 樹立ちに薄暗い石段の、石よりも堆い青苔の中に、あの蛍袋という、薄紫の差俯向いた桔梗科の花の早咲を見るにつけても、何となく湿っぽい気がして、しかも湯滝のあとを踏むように熱く汗ばんだのが、颯と一風、ひやひやとなった。境内はさまで広くない。
 尤も、御堂のうしろから、左右の廻廊へ、山の幕を引廻して、雑木の枝も墨染に、其処とも分かず松風の声。(P17)

Dscf3020

 寺の裏山の谷の道はこう描かれています。

 「堂の前を左に切れると、空へ抜いた隧道(トンネル)のように、両端から突出ました巌の間、樹立を潜って、裏山へかかるであります。
 両方谷、海の方は、山が切れて、真中の路を汽車が通る。一方は一谷(ひとたに)落ちて、それからそれへ、山また山、次第に峰が重なって、段々雲霧が深くなります。処々、山の尾が樹の根のように集って、広々とした青田を抱えた処もあり、炭焼小屋を包んだ処もございます。
 其処で、この山伝いの路は、崕の上を高い堤防を行く形、時々、島や白帆の見晴しへ出ますばかり、あとは生繁って真暗で、今時は、さまでにもありませぬが、草が繁りますと、分けずには通られません。(P72)

Dscf3037

 現在、この道はちょっと行ったところで行き止まりになっています。文章のとおりの尾根道ですが、谷には住宅地がひろがっていて、さすがに雲霧が深くなるような風情はありません。この作品は明治39年の作だそうです。逗子の町は純然たる田舎として書かれています。
 夏の暑い盛りだったこともあり、感興を新たにするところまではいきませんでしたが、小説の現場でその作品を読んでみるというのもなかなか味のあるものでした。

 少しくわしく筋をたどってみると、この本は次のような話になります。

「春昼」あらすじ
 逗子郊外の岩殿寺へ散策に来た作者(散策子)は、住職から、去年、寺の仮庵室を貸していた若い男が、資産家の美貌の妻に焦がれ死をしたという話を聞く。
 男は、二、三度すれ違っただけのその女に恋し、ある夜、寺の裏山の谷の横穴に忽然とあらわれた舞台で一緒に芝居をした夢を見る。
 次の日、その女が寺に参詣し、
 「うたゝ寝に恋しき人を見てしより
        夢てふものはたのみそめてき」
という小野小町の歌を水茎の跡もあざやかに書いた懐紙を御堂の柱に貼って帰った。女も同じ夢を見ていたのか。
 男は、再度同じ夢を見たいと谷へ行き、海に落ちて溺死したという。

「春昼後刻」あらすじ
 散策子は、その女と話す機会を得る。女は散策子が恋しい人に似ていると言い、たまたま訪れた角兵衛獅子の兄弟に
 「君とまたみるめおひせば四方の海の
           水の底をもかつき見てまし」
という和泉式部の歌を書いた紙を、誰にというあてもなくことづける。
 その後、散策子の目の前で、ことづけを持っていた幼い角兵衛獅子の弟は海で溺れ、翌日、死骸は、男が溺れたと同じ岬で、女に抱かれて一緒に見つかった。
 女は海の底で恋しい男の霊魂の行方が分かったようであった。

 つまりすれ違っただけの男と女の間に、夢で感応が生じ、再び夢の世界で会いたいと男が死に、その後を追って女も死んでいく、という話です。
 同じ作者の「外科室」という短編も、一度目をかわしただけの男と女が、外科医師と患者として巡り会って、手術の現場でお互いの愛を確認して死んでいくという話でした。
 鏡花お得意の幻想の恋物語というわけですが、わたしは昔からこの手の話、幻想的も恋物語も苦手で、まずそこから鏡花のいい読者とは言えません。
 それに加えて、『高野聖』とか他にもいくつか読んでみましたが、なにより鏡花の文体にうまくついていけません。わかったつもりで読み進んでいくと、主語が想定とはちがっていて、前へ戻って話を確認しないといけない場面がでてきます。わたしの頭の中の文章の流れと、鏡花の文章の流れがうまくかみあわないのです。幻想的なところのない、わたしには一番面白かった『婦系図』ですら、つっかえつっかえ読まないといけませんでした。現代文ができるひとつ前の文章なのではないかという気がします。
 鏡花を否定するというわけではありません。江戸時代の戯作に親しんだ人には、これでよくわかったのでしょうし、感心するところもあります。『婦系図』は、今度新派で上演することがあったら、ぜひ芝居を見てみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土)

松陰二十一回猛士墓

 以前、小塚原回向院のことをちょっと書きました。(彼岸の墓まいり
 ここには安政の大獄のときここで処刑された、吉田松陰や橋本左内などの志士たちの墓があります。(ほかにも鼠小僧とか高橋お伝などの墓もあります。)
 その吉田松陰の墓がこれです。

Photo
 「松陰二十一回猛士墓」と刻まれています。拡大してみます。

Dscf3072_2

 この「二十一回猛士」というのは、松陰の号で、人生で二十一回、猛を奮って大事をなさんという意味だそうです。
 どうして二十一回なのか、みなもと太郎のマンガ『風雲児たち 幕末編 第十七巻』(リイド社、2010)に、わかりやすくておもしろい絵解きがあったので紹介します。

Photo

 『風雲児たち』は、1979年から書き続けられている大河マンガで、2010年の現在もまだ終わりそうな気配はありません。わたしはこのマンガのファンで、ずっと読み続けています。
 二十一回猛士のいわれは下のとおり。(P125~127)

21

 今回はこれだけの話です。マンガを引用するのはけっこう面倒なものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

第五回日向ひまわり独演会

 8月21日(土)は、横浜にぎわい座地下の野毛シャーレで「第五回日向ひまわり独演会」。

Photo

 演目は 「加藤孫六 出世馬喰」と「牡丹灯籠 お札はがし

 加藤孫六は、賤ケ嶽七本槍の一人として知られる戦国武将加藤嘉明の幼名。
 幼くして父に死に別れ、馬喰の下働きに雇ってもらうエピソードと、そこで習い覚えた馬術の腕前を披露して木下藤吉郎に仕官するまでの話。
 馬を自在に乗りこなす孫六の若武者ぶりがよく表現されていました。

 南條範夫の『大名廃絶録』(文春文庫、1993)によれば、父が秀吉に仕官して、嘉明は秀吉の児小姓(ちごこしょう)となった、と書いてありますが、馬喰から成り上がったという伝説もあるのでしょうか。どちらにしろ、やがて伊予十万石の大名となり、関ヶ原では東軍について、最後は会津四十万石の大名にまでなったというのは並の武将ではありません。
 しかし豊臣恩顧の外様ですから、子供の代には領土を返還させられ、孫は石見で一万石となってしまいました。子供が暗愚だったため、そこまで減封させられたという話もあり、南條範夫には「口惜しや忰の愚昧-加藤左馬助嘉明」という短編もあるそうです。

Photo

 最後の演目は、夏には怪談というわけで「牡丹灯籠 お札はがし」。

 子供の頃から漫才のネタで「カラーン、コローン」の下駄の音はおなじみですが、ちゃんとした話を聞くのははじめてで、興味深く聞きました。
 浪人萩原新三郎は、夜な夜な逢瀬を重ねていたお露が実は幽霊であると教えられ、魔除けのお札をもらって家に貼ったが、下男の伴蔵(ともぞう)夫婦が幽霊から百両もらってはがしてしまい、とうとう新三郎はとり殺されてしまうという話。
 新三郎のところへ通ってくるお露の女中がもっていたのが牡丹の絵の灯籠、そのときの駒下駄の音が「カラーン、コローン」というわけで、ここが一番有名なところですが、この前段にも後段にも因果話は続いているのだそうです。
 怪談とか因果話とか、子供の頃から好きじゃなかったけれど、最近歌舞伎などを見るようになってから、因果・因縁のもつれ具合が作者の趣向であり工夫であったということが少しずつわかってきました。「牡丹灯籠」は、圓朝の本をちゃんと読んでみましょう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

東京スカイツリー

 長男のいる南千住のマンションから、東京スカイツリーが見えます。
 転勤当初の今年4月4日にとった写真がこれです。

100404dscf2328

 それが8月18日にはここまで成長していました。これで高さ414mとのことです。

100818dscf3070

 車ならすぐ近くなので、昼食のついでに見物に行ってきました。 平日の暑い時間なのに写真をとっている見物客もけっこういました(われわれもそのうちです)。

Dscf3067

 とにかく大きい。

Dscf3064

 てっぺんです。

Dscf3068

 高さ634mの計画ですからまだまだ伸びます。また来ないといけません。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

第二番 岩殿寺

 8月10日、第二番札所、神奈川県逗子市の海雲山岩殿寺(かいうんざんがんでんじ)へ行きました。JR逗子駅の西口から歩いて十分程度、住宅地を山の方へ少しあがって行った奧にありました。

Dscf3015

Dscf3018

 山門をくぐると階段が続きます。

Dscf3020

 登ると、逗子の海が見えます。

Dscf3025
 この日が四万六千日だというので行ったのですが、午後から出かけたら、法要は午前10時からで、もう終わっていて、本堂前にもほとんど人影がありませんでした。

Dscf3031

 本堂裏の奥の院岩殿観音。寺号はこれに由来するとのこと。

Dscf3022

 本堂の脇には泉鏡花が寄進したという「鏡花の池」があります。

Dscf3040

 この寺は泉鏡花にゆかりがあって、「春昼(しゅんちゅう)」「春昼後刻(しゅんちゅうごこく)」という作品の舞台にもなっており、歌碑もあります。その話は別項にすることにして、とりあえず参詣は無事すませたという報告をしておきます。

Photo

 ご詠歌は

 たちよりて 天の岩戸を おしひらき 仏をたのむ 身こそたのしき

 今回はわかりやすい歌でした。

 そして今回のおみやげは、「浪子饅頭(なみこまんじゅう)」。

Dscf3059

 これは鏡花でなく、徳富蘆花の小説『不如帰(ほととぎす)』の主人公、武男と浪子にちなんだもので、もう百年以上前から作り続けているそうです。

 追記:泉鏡花『春昼・春昼後刻』を書きました。(10/08/31)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

27 世界のジョーク事典

 『世界のジョーク事典』(松田道弘編、東京堂出版、2006)という本があります。編者の松田道弘は、あの京都の町医者松田道雄の子どもで、奇術関係の著作が多く、ジョークについては他に『ジョークのたのしみ』(ちくま文庫、1988)もあります。
 世界のジョークを、医者、グッド・ニュースとバッド・ニュース、天国と地獄、フランス小咄など80余の項目に分類して収録したアンソロジーです。

Photo

 「読書」という項目があるので、そこに収められたジョークを紹介します。
 残念ながらこれまで紹介したジョークと同工異曲のものが多いようです。まあジョークは、人名を変え、状況を変えながら伝わっていくもののようですからしかたありません。

 「小説が欲しいんだ」
 「軽いものでよろしいでしょうか。ヘビーなものが……」
 「重くても一向にかまわない。外に車が待たせてあるから」(P189)

 本屋のレジで。
 「このミステリは面白いんだろうね?」
 「そんなことは最後のページを読むまでわかりませんよ。そこではじめて被害者の姉が犯人だと分かるんですから」(P190)

 母親「何を読んでいるの?」
 子ども「牡牛が月を飛び越える話だよ」
 母親「そんな本を読むのをいますぐおやめ。何度言って聞かせたら分かるの。お前がSFを読むのはまだ早すぎるって」
 (原注)牡牛が月を飛び越えたというのは、マザーグースの有名な歌詞。(P190)

 本屋のカウンターで客がたずねています。
 「『男が女を支配する』という本はどこにありますか?」
 「それだったら幻想文学のコーナーへどうぞ」(P190)


 「私は150冊の本を持っているが本棚がないのだ。だれも私に本棚を貸してくれない」(ベニー・ヤングマン)(P190)

 「お金がなくても幸せになれる本」定価が20ドル。(P190)

 「タバコがいろいろな病気の原因だということは、何冊も本を読んで分かった。やっと決心したよ。本を読むのはやめにしよう」(P190)

  読書以外の項目に分類されていたけれど、本が関係するものも次にあげておきます。

 結婚して50年になるおじいさんとおばあさんに金婚式の記念に贈るのにふさわしい本はないかと聞かれた本屋の店員。選び出した本のタイトルは『抗争の半世紀』。(P85)

 ある作家が死にました。天国の門につくと聖ペテロが天国を選ぶか地獄を選ぶかとたずねます。
 作家はまず地獄を見せてもらうことにしました。地獄では作家たちは灼熱の牢獄でデスクに鎖でつながれ、鬼どもにビシビシと鞭で叩かれています。
 天国に案内してもらった作家は、同じ風景にひどく驚きます。ここでも作家たちはみな同じように灼熱の牢獄のデスクに鎖でつながれて鞭打たれています。作家は思わず叫びます。
 「これじゃ地獄と変わらないじゃありませんか」
 「それが違うのだよ」聖ペテロは諭します。
 「ここではきみの本は出版してもらえるんだ」(P189)

 最後はちょっとわかりにくかったでしょうか。天国へ行っても作家の生活は地獄、違いは書いた本が出版されるだけ、ということでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

真夏のワゴンセール

 8月7日(土)、三省堂古書館のワゴンセールの手伝いに行ってきました。6月、7月と行く予定だった日が雨のため中止になってしまったのでひさしぶりの参加です。

Dscf3003

 昼間12:00~16:00の営業で、この日も暑かった。14:00くらいまではいつもと違って人通りが少なくて、客も少ない。その後少し風が出てきて、日が傾きはじめるころにはそれなりの人通りになりました。当店の客は一貫して少なかったようですが。

 この場所から道路をへだてた向こうに、こんな変わった建物が見えます。

Dscf3010

 「神保町会館」の看板はその前の建物のものです。これは「神保町シアタービル」といって、「神保町花月」と「神保町シアター」の二つの劇場が入っているのでした。

Dscf3012  

 吉本興業がこんなところにまで進出してきているのが驚きです。ここでは吉本新喜劇とはちがう若手のお笑い芝居と、映画をやっているそうです。これが最近の出し物。

Dscf3011_2

 わたしの趣味にあうかどうか、ちょっと考えてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

次はスイカに柑橘類

 ひととおり草は刈りましたが、キュウリやトマトなど、実は成り放題、脇芽は伸び放題になっていたので、今年はもう期待できません。
 期待は、暑い中勝手にぶらさがってくれた空中栽培のスイカたち。

 これは網に入れました。

Dscf2957

 小玉スイカ。まだ小さいけれど、けなげにがんばっています。

Dscf2958

 ぶらさがらないで寝そべっているのには発砲スチロールの寝床を敷きました。

Dscf2960

 植えてから何年かたつのに、なかなか収穫できなかった温州みかんの実が大きくなってきました。

Dscf2966

 レモンも少しふくらんできました。これも今年は収穫できるところまで大きくなってくれるでしょうか。この他にシシユズもあります。期待の柑橘類です。

Dscf2967

 暑いけれど、もう少しまめに南無谷へ通うようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

オタマジャクシにカタツムリ

 ときどき虫やクモのことを書いていますが、今回はオタマジャクシとカタツムリの話。

 外にある流しの前にバケツを伏せて置いておいたら、底になんとオタマジャクシが泳いでいました。留守中に雨水が溜まったものですが、なにしろバケツの底ですから、深いところでも1センチありません。

Dscf2946

 こんな感じです。わずかな水たまりに藻が発生し、二十匹ちかいオタマジャクシが泳いでいます。左上の赤で囲ったところにご注意ください。それらしいものが認められると思います。 よくこんなところで育ったものです。

Dscf2944_2

  拡大するとこうです。

Dscf2945

 このまま置いておくわけにもいかないので、プラスチックの小さな池に藻と一緒に移してやりました。次に南無谷へ行くときには蛙になってまわりを飛び跳ねているでしょうか。

 カタツムリの方は、困ったことに畑の野菜や果樹にとりついています。こんなにたくさんの発生は初めてです。
 これはトマトの葉からとったカタツムリをバケツの中に入れておいたもの。ほんの一部です。

Dscf2953

 拡大するとカタツムリの壁登り競争。

Dscf2954

 常時面倒をみられない畑にはいろんなことが起こります。なんとかしなければと思いつつ、半分あきらめています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

草草草草

 いろいろあって南無谷を一ヶ月以上も訪れず、畑をほったらかしにしてしまいました。冬場はともかく、夏野菜の生育時期にこんなにあけたのは、はじめてです。
 梅雨で雨は降ったし、梅雨明け以降急速に日射しは強くなったし、7月23日(金)に行ってみたら草草草…。

Dscf2930

 これが庭。

Dscf2932

 これが畑。真ん中あたりにぶら下がっている黄色いものは大きくなったキュウリのなれの果てです。

Dscf2933

 ここはトウモロコシにインゲンに枝豆に落花生の筈なんですが、よくわかりません。

Dscf2937

 そんな中でえらかったのはこれ。昨年に続き空中栽培を試みたスイカが、ちゃんとぶらさがっていました。これは大玉スイカで直径15センチくらい、まだ食べられません。

Dscf2936

 トマトも草の中でがんばっていました。これはおいしかった。

Dscf2948

 ともかくクソ暑い中、草刈り、草刈りの日々でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

七月大歌舞伎

 7月20日(火)、新橋演舞場で「七月大歌舞伎」を見てきました。駅から演舞場までのいくらでもない道のりが、久しぶりのアスファルトの世界のせいもありましたが、暑い、暑い。朝から暑い日でした。

Photo

 午後4:30からの夜の部を見ました。

1、歌舞伎十八番の内 (しばらく)
2、傾城反魂香 土佐将監閑居の場
3、馬盗人

 今回は、さえない観劇でした。というのも切符が一番安い三階席のそれも左側の前の方というわけで、舞台の左端と花道がまるで見えません。補助スクリーンがあって、場面に応じて花道をうつしてくれるのですが、ぼけたような映像でした。ここしかとれなかったのでしょうがないのですが。

 しかも「暫」というのが、正面に居座る悪役に対し、花道の奧から「しばらく」と声をかけて登場し、花道の途中で「ツラネ」という長いセリフを言うのが見せ場になっているのでした。
 「傾城反魂香」でも花道のシーンが冴えないのは同じで、それに舞台の左端の竹藪で虎退治をするところでは、何が行われているのか、まるで見えませんでした。
 おかげで歌舞伎では花道を効果的に、しかもけっこう頻繁に使っているということがよくわかりました。これを教訓に、今後はこの席はとらないようにします。

 「馬盗人」は舞踊劇で、いわゆる「馬の足」が、いろんなしぐさをしたり、おもしろおかしく踊るのが楽しめました。上に書いたようなわけで、前の二つがあまり楽しめなかったけれど、これでもとをとったような気分になって帰りました。

 帰ってから戸板康二『歌舞伎十八番』(中公文庫、1978)で、あらためて「暫」の勉強をしました。機会があったらもう一度、花道の見えるところで見ようという決意をあらたにしました。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »