« 第三番 安養院田代寺 | トップページ | 上野公園 »

2010年10月21日 (木)

第四番 長谷寺

 安養院から安国論寺へ行って、その後、第四番札所、海光山長谷寺(かいこうざんはせでら)までとことこ歩きました。天気のいい土曜日、長谷寺は、大仏も近く鎌倉観光のメインコースなのでとてもにぎわっていました。
 これが山門。

Dscf3348

 入ると庭があって、この奧の階段を登っていきます。

Dscf3372

 長谷寺という名前のお寺はあちこちにあって、板東三十三カ所の中にもここを含めて三つの長谷寺があります。板東三十三カ所は当然観音様ですが、その他の長谷寺もどれも観音様が祀られていて、大和の長谷寺の系列であるようです。
 はじめて知りましたが、「日本三大長谷観音」とか「三大長谷寺」という言葉があるそうです。その三つに

 奈良県桜井市の長谷寺(大和の長谷観音)
 神奈川県鎌倉市の長谷寺(ここです。鎌倉の長谷観音)

は文句なく入りますが、三番目は諸説あって、ネットで見てみるとこんなにあります。

 長野県長野市の長谷寺
 茨城県古河市  〃
 秋田県本荘市  〃
 福岡県鞍手町  〃
 三重県多気町の近長谷寺(きんちょうこくじ)

 「日本三景」のように評価が定まっているものはともかく、「日本三大○○」と言っているものの中には、有名なものにあやかって、うちもひとつ、と自称しているものもけっこうあるようです。

 階段をあがると観音堂。高さ10メートルに近い大きな金色の十一面観音像があります。
 養老年間、この寺の開山と言われる徳道上人が、大和の初瀬(はせ)で楠の巨木を見つけ、本木(もとき)で一体、末木(うらき)で一体の「同木異体」の二体の観音像を作り、本木の一体は大和の長谷寺にまつり、末木の一体は伊勢の海に流した。それが三浦半島の長井の浜に漂着したのを鎌倉へ持ってきて、新長谷寺がひらかれた、というのがこの寺の開山伝説です。
 だからここの観音像は、大和の長谷寺の観音像と同じくらいの大きさです。

Dscf3358

 松本清張・樋口清之の『鎌倉の旅 箱根・伊豆』(光文社、1967)によれば、この寺は古くから有名なのに由来がはっきりしない、というのは、鎌倉時代の基本史料である『吾妻鏡』に、第一番札所の杉本寺第一番 杉本寺)などは火災とか頼朝参拝の記事とかあるのに、この長谷寺はまるで出てこないのだそうです。
 鎌倉時代の市街は東の大町、小町、材木座が中心で、このあたりは観音信仰が盛んになってからひらけた門前町なので、注目すべき政治的事件などがなかったから、たまたま『吾妻鏡』には記事がなかったのでは、というのが、松本・樋口の推測です。

Photo_3 

 観音堂の隣は大黒堂。木像の大黒天があります。前の広場はイベントの設営中でした。

Dscf3355

 鎌倉の海が見える見晴台もあります。

Dscf3361

 にぎやかで若い人や外国人観光客の姿もけっこう多い。
 観光客として見てみると、このお寺はなかなかよくできています。狭くはないが、歩き回って疲れるほど広くはない敷地内に、いろんなものがコンパクトに配置されています。
 メインは金色の10メートルの観音像で、他に大黒堂、経蔵、阿弥陀堂などがあります。下右の写真は地蔵堂で水子供養を受け付けています。

Dscf3360 Dscf3362

  弁天窟という岩屋があって、洞窟くぐりもできます。

Dscf3365 Dscf3368

 日本庭園も当然あって、そのうえこんな「和みの地蔵」まであります。ここで若い女の子たちが記念写真をとっていました。

Dscf3363 Dscf3366

 レストランもあったし、「長谷の市」というイベントも開催されるようです。デートや子ども連れでも楽しめそうです。
 にぎやかだったせいもあって、なんだかちょっとしたレジャーランドへでも来たような気分になってしまいました。寂滅為楽の境地は遠い。
 とりあえず御朱印をいただいて帰りましょう。

 御詠歌は、

長谷寺へ まいりて沖を ながむれば 由比のみぎはに 立つは白波

Photo

|

« 第三番 安養院田代寺 | トップページ | 上野公園 »

板東三十三カ所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第四番 長谷寺:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/10/22 08:48) [ケノーベル エージェント]
桜井市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年10月22日 (金) 08時48分

« 第三番 安養院田代寺 | トップページ | 上野公園 »