« 28 ちょっと古いジョーク | トップページ | 第四番 長谷寺 »

2010年10月19日 (火)

第三番 安養院田代寺

 すっかり秋になり、巡礼日和です。10月16日(土)第三番札所、鎌倉の祇園山安養院田代寺(ぎおんざんあんよういんたしろじ)へ行きました。
 安養院というのは北条政子の法名だそうです。その北条政子が建立した祇園山長楽寺善導寺が合併してできた安養院と、頼朝の家臣田代信綱が創建した田代寺がさらに合併して安養院田代寺になったのだそうで、ちょっとややこしい。地図には長楽寺安養院と書いてあったり、ウィキペディアには「正式名称 祇園山安養院長楽寺」と書いてありますが、門前の看板には安養院田代寺と書いてありました。(クリックすると拡大して見られます)

Tdscf3321

 秋晴れのいい天気でした。この大町や小町のあたりは日蓮の辻説法跡があるくらいで日蓮宗の寺が多いのですが、これは浄土宗のお寺です。
 鎌倉駅から逗子の方角、名越の切通しの方へ歩いて十分程度、道路沿いにありました。この垣根はツツジで、季節には上の看板のようになるそうですが、今はご覧のとおり。

Dscf3319

 これが山門。

Dscf3320

そして本堂。

Dscf3323

 阿弥陀如来の後ろに千手観音がおわします。これも拡大して見るとわかります。写真が斜めになっているのはわたしの心が歪んでいるせいでしょうか。

Dscf3322

 本堂のまわりだけの、こぢんまりしたお寺ですが、樹齢七百年という、こんな槇の巨木もありました。

Dscf3324

 これはお地蔵様。

Dscf3328

 御詠歌は、

枯樹にも 花咲く誓ひ 田代寺(たしろでら) 世を信綱の 跡ぞ久しき

Photo

 ここまで来たので、ちょっと奧にある日蓮宗の安国論寺まで足を延ばしましたが、ここは三十三カ所外なので、また別の機会に。

|

« 28 ちょっと古いジョーク | トップページ | 第四番 長谷寺 »

板東三十三カ所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第三番 安養院田代寺:

« 28 ちょっと古いジョーク | トップページ | 第四番 長谷寺 »