« 国性爺合戦 | トップページ | ダダ漏れ民主主義 »

2010年11月26日 (金)

第六回日向ひまわり独演会

 11月23日(火)は、横浜にぎわい座地下の野毛シャーレ第6回日向ひまわり独演会でした。Photo

 出し物は、「細川茶碗屋敷の由来」にトークショーをはさんで、「大岡政談 五貫裁き」でした。

 「細川茶碗屋敷の由来」は、聞いてみると、あれ、これは落語にあったな、という話でした。講談の方が先で、これがもとになって落語の「井戸の茶碗」ができたそうです。
 屑屋に二百文で売り払った仏像から五十両の金が出てきたが、清廉潔白な売り主も買い主も金を引き取ろうとしないという話で、最後のところが落語とはちょっと違いました。
 帰ってから、話の確認のためYouTubeで古今亭志ん朝の「井戸の茶碗」を見たら、やっぱりいいですね。(古い画像ですが→http://www.youtube.com/watch?v=8EbuhkZmn4g
 ひまわり先生の講談もよかったけれど、志ん朝は一味二味違います。ついついYouTubeにある、志ん朝の他の落語にも見入ってしまいました。

 大岡政談 五貫裁き」も金にからんだ話で、やくざな生活をしていた八五郎が、改心して八百屋を開業しようと、近所に開店資金の奉加帳をもってまわる。ところが最初に行った大金持ちの質屋の徳力屋が一文しか出さないというので、金を叩きつけて返して喧嘩になり、奉行所で大岡様のお裁きとなる。お裁きは金を粗末にした八五郎が悪い、徳力屋に五貫文を払えというものだったが、これには裏があり、逆にケチの徳力屋がこらしめられるという話。
 シェイクスピアの『ベニスの商人』もそうですが、判決を逆手にとってあこぎな金持ちをやっつけるのはいいけれど、ここまでやるとちょっとやりすぎじゃないの、と小心なわたしなどは思ってしまいます。ただしそれは話が終わってからで、話の最中は笑ってばかり。ただ楽しみました。

 間にトークショーがあって、突然ひまわり先生に映画のセリフを読ませるという趣向でしたが、これがちょっとしつこかった。一度でやめておけばまだよかったのに、司会者が図に乗って二度もやらせて、時間がもったいなかった。それに間でこんなことをやっていると、後の話を演ずるのに影響するのではと気になりました。

 この独演会、第三回から見はじめて、これでもう四度目になるので、なんとなくファンクラブの会員のような気分になってきました。次回は4月とのこと。

|

« 国性爺合戦 | トップページ | ダダ漏れ民主主義 »

なむや文庫雑録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第六回日向ひまわり独演会:

« 国性爺合戦 | トップページ | ダダ漏れ民主主義 »