« 30 世界のジョーク | トップページ | ビワの花もぎ援農隊 »

2010年12月17日 (金)

31 『コーヒー噴いた』

 今回の本のジョークは、2ちゃんねる新書編集部・編コーヒー噴いた 2ちゃんねるの笑える話』(ぶんか社、2007)から。

Photo

 以下に出てくるトッティというのは、イタリアの有名なサッカー選手ですが、その天然ぶりから、いろんなジョークが作られているようです。
 原文では無題ですが、便宜上タイトルをつけました。

悩み解消

 イタリアで話題の「アナタの悩みの50%が解消できる本」を購入したトッティ。胸を張って友人にこう言った。「悩みを100%解消したいと思ったから、迷わずに2冊買ったよ」
(p58)

シェークスピ

 トッティの彼女が「アナタの頭の悪さをバカにした話がはやってる。。本でも読んで気をつけましょう。手始めにシェークスピアは?読んだことあるでしょ?」「もちろん読んだことあるさ。ただ、作者名がちょっと思い出せないんだよな」
(p58)

 この「シェークスピア」は、前回の「30 世界のジョーク」で紹介した「読んだ?」のホムシーがトッティに変わっているだけで同じですね。ジョークにはこういうのが多くて、ジョーク集を何冊も読んでみると、かなりの部分が重複しています。

 次はトッティではありません。

カラマーゾフの兄弟

夏休みに「カラマーゾフの兄弟」上下を一気に読んで感動したなあ
そのあと「カラマーゾフの兄弟」中を発見したのでまたびっくりした。
(P177)

 わたしはこういうのが馬鹿馬鹿しくて好きです。
 本のジョークはこれだけでしたが、前に紹介した(→29 中国のジョーク)六カ国協議で日本がバカにされるジョークの、落ちをひねったのがあったので、ついでに紹介しておきます。

六カ国協議で日本がトイレに立ったあとの会話

中国  「日本をを本気で怒らせてみたいが、難しい。潜水艦で領海に入っても怒らない」
韓国  「独島を占領しても怒らない」
ロシア 「北方領土を返さなくても怒らない」
北朝鮮 「なら、おれが核ミサイルをぶち込んでみようか」
アメリカ「よせ、それはもうおれがやってみた」
5カ国 「一体どうすれば・・」
中韓  「俺らは日本人を怒らせようと犯罪者を大量に輸出してみたんだが、俺らの国の国民にビザ免除に動いてくれてるし・・」
北露  「ふーむ」
米国  「あ、そういえば、愛知万博が弁当持込不可にしたら、日本国民が激怒したと聞いたな・・首相まで出てくる騒ぎになったとか・・」

その他 「な、なんだってー!!!!!」
(P86)

 なるほど日本人を怒らせる方法があったんだ。ちなみにこの愛知万博の件、2ちゃんねるによれば、2005年3月31日の中日新聞に次のような記事があったそうです。

小泉首相は30日夜、首相官邸で記者団に対し、愛・地球博(愛知万博)での「弁当の持ち込み禁止」を見直すよう経済産業省に指示したことを明らかにした。 これを受け、博覧会協会は同日、弁当の持ち込み禁止を緩和し、持ち込める食品の種類などを拡大することを決めた。 首相は「多くの人から不満が来ている。お弁当は作るのも食べるのも楽しいし、安上がりだし、みんな望んでいる。『来る人の身になってよく検討してくれ』と言っている」と述べた。(一部略)

<追記>2011/01/07

トッティのこんな本がありました。

トッティ王子のちょっぴしおバカな笑い話』(フランチェスコ・トッティ、ベースボールマガジン社、2004)

Photo

|

« 30 世界のジョーク | トップページ | ビワの花もぎ援農隊 »

本のジョーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 31 『コーヒー噴いた』:

« 30 世界のジョーク | トップページ | ビワの花もぎ援農隊 »