« 井上ひさし「化粧」 | トップページ | 週刊F6セブンの創刊号 »

2011年1月24日 (月)

冬の庭

 1月21日(金)から23日(日)まで、南無谷へ行ってきました。
 梅がほころんでいました。 まだまだこれからです。

Dscf3695

 水仙も咲いていました。これもこのあと続々と咲きそうです。

Dscf3712

 わが家の水仙については前にも書きました。これからしばらくはいろんな水仙が咲いてくれます。(→水仙の季節水仙いろいろ

 今回の第一の目的は、枇杷に寒肥をやること。農協へ行って、専用肥料「枇作(びーさく)」を買い、木のまわりにまきました。(これも前に書きました。→ビワには枇作(ビーサク)
 
 昨年は南無谷へ行った回数が少なく、今とれる野菜も植えてありませんし、庭の手入れも行き届いていません。荒れた感じになりはじめたので、今年はこのあたりの木を少し切って、すっきりさせたいと考えています。

Dscf3717
 みかんが二十個以上なっていました。

Dscf3698_2

 裏から見ると、いくつか鳥にやられていました。それでも十数個は食べられるのが残りました。この垣根が、とまって食べるのにちょうどいい位置だったんでしょうか。今年は離してみよう。

Dscf3697_2

 買物ついでに富浦の道の駅、枇杷倶楽部へ寄ってみました。

Dscf3709

 ここの水仙はそろそろ終わりです。菜の花はまだちょっと早い。

Dscf3711

|

« 井上ひさし「化粧」 | トップページ | 週刊F6セブンの創刊号 »

南無谷おりおり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の庭:

« 井上ひさし「化粧」 | トップページ | 週刊F6セブンの創刊号 »