« 冬の庭 | トップページ | 桂歌丸一門会 »

2011年1月29日 (土)

週刊F6セブンの創刊号

 さて今回の「雑誌の創刊号」は「週刊F6セブン」です。昭和40(1965)年11月6日号恒文社発行。わたしと同年輩くらいの人なら、そんな雑誌もあったな、くらいには覚えているのではないでしょうか。
 「平凡パンチ」が昭和39(1964)年5月11日(→平凡パンチの創刊号)、「週刊プレイボーイ」が昭和41(1966)年11月15日(→週刊プレイボーイの創刊号)ですから、ちょうどその間に創刊されています。

Photo

 これが目次。特集記事は、
「キミの行動に 魅力をつくろう」
「現地潜行レポート アメリカのポピュラー音楽の内幕」
「爆撃 された北ベトナムのライ病院」

Photo_3

 トップ記事の「キミの行動に 魅力をつくろう」には丸尾長顕とかドクトルチエコ、竹腰美代子といったなつかしい名前が並んでいますが。あまりおもしろくありません。

Photo_4

 この創刊号には特に紹介したいような記事はありませんでした。
 しかしこの雑誌、「平凡パンチ」「週刊プレイボーイ」と競合する中で、マイナーながらけっこうがんばっていたような記憶があります。一時「がんばれ吉永小百合」とか「がんばれ佐藤栄作」という、がんばれシリーズがあって、最後には「がんばれ週刊プレイボーイ」とライバル誌まで取り上げていました。でも結局「平凡パンチ」や「プレイボーイ」には勝てなくて、いつのまにか消えてしまった週刊誌でした。

 記事より広告を見てみましょう。表紙、裏表紙の裏です。

  Photo_5   Photo_6

  時代が感じられます。下のルフトハンザは、「新装のビルに」とうたっていますが、五階建ての、今ならどこにでもありそうな建物です。場所は霞ヶ関ですが。

  Photo_7  Photo_8

  そしてこれが見開きのピンナップ。表紙をのぞけば唯一のカラーページです。通常のグラビア用紙で、印刷も精密とは言えませんが、当時はこれでよかったんですね。

P

|

« 冬の庭 | トップページ | 桂歌丸一門会 »

雑誌の創刊号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週刊F6セブンの創刊号:

« 冬の庭 | トップページ | 桂歌丸一門会 »