« 34 中国の古いジョーク2 | トップページ | 本州縦断ラリー »

2011年2月21日 (月)

35 番外 謎の鳥と伊達直人

 最近の日本の政治に関するニュースは、うんざりするような話ばかり。もう怒るのを通り越して笑うしかない、ということで、今回は「本のジョーク」ではなく、政治に関するジョークを紹介します。
 テレビでも紹介されているようですが、どちらももとは2ちゃんねるに書き込まれていたものらしく、いろんなバリエーションができているようです。

 まずは先代から。

謎の鳥

日本には【謎の鳥】がいる。正体はよく分からない。

中国から見れば【カモ】に見える。
米国から見れば【チキン】に見える。
欧州から見れば【アホウドリ】に見える。
日本の有権者には【サギ】だと思われている。
オザワから見れば【オウム】のような存在。
でも鳥自身は【ハト】だと言い張っている。

それでいて、約束をしたら【ウソ】に見え
身体検査をしたら【カラス】のように真っ黒、
しかも秘書がやった事だと【タカ】をくくってる。
釈明会見では【キュウカンチョウ】になるが、
頭の中は【シジュウカラ】のようである。
実際は単なる鵜飼いの【ウ】。

私はあの鳥は日本の【ガン】だと思う。

 政治的な意見や立場はともかく、うまいものです。
 さて次は当代。

伊達直人と菅直人

子供たちにランドセルを背負わせたいのが伊達直人 
子供たちに借金を背負わせたいのが菅直人

必殺技を決めるのが伊達直人
「俺に決めさせるな」が菅直人

虎のマスクで顔を隠すのが伊達直人
虎の威を借るのが菅直人

フェアプレーで戦うのが伊達直人
スタンドプレーで目立とうとするのが菅直人

施設にランドセルを贈るのが伊達直人
中国にランド・セールするのが菅直人

贈与するのが伊達直人
増税するのが菅直人

リングで虎をかぶるのが伊達直人
選挙で猫をかぶるのが菅直人

仮面をかぶって戦うのが伊達直人
仮免で国を動かすのが菅直人

全国で現れるのが伊達直人
全国で笑われるのが菅直人

戦闘に頼るのが伊達直人
仙谷に頼るのが菅直人

明るい春をもたらすのが伊達直人
春の見通しが立たないのが菅直人

 こちらの方は、名前が直接出てくるせいか、ちょっとこなれていないところがあります。まだ続きがどんどんできてくるのか、また別の主人公のジョークになるのか…そうそう笑ってばかりもいられません。

|

« 34 中国の古いジョーク2 | トップページ | 本州縦断ラリー »

本のジョーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 35 番外 謎の鳥と伊達直人:

« 34 中国の古いジョーク2 | トップページ | 本州縦断ラリー »