« 東日本大震災 | トップページ | 今年もびわの袋かけ »

2011年3月31日 (木)

東日本大震災2 日本人の神話

 今回の大震災では、大きな被害を受けながら日本の多くの人々が節度を失わずに対応していることを、世界各国のメディアが賞賛していると報じられています。
 高山正之(→インディアスの破壊についての簡潔な報告世界は腹黒い)は以前、以前こんなことを書いていました。記憶によります。
 
 阪神淡路大震災に対する日本人の対応について、アメリカ人が感心したりしているが、そもそもアメリカ人と日本人はちがう。こういうときに必ずアメリカでは略奪が起こるが、阪神のとき、日本では山口組が炊き出しをしていた。
 ハーバード大学の教授の『これからの「正義」の話をしよう』という本が話題になっている。フロリダの洪水でおこったあくどい便乗値上げを、経済学の「需要と供給の法則」から正当化できるかどうかというような設問を提示しているが、日本人の感覚ではこういう設問そのものがおかしい。中越地震のとき、地元のスーパーは、おたがいさまだからと、野菜などをパックにして、通常二、三千円のもの四百円で売っていた。

 わたしは、日本社会にははっきりした階層のようなものがない、だから「おたがいさま」という感覚が広く通用していることが大きいのではないかと思っています。アメリカなどでは、階層がちがい、人種がちがうと大きく生活がちがい、「おたがいさま」の感覚は生まれにくいのではないでしょうか。
 そしてもうひとつ、テレビを中心として情報が広くゆきわたっていることも大きいと思います。不幸なことですが災害が多いため、災害や避難所の風景を国民が見慣れているので、災害時の対応や、避難所がどういうところか共通の理解があり、こういうときのマナーについて暗黙の理解があります。そして、やがて救援がやってくるという信頼があるのだと思います。
 
 日経ビジネスのHPの「災害現場に急行した自衛隊の実力」という記事の中には「襲われる懸念なしに救援活動を行える」という一節がありました。
 そもそも日本人には「救援活動をしている人を襲う」ということが考えられないと思いますが、ハーバードの教授は、「戦争中に敵国に災害が起こったら、援助物資を略奪するのは正しいか」というような設問を作るのでしょうか。

襲われる懸念なしに救援活動を行える

 そして自衛隊(軍隊)の最大の特徴は当然ながら自ら武装をしていることである。他国では、インフラが破壊され食料や飲料水の入手が難しくなると、暴動や
略奪が発生することが少なくない。ことに貧民層が多い場合、部族や民族の争いがある場合、宗教問題で日常的に住民間に対立がある場合は、なおさらである。また援助物資をかすめ取ろうとする武装集団が軍隊を襲うこともある。

 幸いにして我が国においては、災害で出動した自衛隊が、武装して警戒を行いつつ救援活動を行う必要がない。日本人には当たり前でピンと来ないだろうが、世界的にみれば極めて珍しいことである。さらに言えば便乗値上げで稼ごうという悪徳商人も出てこない。定価かあるいは値下げをする場合も少なくない。

 暴動も略奪も起こさず、互いに助け合うことを当然としている。これは日本人が世界で尊敬され、信用される理由の一つである。このことに我々はもっと誇りを持つべきだ。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110318/219041/?P=3

 日本ではこうだがグローバル・スタンダードではこうだ、みたいな言説が横行していますが、災害の時にも同じ国民を信頼できないような世界のスタンダードなど糞くらえです。

 しかし被災地での窃盗も数は少ないけれど報じられています。
 避難も長期化すればするほどいろんな問題がでてくるでしょう。
 首都圏では、鎮静化する様子のない原発と計画停電によって、政府と東京電力に対する不満がたかまっています。
 外国の記事にも日本政府の対応に批判的なものがいろいろあらわれてきたようです。(→http://gendai.net/articles/view/syakai/129570など)

 えらそうなことは言えませんが、この「日本人の神話」をこわすことなく、みんなで大切にしていかなければ、と思います。

|

« 東日本大震災 | トップページ | 今年もびわの袋かけ »

なむや文庫雑録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災2 日本人の神話:

« 東日本大震災 | トップページ | 今年もびわの袋かけ »