« 地震騒然 | トップページ | 東日本大震災2 日本人の神話 »

2011年3月25日 (金)

東日本大震災

 大震災によって亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 大震災以来、ずっとブログを書く気にはなりませんでした。原発がおさまらないので落ち着きませんが、少し。

三陸地方

 三陸海岸は、ちょうど四十年前、大学を出たばかりのとき、ちいさな人形劇団の一員として小学校を巡業してまわったところで.した。
 当時の記録として唯一残っている巡業中のマッチラベルのスクラップブックを引っ張り出してみると、宮古、釜石、大槌町、志津川、大船渡、松島…といった名前が並んでいます。釜石を中心に北へ行ったり、南へ行ったり、リアス式の入り組んだ海岸の、当時はまだ未舗装のさびしい道を、右に左にハンドルを切りながら走って行ったことをおぼろげに覚えています。

Photo_2 Photo
1971/09/28 釜石       1971/09/29 種市町(現・洋野町)

Photo_3 Photo_4
1971/10/02 大槌町吉里吉里      1971/10/04 釜石

Photo_6 Photo_7

1971/10/05 大槌町浪板  1971/10/07 大船渡

Photo_8

1971/10/07 宮古

Photo_9 Photo_10 
1971/10/08 大船渡          1971/10/08 釜石

 北海道の南部をまわって室蘭から青蘭フェリーで青森に着き、そのまま岩手県に入って小学校を巡回しました。わたしは人形劇は素人で、主な仕事は車の運転手でした。いくつかのチームに分かれて全国を回るのですが、わたしのチームでは免許を持っているのはわたしだけで、ペーパードライバーのわたしにいきなり北海道へ行ってくれと言われたのには驚きました。

 だから必死で運転して行ったのでしたが、北海道から東北へ戻る頃には多少は慣れていました。それでも三陸のあの海沿いの曲がりくねった道は、ちょっと心細かったことを思い出します。
 巡業はけっこうハードなスケジュールで、ついでに近辺を観光してまわるような余裕はほとんどありませんでした。それでも松島へ行ったときには、せっかくだからと海岸へ足を延ばしました。 
 あの頃まわった町々、わたしにとっては青春の旅の地が、濁流に飲み込まれていくのを、テレビで見ることになってしまいました。衝撃でした。言葉もありません。

Photo Photo_2
1971/10/11 登米市迫町       1971/10/13 登米市迫町

Photo_3 Photo_5
1971/10/14  東松島市野蒜    1971/10/17 松島

Photo_6 Photo_7
1971/10/17 多賀城          1971/10/21 志津川

 また陸前高田には人形劇でも行きましたが、二十年数前、うちの奥さんの妹夫婦が、転勤で住んでいました。夏のころ、まだ小学校に入る前の子供たちを連れて何日か遊びに行きました。町の前に広がる湾で、カキやホタテの養殖をしている、「岩手の湘南」と自称していましたが、 ひなびた落ち着いた港町でした。
 高田についてテレビで最初に聞いたニュースは「壊滅状態」というもので、しばらくは詳細がわかりませんでした。
 妹夫婦は今、盛岡に住んでいますが、当時からの陸前高田の友人・知人で、まだ連絡がとれない人が大勢いるそうです。

|

« 地震騒然 | トップページ | 東日本大震災2 日本人の神話 »

なむや文庫雑録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災:

« 地震騒然 | トップページ | 東日本大震災2 日本人の神話 »