« 本州縦断ラリー | トップページ | 東日本大震災 »

2011年3月15日 (火)

地震騒然

 地震当日のメモです。

 3月11日(金)の地震が起きたときは、横浜・伊勢佐木町の書店の二階にいました。なんだか頭がくらくらする、めまいかな、と思ったら、隣に立っていた客が「揺れてる」と言いました。それからほとんど間をおかずユサユサと床が大きく揺れ始め、これは危ない、と持っていた本を置いて急いで書棚を離れ、手すりにつかまりながら揺れる階段を一階へ降りて、外へ出ました。このときには店の方でも「落ち着いて外へ出てください」と客を誘導していました。
 伊勢佐木町の通りは、周りの商店や会社から出てきたの客や店員、社員などで騒然としており、そこへまた二度三度と大きな揺れがきました。街路樹を囲む鉄製の丸い柵につかまっているうちになんとか揺れは落ち着いてきました。しかしまだいつ余震が来るかわかりません。そこで、もっと広いところへ、と伊勢佐木通りに並行している大通公園へ行きました。
 ここも大勢の人でごった返している中、公園に面した病院の人たちでしょう、白衣の医師・技師あるいは看護師と思われる人たちが固まっているところがあったので、このあたりにいればなにかあってもすぐに手当をしてもらえるかも、とその近くの鉄柵にもたれていました。
 そうしているうちにまた大きな揺れがやってきて、目の前の二十階くらいもありそうな大きなビルが揺れるのがはっきり見えました。今にも建物に亀裂が走るのではないと思いましたが、幸いそこまではいたらず、なんとか揺れはおさまりました。

 そのあとしばらく公園で待機しながら携帯で家族と連絡をとろうとしましたが、まるでつながりません。スマートフォンなのでインターネットを見てみると東北沖が震源でそちらの方で大きな被害がでていることはわかりました。
 関内駅へ行ってみても電車が動く気配はない。公衆電話は長い行列ができている。横浜スタジアムのある横浜公園に大勢人がいるようなのでそちらへ行ってみると、スタジアムが広域避難場所として開放されていました。後から知ったのですが、ちょうどオープン戦の開催中に地震がやってきて、試合は中止、そのまま避難場所になったのでした。中へ入るとスクリーンでテレビのニュースを放送していました。どうも大変なことになっているらしい。ずっと立ちっぱなしだったので、やれやれとスタンドの椅子にしばらく座っている間にも何度か余震がやってきました。

 揺れもずいぶん落ち着いたようだし、雨がパラパラしはじめたこともあって、再度関内駅へ行ってみましたが当分電車は動きそうにない。駅を離れたところで公衆電話はないかと馬車道の方へ行ったら先客が二人だけのボックスが見つかり、ようやく家族と連絡がとれました。無事が確認できたので、電車が動き始めるまでお茶でも飲んで時間をつぶしてから帰ると告げて、近くの喫茶店に入りました。大きな商店は、けっこう閉店していました。

 喫茶店で本を読んでいる間にも何度か余震で揺れました。客の求めに応じて、店では裏口のドアをいつでも開けられるようにしてくれました。1時間以上も本を読んでいましたがやっぱり落ち着きません。駅へ行ってみると完全に封鎖されていて動く気配はない。道路は車で渋滞していて、たまに通るバスは超満員でバス停を通過していきます。

 これはしょうがないと決心して歩き始めたのがもう暗くなっている18時47分。鎌倉街道は会社帰りと思われる人たちが大勢歩いていました。いわゆる「帰宅難民」です。中には横浜から歩いてきた、もう疲れたという声も聞こえます。阪東橋、吉野町、蒔田と行って弘明寺を過ぎると、あたりは停電中。それでも渋滞中の車の明かりがあるし、大勢つながって歩いているので心細いことはありませんでした。
 上大岡まで来ると電気もついていてバスやタクシーを待つ人があふれていました。バスターミナルをちょっとのぞいただけで、とても乗れそうにないと見極めがついたのでまた歩き始めました。結局家へ着いたのは21時ころ。2時間ちょっとかかりました。

 帰ってからはテレビに釘付け。津波の惨状に息をのみました。

 Dscf3782 Dscf3780

 本当に被災された方々のことを思うと言葉になりません。

|

« 本州縦断ラリー | トップページ | 東日本大震災 »

なむや文庫雑録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震騒然:

« 本州縦断ラリー | トップページ | 東日本大震災 »