« びわはまだ | トップページ | びわは遅かった »

2011年6月 7日 (火)

スイス本メモ5

 いよいよスイス出発がせまってきて、本のメモを詳しく書いている暇がない。ともかく読んだ本、眺めた本のカバーだけでもあげておく。

 福原直樹『黒いスイス』(新潮新書、2004)

Photo_2

  黒いスイスとは、ロマ(ジプシー)排斥。過去のナチスとの関係。核計画。「相互監視」社会。外国人排斥。マネーロンダリング。

10 森田安一『物語スイスの歴史』(中公新書、2000)

Photo_4

 ヨーロッパの歴史は複雑でむつかしい。スイスがフランス、ドイツ、オーストリア、イタリアという強国に挟まれて独立を保ってきたのには、傭兵が重要な産業であった歴史や、大国相手のさまざまな駆け引きや仲間同士の裏切り合いの歴史があった。

11 池田光雅『スイス・アルプス旅の宿』(晶文社、1993)

Photo_6

 著者の個人的体験が中心。宿の客観的評価というより、思いいれが強い。日本人団体観光客を馬鹿にしたような書き方はどうかと思うが、それに共感を覚える「旅慣れた」人がこういう本を読むのか。雑然としてまとまりがない。

12 八木あき子『二十世紀の迷信 理想国家スイス』(新潮社、1980)

Photo_3

 これは怖い本である。上記の『黒いスイス』『物語スイスの歴史』に書かれているようなスイスの問題点が、具体的な日常生活にどのようにあらわれるか。スイスに住んでみた著者がこうむった子供に対する学校での暴行事件などを中心に書かれている。
 言ってみればスイスの悪口本。これも一面の真実であろう。『アイガー・サンクション』に皮肉として書かれていた、金のからむ問題に対するスイス人のシビアさは本物らしい。
 事故にあったり、事故を起こしたりすると大変なことになると思わされる。旅行に行くのが躊躇されるくらい。留守家族には読ませられない。

13 土田陽介『スイス・ホテル案内』(リブロポート、1993)

Photo_5

 これはパラパラ眺めただけ。写真がきれいで、よさげなホテルが紹介されている。残念ながら我々が泊まる予定のホテルは入っていない。もちろん泊まる予定が一番多いユースホステルのことなど書いてない。

14 『ヨーロッパ・カルチャーガイド スイス 小さな国のひそかな楽しみ』(トラベルジャーナル、1997)

Photo_7

 これは最初からなんとなく感覚が違うという感じで、ほとんど見ていない。帰った後で見ると、おもしろいかもしれない。

15 『ワールドガイド スイス』(JTBパブリッシング、2006)

Photo_8

 これは普通のガイドブック。

 さてここらで、ロッシーニの「ウィリアム・テル序曲」で景気をつけて、荷造りにとりかかるとするか。
http://www.youtube.com/watch?v=xoHECVnQC7A&feature=related

|

« びわはまだ | トップページ | びわは遅かった »

なむや文庫雑録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スイス本メモ5:

« びわはまだ | トップページ | びわは遅かった »