« さよなら小松左京 | トップページ | 落合監督退団 »

2011年8月26日 (金)

第八回日向ひまわり独演会

8月20日(土)は、横浜にぎわい座野毛シャーレ第八回日向ひまわり独演会へ。

Photo_2

 今回は、短い話を二席、中入り、もう一席という構成。演目は

・笹野権三郎 海賊退治

・村越茂助 左七文字の由来

・堀部安兵衛 道場破り

 「海賊退治」「道場破り」は題名でわかるとおり武勇伝、「左七文字の由来」は武勇伝とはいいにくが、これも豪傑肌の武士の話で、三話とも明るくからっとした話。
 ひまわり先生の話は、この明るいところが特徴で、聞いて帰るときにはなんとなく楽しい気持ちになっている。

 会場でもらったパンフレットには、林知恵男という人の「日向ひまわり論 美は乱調にあり」という文章があった。

Photo

 ひまわり先生とは反対に、神田阿久鯉(かんだあぐり)という女流講談師は、極悪人たちの「悪のドラマ」を陰々滅々と語るのが得意なのだという。陽のひまわり、陰の阿久鯉、二人の競演を見て、こう書く。

 ひまわりファンには女性が多いと言われる。女の芸人が女性に嫌われないでいることは、男性に嫌われないでいることより遥かに困難を伴うことであろう。日向ひまわりの語り口や所作には女性に嫌われる、妙な“女性性"が内在されていない。人間の“善"をひたむきな青年像や、ちょっと小生意気な少年に仮託して、爽やかな印象を残してくれるのが、女性ファンの支持を集める要因なのだろう。
 だが真打昇進以来、芸の着実な進歩で、もうどんな噺を読んでもその高度な技術力や存在感は見事に際立つようになっている。だから、そのうち機会がれ、“悪"への挑戦もして欲しいと思うように、その講談会で阿久鯉先生との競演を見ながら考えてしまった。
 

 なるほど。たしかに『牡丹燈籠』や『真景累ケ淵』などは極悪人、人非人、悪女だらけの陰惨な物語だ。今後はこういう暗い話も語れるように、ということだが、ファン心理としてはちょっとイメージが違うような気もする。まあ語れてもよし、語れなくともよしというところ。

|

« さよなら小松左京 | トップページ | 落合監督退団 »

なむや文庫雑録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第八回日向ひまわり独演会:

« さよなら小松左京 | トップページ | 落合監督退団 »