« sp02 What is this? 2 | トップページ | 暑さに負けた »

2011年8月11日 (木)

館山湾花火大会

 8月8日(月)は館山の花火大会でした。房州へ通い始めてもう何年もたちますが、この花火大会は初めてです。混雑したところはあまり好きじゃないので、あえて行こうとはしませんでしたが、今回はたまたま南無谷へ行った日と花火大会が重なったので、ちょっと覗いてみることにしました。

 にぎやかな花火大会で、北条海岸は人でいっぱい、海岸道路は夜店がずらり。朝日新聞によれば、観客は16万人(主催者調べ)、毎秒2発のペースで75分間打ち上げられ、1万発が夜空を彩った、そうです。
http://mytown.asahi.com/chiba/news.php?k_id=12000001108100001
 毎秒2発だと1分で120発、×75分=9000発になりますが、まあ細かいことは気にしないようにしましょう。とにかく人出も多く、花火もきれいに盛大に打ちあがっていました。

Dscf5882 Dscf5883

Dscf5886t_2 Dscf5894 

 二か所の打ち上げ場所から立て続けに花火が上がります。花火の写真はむつかしい。もっとずっとカラフルできれいでした。(朝日新聞のページと下の主催者のページにはもっときれいな写真があります。)

 主催者のホームページには、「名物といえば、なんといっても 水中8号玉(直径250m)の水中花火。ドスーンという重い響き が身体を震わせます。」と書いてあります。http://www.tateyamacity.or.jp/hanabi/

 これがそうです。固定された場所ではなく、湾の右端の方で上がったと思うと、左手の方へ海面を移動しながら順に上がっていきます。船から投下しているのでしょう。これが何度か繰り返される間も、打ち上げ場所からの花火は続いています。右を見て左を見て、忙しいけれど、なかなかの見ものでした。

Dscf5898

 そして最後は花火の連射連射、残っている花火を全部上げますというわけでもないのでしょうが、連続する爆音にたちこめる煙と輝く光、会場は騒然茫然、終わった時には大きな拍手が起こりました。

Dscf5912

 これなら、友人でも誘ってまた来ようと思う75分でした。

|

« sp02 What is this? 2 | トップページ | 暑さに負けた »

南無谷おりおり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 館山湾花火大会:

« sp02 What is this? 2 | トップページ | 暑さに負けた »