« sp28 アッペンツェル | トップページ | sp29 センティス山 »

2011年12月19日 (月)

びわからひょうたん?

 びわの花もぎ作業が遅れていてずっと気になっていました。12月14日、久しぶりに南無谷へやって来ると、なんとびわの木からこんなものがぶら下がっていました。

Dscf6125

 大きなひょうたんのように見えます。ツルがびわの枝にからまって、大きな実が二つぶら下がっていました。長さ30センチ以上、重さはひとつ4キロぐらいありました。

Dscf6094 Dscf6117

 今年植えたスイカやナスなどの苗は、病気に強い他の野菜を台木にして作った接ぎ木苗だったから、おそらくその台木から出た芽が育ったものでしょう。以前にもスイカからユウガオがなったことがありました(→スイカのツルにユウガオは、なる)。だから、腰のくびれがないし、これもユウガオなのでしょうか。スイカがこのくらいになっていればよかったのに。

 びわの花もぎは毎年の作業で、何回か書いていることだけれど(→ビワの花もぎ)、こんなふうにびわはいっぱい花をつけます。

Dscf6114

 それを一房の左右一枝ずつ残すくらいにします。びわの木の下は落花狼藉という感じになります。これでもまだ十個くらいの実になるので、春になったらさらに摘果して、最終選考に残ったものにだけ袋かけをします。大きく甘いびわするためには手間がかかります。

Dscf6115 Dscf6136

 今年もずいぶんたくさんの花が咲いていたので、かなり思い切って花を落としました。一番高い枝は元から切り落としてしまいました。来年の成果はどうなるか。今年は収穫時期に遊びに行ってしまったので、来年はしっかり働かねばなりません。

 畑も庭も荒れた状態で、あまり見られたものではありません。温州ミカンはなぜか二つしか実がついていないし、キウイも1個残っているだけ。これも来年はちゃんと手入れしてやらないと。

Dscf6097 Dscf6106

 唯一、レモンがたくさんなっていました。まだちょっと青いけれど。

Dscf6138

 わが家の紅葉です。

Dscf6128

 菊はもう終りですが、水仙が咲き始めていました。正月が近い。

Dscf6110 Dscf6130

|

« sp28 アッペンツェル | トップページ | sp29 センティス山 »

南無谷おりおり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: びわからひょうたん?:

« sp28 アッペンツェル | トップページ | sp29 センティス山 »