« 歳末古書市 | トップページ | sp28 アッペンツェル »

2011年12月14日 (水)

sp27 マーチン登場

第9日 11/06/16

マーチン登場

 ホテルでビュッフェスタイルの朝食。 久しぶりにユースの朝食から離れた。やっぱりずいぶん違う。ついついいっぱい持ってきてしまう。もう歳だから、そんなにたくさん食べられないのに。

09dscf5078 09dscf5077

 ホテルだから、こんなゆで卵用のタイマーが置いてあったり、こんなウェイトレスがいたりするのである。

08dscf5080 09dscf5081

 ザンクトガレンへやって来たのは、K機長が以前夫婦で来て、いいところだったと言うのと、T局長の知り合いが住んでいて案内をしてくれそうだということからだった。
 なんでも局長の娘さんがイギリスへ語学留学をしたときの同級生という話で、その縁で日本へ来たときには局長の家へ泊めたり、局長夫婦がスイスで案内をしてもらったりと親交があるようだ。
 だから今回も事前に局長からEメールでお願いをしてあったのだが、こちらへ来てからなかなか連絡が取れなかった。やっと連絡が取れたと思ったら、日にちを一日間違えていたという。しかしなんとか仕事の都合をつけてくれるそうで、今日ホテルまで来てくれることになった。

09whodscf5105t  これがそのスイス人、マーチン青年。三十五、六歳か。背が高くがっしりした体格をしている。家具のデザインをする事務所を自分でやっていて、最近仕事が好調で忙しく、ジュネーヴとザンクトガレンを行ったり来たりしていているそうだ。
 うかつにも姓名をちゃんと聞いていない。マーチンというとわたしは、「4番マーチン、ホームラン♪」で納得してしまう。中日が巨人の10連覇を阻止した1974(昭和49)年、坂東英二が歌った初代の「燃えよドラゴンズ」である。

一番 高木が塁に出て
二番 谷木が送りバント
三番 井上タイムリー
四番 マーチンホームラン

 マーチン青年に会って、はるかスイスからドラゴンズに思いをはせたおかげか、今年は優勝した。来年は「一番高木」が監督だ。がんばってもらおう。
 中日のマーチンとマーチン青年は全然似てないし、スイスとは関係ないけれど、その坂東の「燃えよドラゴンズ」はYoutubeで聞けるのでどうぞ。→http://www.youtube.com/watch?v=k3QIvX6W-hU&feature=related
 こちらは「燃えよドラゴンズ!2011連覇記念盤」
http://www.youtube.com/watch?v=ffac7X9T2PY&feature=related

 マーチン青年からどこへ行きたいと聞かれて、マイエンフェルトと言った。どうして?と言うので「ハイジ」と答えたら、思い切り笑われた。本当に「吹いた」という感じでしばらく一人で笑っていた。
 日本からはるばるやってきたこの爺様たちが、アルプスの少女ハイジの里へ行きたいというのは、スイス人青年にとってよほど異様な、滑稽なことであるらしい。日本にかぐや姫の故郷を見たいと外国から老人男性の団体がやってきたようなものか、いや、あの笑いっぷりだとキティちゃんのサンリオピューロランドくらいだろうか。「キティちゃん、キティちゃん」という老人団体が来たら、わたしなら笑う前に逃げ出しそうだ。
 マイエンフェルトへ行きたいと言い出したのはわたしなので、ちょっと鼻白む思いでもあったが、ともかく行く先のひとつに入れてくれることになった。ちなみに「ハイジ」は”Heidi”なので、「ハイディ」と言わないと通じない。

 そのマーチン青年の車は、たしかプジョーだったと思うが、われわれ4人+青年の5人が乗るのはちょっと狭くてきつかった。当然文句は言わない、感謝して案内してもらったのである。しかし標識がろくに読めないうえに、外がよく見えないので道路はどこをどう走ったのかさっぱりわからないのである。
 ともかく寄った先だけ地図に落とすと、次のようになる。マイエンフェルトからザンクトガレンへの帰路は車と列車に分かれた。

09s_3

 

 

|

« 歳末古書市 | トップページ | sp28 アッペンツェル »

窮居堂旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: sp27 マーチン登場:

« 歳末古書市 | トップページ | sp28 アッペンツェル »