« sp番外 マーチンが来た | トップページ | sp43 パリのユース »

2012年2月 3日 (金)

sp42 セーヌ川クルーズ

  (第13日続き 11/06/20)

セーヌ川クルーズ

 さてまた四人集まって今度はセーヌ川クルーズ。

13dscf5671 13dscf5672

  ここはひとつ、この歌でも聞きながら写真を見てもらいたい。
 エディット・ピアフ Edith Piaf の「パリの空の下 Sous le ciel de Paris 」。なつかしのシャンソン、戦後の名画「巴里の空の下セーヌは流れる」の主題歌である。
http://www.youtube.com/watch?v=uOXzGtlLGgw
 立川澄人(これもなつかしい)の日本語版もあった。
http://www.youtube.com/watch?v=E82mnO_OEzY

13dscf5674 13dscf5676

 左はアレクサンドル3世橋(Pont Alexandre III)。

13dscf5681 13dscf5689

  13dscf5684  13dscf5693 

13dscf5696 13dscf5697

 ところでエディット・ピアフといえば「愛の讃歌」であり、「愛の讃歌」といえば、われわれの学生時代はI長老であった。二学年上だった長老の最も強力な持ち歌で、コンパなどの盛り上がったときに決まって登場し、われわれ後輩はかしこまって拝聴したものである。そしてその際の流し目がまた仲間うちでは評判だった。
 長老の「愛の讃歌」の歌詞はこうである。

たとえ山は裂けて 海はあせるとも
君の愛あれば 何をか恐れん
たとえ世の宝を すべて失うとも
君の愛あれば 何をさらに惜しまん

 「あなたの燃える手で」という越路吹雪が歌った岩谷時子訳がすっかり有名になってしまって、こちらの歌詞はもう年寄しか知らなくなってしまった。古い訳のようで、ネットで調べても訳詩者がわからない。
 しかしわたしには、やっぱりこちらの方がいい。
 原詩の「青い空が落ちてきても、大地が崩れても」を、源実朝

「山はさけ海はあせなむ世なりとも君にふた心わがあらめやも」

の本歌取りで訳すところなどなかなかのもので格調が高く、原詩にも近い。
 ブレンダ・リーが歌っていた英語の歌詞だって

If the sun should tumble from the sky,
If the sea should suddenly run dry,
If you love me, really love me,
Let it happen, I won't care

 太陽が落ち、海が干上がる「驚天動地」の状態をうたっているのだ。
 まあしかし、これも年寄の繰り言ということになるのだろう。とりあえず長老の青春時代をたたえて、エディット・ピアフ愛の讃歌 Hymne à L'Amourを聴こう。
http://www.youtube.com/watch?v=WBjctartwBQ&feature=related
 ブレンダ・リーはこちら。
http://www.youtube.com/watch?v=lYjqtYBDmFk

夕食

 夕食はまたサン・ミッシェルのあたりでとった。La Petitte Hostellrieラ・プティ・トステルリ)という店で、Hostellrie オステルリは田舎風レストランという意味だそうだ。そのとおり民芸風、田舎風の内装だった。

13dscf5708 13dscf5702   

 ここではエスカルゴを食べた。

13dscf5700_2 13dscf5703_2

13dscf5706 13dscf5701

 おもしろかったのはチュニジア人だというウェイター、ひょうきんでこちらの真似をする。グラスを落として割ってしまったら、すぐホーキとチリトリを持って片づけに来た。長老が「(清掃道具が)ちゃんとあるんだ」と言ったら、すかさず「シャーントアルンダー」と鼻母音をきかせて返した。意味が分かっているとは思えないが、いかにも小馬鹿にしたように「ハイハイ」「ハイハイ」と言うし、思わず笑ってしまう。チップを2ユーロわたした。

さて今日も終わり。いよいよ旅行も明日一日となった。

13dscf5710 13dscf5713

|

« sp番外 マーチンが来た | トップページ | sp43 パリのユース »

窮居堂旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: sp42 セーヌ川クルーズ:

« sp番外 マーチンが来た | トップページ | sp43 パリのユース »