« sp42 セーヌ川クルーズ | トップページ | 南無谷の赤富士 »

2012年2月 6日 (月)

sp43 パリのユース

第14日 11/06/21

パリのユース

 さていよいよ旅行の最終日。4泊したユースともお別れになる。この食堂、食事も最後。右の写真でわかるように、ここではナイフやスプーンはおそろいの物ではなく、格好や色もまちまちで、客が置いていったものをそのまま出しているのではないかという気もするのであった。無論文句など言わず毎朝きちんと食べたけれど。

11dscf5249 14dscf5714

 料金の精算をして荷物は午後まで預かってもらう。といっても地下に置いておくのを認めてくれるだけで、もしなくなったところで補償してくれるわけではない。
 地下はコイン式の洗濯機やロッカーがある。ロッカーには入らないから、ワイヤーのついた錠でみんなの荷物をまとめておく。盗もうとしてもまとめて持ち出すには重すぎるというわけである。

14dscf5720 14dscf5721

 ガイドブックには、ユースなどでは貴重品に気をつけて、シャワーを使うときも貴重品を持って入れと書いてあるそうだ。実際そうしていた若者もいたようだ。われわれは四人一部屋で、交代でシャワーには行っていたし気を使うこともなかったのは幸いだった。実際一人旅で、わけのわからない外国人に取り囲まれて、というのは不安もあるだろう。
 安宿なので、設備も食事もこんなものだろうとおおむね納得しているが、ひとつだけ不満に思うのはシャワーである。狭いのはしょうがないとしても、脱衣するところもシャワーを浴びるところもフラットな同一平面なので足元がビショシビョになってしまうのが嫌だった。ちゃんと小上がりでも作って足をきれいに拭けるようにして欲しいが、どうも西洋人はあれで平気らしい。
 シャワー室の写真も撮ったのだが、帰国後の写真整理のときの操作ミスで消えてしまった。sp01 What is this? にも載せたトイレットペーパー・ホルダーの写真だけが残っている。右はわれわれが泊まった4階の廊下。

11dscf5352s 14dscf5717

 毎日こんな狭い階段を4階まで登り降りしたのであった。荷物用のリフトが別にあったのでスーツケースまで持って上がることはなく助かった。

14dscf5716_2  11dscf5250

 ユースの前の道路と公園。sp02 What is this? 2に載せたように、路上駐車はこんな状態で、どうやって出し入れするのか心配になる。中にはバンパーにクレーンの先についているような鋼鉄のカギをつけて、俺の車にぶつけると傷つくのはそっちだぞと言っている車もあった(この写真も消えた)。けっこうみんな細かく切り返しをして出し入れしているらしい。

10dscf5231 11dscf5254

 もう一度ユースの正面の写真。お世話になりました。

11dscf5256

|

« sp42 セーヌ川クルーズ | トップページ | 南無谷の赤富士 »

窮居堂旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: sp43 パリのユース:

« sp42 セーヌ川クルーズ | トップページ | 南無谷の赤富士 »