« sp46 ミッドナイト・イン・パリ | トップページ | PCが壊れた。 »

2012年2月17日 (金)

sp47 帰路

(第14日続きの4) 11/06/21

メグレ警視

 映画が終わったらしばしまわりを散策。

14dscf5771 14dscf5768

 また河岸の古本屋を見て、ジョルジュ・シムノン Georges Simenon メグレ警視シリーズ第一作”Pietr-le Letton”(邦訳名は『怪盗レトン』)を買った。ぼろぼろのペーパーバックだが他に適当なものが見つからず、ともかく買った。

Photo_7   

 シムノンは好きな作家のひとりで、100冊以上あるというメグレ警視シリーズのうち30冊くらいは読んだ。推理小説だがパリの市井の人々の生活や感情、心理が描かれている。メグレ警視は容疑者の心理を理解することで事件を解決する。
 どれか一冊持って行って、現地で読んでみればよかった。メグレ警視の家は、泊まっていたユースのすぐ隣のリシャール=ルノワール通りのアパートで、レピュブリック通りの生菓子店で奥さんにミルフィーユを買って帰ったりもしたらしいから。

Photo_6 Photo_3 Photo_2

帰路

 旅の終わりである。ようやく見慣れてきたこの風景ともお別れである。

14dscf5769_2

 ユースへ戻って荷物を引き取って一路シャルル・ド・ゴール空港へ。
 左は空港へ向かう列車の中から見えた落書き。右はスイスのバーゼルで見た落書き。日本にもある。どこでも若者のやることは同じようなものか。

14dscf5772_2 01dscf4165

 空港に着いた。

14dscf5773_2 14dscf5777

 みなさんお疲れ様でした。身体に沁みる。

14dscf5774 14dscf5775_2 

 ここまでくるとさすがに疲れが出てくる。

14dscf5778 14dscf5779

 6月21日23:35 パリ発
 飛行機に乗ってしまえば、あとは食べて、寝て、また食べて…

14dscf5781 14dscf5783

 最後をこの写真でしめくくるのはちょっとどうかとも思ったが、まあこの旅行記にはふさわしいような気がしないでもない。スイス帰りの機上の怪人アイガーマスク。

14dscf5782

 6月22日18:00 成田着
ということでようやく日本へ帰還した。

 I長老、K機長、T局長、旅行に連れて行ってくれてありがとう。
 いろいろ勝手なことを書かせてもらいました。あと、書き漏らしたこと、反省事項をちょっと書いておきたいと思っていますが、たまっていた未整理の写真をようやくアルバムに貼り終えました。
 そして、いつ終わるかわからなかったこの旅行記につきあって、ここまで読んでいただいた方々にお礼を申し上げます。

|

« sp46 ミッドナイト・イン・パリ | トップページ | PCが壊れた。 »

窮居堂旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: sp47 帰路:

« sp46 ミッドナイト・イン・パリ | トップページ | PCが壊れた。 »