« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月30日 (水)

気仙沼・石巻2

石巻

  4月3日は一ノ関まで戻ってビジネスホテルに泊まり、翌4日石巻へ向かった。ところが前日から春の嵐が吹き荒れており、4日も強風はなかなかおさまらない。一ノ関からJRの在来線で石巻へ行くつもりが朝から運行停止。バスは動いていたので、仙台までバスで戻って、そこからさらにバスで石巻へ、ということになった。

一ノ関駅と石巻駅。

Dscf6481  Dscf6530

 石巻では駅前でタクシーに乗って、案内をお願いして一回りしてもらった。
  これは魚市場のあたり。片付けられてはいるが、まだ傷跡は残っている。

Dscf6485 Dscf6488

 これは鯨の大和煮の缶詰が流されてきたもの。海側の缶詰工場の看板だったそうだ。

Dscf6492_4
(後で知ったが、水産加工会社「木の屋石巻水産」の魚油貯蔵タンク(高さ約11メートル、直径約9メートル)で、製品の缶詰そっくりに絵が描かれていたものだそうだ。)

 石巻でも気仙沼と同じように、あちこちに自動車のスクラップの山や瓦礫の山が見られる。

Dscf6496 Dscf6497


 これは門脇(かどのわき)小学校。児童は津波の前に山へ避難し、近所の人が避難してきていた。津波に押し寄せられた自動車が炎上して火災になり、避難していた人たちは屋上から裏山へ逃げたという。

Dscf6514

Dscf6515
 YOMIURI ONLINE に「盲点だった津波火災」という記事があった(2012年1月11日)。
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/feature/kansai1326213628956_02/news/20120111-OYT8T00097.htm

 また「ibuじいのブログ」という頁には被災して間もない頃の門脇小学校の写真があった。
http://ameblo.jp/ibuibu1684/entry-10838012827.html

 知らなかったけれど、去年のNHKの紅白歌合戦ではここで長渕剛が歌ったそうだ。http://www.youtube.com/watch?v=LNCosQsq4F0&feature=related

 

 近くには、こんな慰霊の場所もあった。

Dscf6512 Dscf6509

 こう書かれている。

この火は被災した石巻地域から木片を集め
それを種火としました

東日本大震災から一年
亡くなられた方への追悼の思い
生き残った私たちの”がんばろう”とする思い
心に残したく燈しました

             2012.3.11

 ここはまた、園児を帰そうとして、バスを高台から海の方へ向かわせてしまった幼稚園の近くでもあった。
http://diamond.jp/articles/-/18839

 

  その高台の日和山公園から海の方を見る。

Dscf6520 Dscf6522


 
 今さらながら、広い範囲が甚大な被害にあったこと、一年たっても回復がなかなか進んでいないことを実感した旅だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

気仙沼・石巻1

 もう一か月以上前になるけれど、4月3日に気仙沼へ行って来ました。なむや文庫が加入している古本の検索サイト「スーパー源氏」の主催で、東日本大震災で被災された気仙沼の古書店「唯書館」さんのご案内で現地を視察し、今後の支援について考えようという趣旨でした。
 そして翌4日にはひとりで石巻へ行って来ました。

 これはテレビや雑誌などで何度も見た、津波で陸に打ち上げられた巻き網漁船「第18共徳丸」です。気仙沼のJR大船渡線鹿折唐桑(ししおりからくわ)駅前にありました。
 あれから一年以上たって、まわりはずいぶん片付けられたとはいえ、実際に目にすると衝撃的です。

Dscf6417
 この写真に象徴されるような光景の連続でした。
 帰ってから、感じたこと考えたことがまとまらないまま、スーパー源氏あてに、こんな感想を送りました。

  考えることの多かった中身の濃い視察でした。受け入れていただいた唯書館さん、企画いただいた紫式部の皆さんに深く感謝いたします。
  現地をはじめて見たときには声も出ませんでした。一年を経過してまだこの状態とは、当時は本当にわたしなどには想像を絶する状況だったのだと思うしかありませんでした。
 唯書館さんの他にも、同じ仮設商店街の写真館さんやタクシーの運転手さんから当時のことや現在がんばっていることなどを直接たくさんお聞きすることができました。こちらはただただうなずいているばかりでしたが…
 皆さんと別れて翌日一人で石巻まで行こうとしたら、嵐のため在来線が運行停止になってしまい、仙台までバスで迂回して出直すというコースになりましたが、なんとか石巻まで行ってきました。
 石巻も同じような被害状況で、本当に広い範囲が被害にあったこと、一年たっても回復がなかなか進んでいないことを実感しました。
 仙台からの帰りの新幹線が途中駅で動かなくなったりして3時間近く遅れ、かなり疲れましたが、有意義な体験でした。今後何かお役に立てることがあったらと考えています。

 今でもまとまらないので、とりあえず行った経過と写真だけ載せておくことにします。

--------------------------------------------

 東北新幹線一ノ関駅からドラゴンレール大船渡線で気仙沼へ。大船渡線は、さらに陸前高田を経て大船渡、盛まで行く鉄道だが、現在は気仙沼までしか運行していない。

Dscf6397 Dscf6400

 唯書館さんの自宅のあった鹿折(ししおり)地区。港に近いところ。家は流されてしまった。

Dscf6410 Dscf6411

 最初に紹介した船が近くにある。

Dscf6413  Dscf6416_2

 大船渡線の鹿折唐桑(ししおりからくわ)駅。この先が陸前高田、大船渡だが、現在は不通。下右の写真の人の立っているところが駅舎の跡。

Dscf6421  Dscf6422

 あちこちに瓦礫や壊れた自動車が積み上げられている。下右は燃えた自動車。

Dscf6426  Dscf6432

 近くの安波山(あんばさん)公園から眺めた気仙沼港方面。写っていないけれど、左手の方が、火災で何日も炎が上がっていたあたり。

Dscf6437_3

 唯書館さんの店へむかう途中の風景。下右の酒屋さんは一階がつぶれている。

Dscf6446  Dscf6447

 これが被災した唯書館さんの店。ここで奥さんが亡くなられた。今は建物を持ち主に返したとのことで、他の用に使われている。
 この建物の脇は坂道になっていて小高くなっている。だからこの上の家は大丈夫だったそうで、ちょっとの差で被害が大きく違ったという話をあちこちで聞いた。

Dscf6449  Dscf6450

 唯書館さんは転居先の群馬県中之条町で11年7月頃営業を再開された。http://sgenji.jp/publicity.html

 さらに故郷の気仙沼にも店舗を、と12年2月に仮設商店街「東新城かもめ通り」に気仙沼店を開設された。
http://mytown.asahi.com/gunma/news.php?k_id=10000891202290001

 これが仮設商店街の唯書館さん。きれいな店舗で二階が倉庫になっている。気仙沼店長の昆野さんの話では、町からちょっと離れた住宅地の中なので店舗での営業はまだまだ、インターネットでの販売に力を入れていきたいとのことだった。

Dscf6402  Dscf6404

 
 まだ若い昆野店長には今回すっかりお世話になった。忙しいところあちこち案内してもらい、最後は岩井崎という観光名所にも連れていってもらった。波が寄せると10m以上もしぶきを噴き上げる潮吹き岩があった。あいにく風が強い日だったが、きれいなところである。

Dscf6463_5 Dscf6465_2

 しかしここにもこんな景色がある。旅館か民宿のようだ。

Dscf6469_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

三省堂5月の古書市

 なむや文庫は現在、三省堂古書館「5月の古書市」に参加中です。

Dscf6601

 5月17日から30日まで15の古書店が参加して、三省堂書店神保町本店の8階特設会場で開催されています。

Dscf6597

 ところが、これが売れない。
 
 昨日は当番だったので、朝から行っていましたが、あいにくの雨のせいもあってわざわざ8階まで上がってくれるお客さんが少ない。一階の出入り口でチラシ配りもやったけれど、みんな傘を持っているから面倒がってなかなかチラシも受け取ってくれない。
 全体に売上が低調だった中でも、当店なむや文庫はちょっと恥ずかしい成績でした。

Dscf6599_2
 
 そもそもの本の選定が良くなかった、ということになります。少し入れ替えて、今度の土日に期待することにしました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

金環食

 今日2012年5月21日は、金環日食が見られるという珍しい日。午前7時頃外へ出てみると、わが家のあたりは雨がパラパラでけっこう厚い雲が出ていた。
 あいにくの天気だが、それでも金環日食の始まる7時半頃にまた外へ出てみると、ときおり薄くなる雲を通して、細い環を見ることができた。雲が切れることはなかったので完全な環が見えなかったのは残念だったが、それでもなんとか見られたのはうれしい。

 こんな空だから、用意した金環日食用の眼鏡をかけると何も見えない。目に悪いからとさんざんテレビで言っていた肉眼やサングラスだとちゃんと見える。長時間見つめないようにして見た。

Dscf6591_7

 ひょっとしてこれなら、と常用のデジカメを持ち出して普通に構えて撮ってみた。フィルターなどないので、晴れていたらとてもこんなことはできなかったが、撮った写真を拡大してみたらこんなふうに写っていた。なんとか環の一部が見える。
 
 もっときれいに見えたのだが、これ以上の写真は撮れなかった。

Dscf6591_6
 

 政治家の汚職を扱った石川達三の小説『金環蝕』のコピーは、たしか「まわりは輝いているが、真ん中は腐っている」とか言ったな、と思ってネットで調べてみた。

 そうしたら小説を映画化した山本薩夫監督の『金環蝕』DVDのコピーに

まわりは金色の栄光に輝いて見えるが中は真っ黒に腐っている

とあった。小説にも同じコピーがついていたと思う。
 実際の金環食は中が腐っていたりせず、きれいなものであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »