« ブログ近日再開 | トップページ | 三省堂5月の古書市 »

2012年5月21日 (月)

金環食

 今日2012年5月21日は、金環日食が見られるという珍しい日。午前7時頃外へ出てみると、わが家のあたりは雨がパラパラでけっこう厚い雲が出ていた。
 あいにくの天気だが、それでも金環日食の始まる7時半頃にまた外へ出てみると、ときおり薄くなる雲を通して、細い環を見ることができた。雲が切れることはなかったので完全な環が見えなかったのは残念だったが、それでもなんとか見られたのはうれしい。

 こんな空だから、用意した金環日食用の眼鏡をかけると何も見えない。目に悪いからとさんざんテレビで言っていた肉眼やサングラスだとちゃんと見える。長時間見つめないようにして見た。

Dscf6591_7

 ひょっとしてこれなら、と常用のデジカメを持ち出して普通に構えて撮ってみた。フィルターなどないので、晴れていたらとてもこんなことはできなかったが、撮った写真を拡大してみたらこんなふうに写っていた。なんとか環の一部が見える。
 
 もっときれいに見えたのだが、これ以上の写真は撮れなかった。

Dscf6591_6
 

 政治家の汚職を扱った石川達三の小説『金環蝕』のコピーは、たしか「まわりは輝いているが、真ん中は腐っている」とか言ったな、と思ってネットで調べてみた。

 そうしたら小説を映画化した山本薩夫監督の『金環蝕』DVDのコピーに

まわりは金色の栄光に輝いて見えるが中は真っ黒に腐っている

とあった。小説にも同じコピーがついていたと思う。
 実際の金環食は中が腐っていたりせず、きれいなものであった。

|

« ブログ近日再開 | トップページ | 三省堂5月の古書市 »

なむや文庫雑録」カテゴリの記事

コメント

再開が遅いので、なにかあったのかなと心配していました。
6月に東京へ行くかもしれないので、またよろしく。

投稿: 昭雄 | 2012年5月21日 (月) 18時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金環食:

« ブログ近日再開 | トップページ | 三省堂5月の古書市 »