« 4月の南無谷 | トップページ | 窮居堂拾遺01 »

2012年6月 9日 (土)

5月の南無谷

 5月の終わり。前回からだいぶ間をおいての南無谷行きとなってしまいました。この時期、放っておくと庭はすぐこんなふうに草だらけになってしまいます。バラのアーチはひん曲がって倒れそう。

Dscf6608
 だから来るたびに草刈り三昧です。。リゾート暮らしを夢見ていたのに、やることは草刈りや枝払いばかり。帰る頃にはなんとかこの程度になりました。バラのアーチは撤去しました。

Dscf6621_2

 家の方も、二階の雨戸を開けようとした奥さんから緊急出動要請があって、行ってみると裏側にはこんなのがいました。卵を抱えたオニグモのようです。

Dscf6603_2

 前に、この卵だけが天井からぶら下がっていたので、謎の空中浮遊物体として紹介しました。白い部分が十円玉くらいの大きさなので、こうやって脚を広げるとけっこう大きい。常住していて、雨戸を開けるといつもあわてて逃げていきますが、卵を抱えているのははじめて見ました。クモにとってわれわれは、ときどきやってくる邪魔者なのでしょう。

 今回はびわの実のふくらみ具合を確認しに来ました。
 下左は袋をかけ忘れたびわ、右は袋がとれたみたいですが、色づきはじめています。例年より少し遅めのようです。全体にちょっと勢いがないのは、やっぱり去年の大豊作の反動でしょうか。

5dscf6611 5dscf6610

 でもこんなふうに袋がふくらんで、ぱんぱんに張り切ってきているのを見ると、うれしくなります。収穫まであと二、三週間か。

Dscf6614_4

 今回はもうひとつ作業。倒れたままになっていたキウイが枝を伸ばしてきたので、支える棚を作りました。

Dscf6624_2
 2×4材で、180cm四方、高さは240cmとちょっと高い。根元に深さ40cmの穴を四つ掘るのが一苦労でした。以前、井戸掘りに挑戦して、4mくらいで挫折したことがありました。ここの地層は深さ3mくらいまでは固いのです。
 これでなんとか大丈夫だったら、キウイの成長に合わせてさらに増築するつもりです。

 実のなる樹ががんばっています。
 下左はプラム。右はアンズ。

5dscf6625t 5dscf6635

 そして梅。右はあまり期待できないけれどいちおうブドウです。

5dscf6617 5dscf6643

 
 今回は実に気をとられて、花の写真はあまり撮っていません。

5dscf6636_2 5dscf6639

 アジサイが色づきはじめていました。梅雨のシーズンがびわの収穫時期です。

5dscf6634

|

« 4月の南無谷 | トップページ | 窮居堂拾遺01 »

南無谷おりおり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月の南無谷:

« 4月の南無谷 | トップページ | 窮居堂拾遺01 »