« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月29日 (金)

東京電力株主総会

 6月27日(水)東京電力株主総会に行ってきた。
 場所は国立代々木競技場第一体育館。高校二年のとき、今は亡い義兄に連れられてこの向こうの第二体育館東京オリンピックのバスケットボールを見に来たことを思い出した。後でそちらも見に行こうと思ったのだが、総会は朝十時から午後三時半までぶっとおし五時間半の長丁場で、見ていただけで疲れてしまい、寄らずに帰った。 
 

Dscf6705
 上の写真右手の門へ至るまでに、いろんなチラシをもらった。ちょっと毛色の変わったものもあるが、すべて原発反対のものである。

Dscf6708

 この奥の体育館入り口では手荷物検査もあった。

Dscf6706

Photo_2 会場内は撮影禁止になっていた。
  総会の様子はテレビや新聞で報道された。左は朝日新聞の6月28日朝刊社会面。(第1面は全国各電力会社株主総会の総括記事だった)
 見出しには「厚い壁 拍手と怒号」とあり、リード文には「会社側に理解を示す株主と、原発事故の責任追及や「脱原発」を主張する株主らの意見が交錯するなか、経営陣はにべもない答弁を繰り返した。」とある。
 個人的な感想としては、思ったよりおだやかな総会だったということ。たしかに怒号もあったが、全体としては会社側に立つ人の方が多く、会社側の提案やむなしという感じだったように見受けられた。テレビのワイドショーなどでは一方的な東電攻撃ばかりだが、東電擁護の発言をいくつも聞けたのは、なんといっても株主総会だからである。

 総会の経過・質疑についてはサンケイビズが「東京電力株主総会ライブ」として詳しく伝えている。最近ネットで検索して朝日新聞や日本経済新聞の頁へ行くと「以下詳しくは有料頁で…」となっていて、やる気をそぐことおびただしいが、これはいい。
http://www.sankeibiz.jp/business/news/120627/bsd1206271053008-n1.htm

 東京電力病院についてこんなやりとりがあった。

 東京都猪瀬副知事:新宿区信濃町にある東電病院は、敷地1700坪、7階建て、122億円の資産価値があるが、資産処分の対象になっていない。これは東電の関係者しかみない職域病院で、一般市民はこの病院を使えない。しかも病床数113なのに都で調査したら20しか使われていない。なぜ処分対象としないのか。
 会社の回答:一般開放できないか検討したが、都から、新宿区には大きな病院がいくつかあるので難しいといわれている。また医師を福島の現地へ派遣したりしている。
 猪瀬副知事:都が立ち入り検査をして実態を確認している。福島には土日に1人行っているだけ。ここで持っている病床数のため同区内の他の病院を拡張できないということもある。東電の幹部のための病院だ。東電は全然反省していない。

 猪瀬副知事の反論には「挑戦的な回答だから言うけど」という前置きがついていた。
 このうち都から病院を一般開放するのは難しいと言われた件については、MSN産経ニュースに続報があって、都は東電からの相談を受け、経営形態を株式会社ではなく医療法人にすれば一般開放は可能だと回答したと反論している。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120628/crm12062822150028-n1.htm
 しかし病床数の問題については、職域病院であれば基準病床数に算定されず、他の病院の病床数を圧迫することはない、猪瀬副知事が間違っているとの反論もネットにある。http://d.hatena.ne.jp/kyoumoe/20120628/1340858236

 また猪瀬副知事は、東電が生まれ変わるためには勝俣会長がきれいに身を引くことが重要ではないか。会長退任後「社友」になることになっているが、これもやめるべきではないかとも指摘した。これについてサンケイビズでは、「東電新会長・社長会見 「社友」廃止」と報じている。
http://www.sankeibiz.jp/business/news/120629/bsc1206290501004-n1.htm

 基準病床数の件の間違いはあっても、病院の今後は検討するという回答を得ているし、ここは猪瀬副知事の勝ちというところだ。
 東京都からの提案を含め会社以外からの総会への提案はすべて否決されてはいるが、これは事前に会社が大株主を取りまとめるなかで決まっていたことで、この結果だけを云々してもしかたがない。総会で都の提案などいろんな意見が交わされ、それが広く報道されることにより、会社も出された意見をそれなりに踏まえていかなければならないことを評価すべきであろう。
 昔読んだ梶山季之清水一行などの企業小説では、株主総会というのは総会屋の手によってあっという間に会社の筋書きどおりに「シャンシャン」と手締めで終わるものか、利権をめぐって総会屋どうしが争う場だった。日本の株主総会は進歩したと言っていい。

 答弁を聞いていると、勝俣会長はなかなかの人物で、強い言葉で怒られてもそしられても動じない。言葉尻を捕まえられるようなこともなく、しぶとく応答しつつ、休憩なしの五時間半を乗り切った。なるほど日本有数の大企業のトップに長年君臨するだけのことはある、テレビでよく見かける民主党の政治家たちではとても勝てないだろうと思わせた。

 質疑のうち半分くらいは会社側に理解をしめす立場だった。その発言のポイントは、国の定めた安全基準をちゃんと守っていた、想定外の天災である、当時の政府は最悪のリーダーで対応が悪かった等々、「事故の責任は国にあるから、訴訟を起こして賠償はすべて国に負ってもらうべきだ」というもの。
 昔から資産として東電の株を持っていて相当の損害を受けた人が多いようだ。一株二千円から三千円くらいしていたものが今では百五十円なので、ほとんど5%近くまで縮小してしまったわけだ。だからなんとか国に責任を持っていきたいというのはわからないでもない。しかしこれらの発言には、いわゆる「原子力ムラ」と言われるところで東電の果たした役割や責任についての言及はいっさいない。
 わたしは昔からの株主ではなく、今回たまたま少額を買ったら出席通知が来たので参加してみただけなので、えらそうに言うのはちょっと気が引けるが、株主としてはここを素通りしてはいけないのではないか。企業として再生するためには、従業員も経営者も政府もきちんと反省すべき所は反省して改めなければならない。責任はなかったと言うばかりでは何も変わらないし、前へは進めない。

 従業員の報酬に対しても批判が続く中、士気をいかに維持していくかが課題であるという話もあった。
 東電の職員に何人か知り合いがいる。経営責任のあるえらい人たちではなく、原子力にも関係していない、今回の事故でひたすら割をくっている人ばかりである。事故後会って話したことはないが、その人たちにとって今の対応がいいのかどうか。世間から糾弾されるばかりで将来が見通せない会社より、一時的に今より待遇が悪くなっても、会社をきちんと潰して、賠償や原子力を切り離した新しい会社で働く方がよかったのではないか、そんな気がした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月27日 (水)

6月の南無谷

 びわ以外のことも少し。

 デイゴが咲き誇っています。いつも冬の間に枝を刈り込んでいるのですが、今年はほったらかしにしておいたら、例年より威勢よく咲きました。いい場所を占領しているので、最近この樹が邪魔だなあ、切ってしまおうかと思うことがあります。それを察してがんばったのかもしれません。

Dscf6653

 バラです。不在中に咲いて、そのまま散ってしまうことが多かったのですが、今回ようやくそれなりに咲いている所を見られました。

Dscf6654_2 Dscf6655

 アジサイの季節です。

Dscf6665_3 Dscf6669  

Dscf6670_3 Dscf6671

アジサイの陰からハギの花。

Dscf6666


 
 これはまた見つかったトックリバチの巣。直径1センチあまりの小さなものです。たたんでベランダに置いておいたブルーシートの裏側についていました。去年はベランダにおいてあったバケツの裏側でしたから、ベランダが気に入っているようです。(→トックリバチの巣
 びわの袋にはたまにムカデが入っていて、袋を開けると出てくることがあります。今年出てきたムカデは8センチくらいもあって大騒ぎでした。虫には気をつけていますが、気をつけるだけで退治することなどできません。

Dscf6650_2 Dscf6651

 ブルーベリーも実をつけました。これだけ見るといっぱいあるようですが、まだ丈が低いのでたいしたことはありません。

Dscf6693_3  

 サトイモは前に植えたものが残っていて、勝手に出てきました。葉に雨露がきれいです。これで墨をすると習字がうまくなる?あれは蓮の葉の露だったか?まあわたしはうまくなりませんでした。

Dscf6676_2 Dscf6677

Dscf6688 夏みかんはなり放題取り放題ですが、昔ながらの夏みかんなので、すっぱくて砂糖をかけないと食べられません。それで今回は甘夏を植えてみました。
 期待しています。なんとなく頭の中で知床旅情の歌が響き始めました。

しれーとこーの みさーきにー
あまなつーの さーくころー

 ちょっと違いました。知床ではやっぱり甘夏はできないでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

台風がびわを…

 びわの収穫の時期です。びわの収穫は楽しいものです。かけた袋がぱんぱんに張り切っていて、開けるとこんなに丸々と太った色鮮やかなびわが出てきます。

Dscf6684 Dscf6686

 大きさを携帯電話と見比べてみてください。

Dscf6645_2
 
 けっこう手間がかかるけれど楽しい行事で、友達に来てもらったりしていました。
 ところが今年は、なんと6月19日に台風4号がやってきました。春先が寒かったため成育がいつもより遅いので、収穫は6月23、24日の土日を予定していたところでした。地元の人たちは台風の前に急いで収穫したようですが、わたしたち夫婦が横浜から南無谷へ行ったのは6月21日。着いてびわを見ると、残念ながら大半は木の下に落ちていました。
 びわは完全に熟すと自然に落ちるようになるので、その頃に強い雨や風にあうと、どんどん落ちてしまいます。栗のような固い殻があるわけではないので、落ちるとその衝撃で傷んだり、地面に触れている部分が腐り始めたりします。だからいつも、少しずつ落ち始めた頃に収穫していたのですが、今年はうまくいきませんでした。
 21日は雨が降ったりやんだりするなか、落ちたびわを拾い集めましたが、ほとんどは傷んだり、まだ少し早かったりと、使い物になりませんでした。

 今年のびわは不作だと前にも書きましたが、おまけに房州では今年はカメムシが大量に発生しました。袋かけは病虫害防止のためでもあるのですが、カメムシの幼虫は袋の結び目の隙間から入ってしまうのだそうです。
 わが家のびわにも、表面きれいでも針でつついたような小さな穴があいているものがけっこうありました。果汁を吸うのだそうで、なるほど触ってみても固い。せっかく枝に残っていて収穫できたと思ってもこれではしょうがありません。

  半値八掛け二割引というのは、株などの相場が大きく下げるとき、半値に下がってその八割になってまた二割下がる、つまり100%×0.5×0.8×0.8=32%、そこまでいけば底入れだという格言だそうですが、わが家の今年のびわの収穫はまさにこんな感じ。台風、気候、カメムシで、例年の三割程度の収量です。
 毎年びわを送っていた友人たちにも、今年は送ることができません。そういう事情ですので、どうかご理解ください。来年はがんばります(と去年も書いたような気がするけれど)。

 左は落ちたびわ。傷んでいるのが多い。右はなんとか収穫できたびわ。

Dscf6647 Dscf6700

 それでも今年ははじめてプラムがたくさん収穫できました。あんずは留守にしているうちに全部落ちてしまったようです。来年は収穫時期を見極めなければ。

Dscf6657
 収穫したプラムと夏みかんです。

Dscf6701 Dscf6703

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

J38 福沢諭吉の開口笑話

 これは福沢諭吉が明治二十五年に刊行したジョーク集を飯沢匡が現代語訳をつけて再刊したという本。

Photo
  飯沢匡現代語訳『福沢諭吉の開口笑話』(冨山房、1986)

 もともとは福沢が創刊した新聞『時事新報』に連載したもので、英語のジョークの原文に福沢の長男一太郎による訳をつけたものだという。西洋のジョークが日本に紹介されたはじまりのようなものであろう。
  もともとの英語と明治時代の訳にさらに現代語訳の三種類がのっているので、ちょっと読みづらく、本に関するジョークにあまりおもしろいものがないのが残念だが、訳文には時代がうかがえておもしろい。

 こんな感じである。(p54~55)
  もとの英文

Book Agent:Yes, madam, this is what is termed an encyclopedia. it is filled with information, and will tell you anything you want to know.
Victim: Anything I want to know, eh?
Book Agent : Yes, madam.
Victim: Well, just made it tell where my husband was until halfpast three o'clock this morning and I'll buy it.―Binghamton Quiver.

 明治時代の訳(ふりがなは適宜省いた。以下同じ)

出版会社の売子 ハイ奥様ハイこれはナ合類節用(がふるいせつよう)と申して一切のことが書てありまして之を見ればあなたの知らうと云ふことで何でも分らないことはありません。
夫人 私の知らうと云ふことで何でも分らないことはないと
如何にも御意の通りで御在ます。
そんなら私の亭主が今朝三時半まで何処に居たのか其字引で引て見せてお呉れ夫れが知れたら其書物を買(かは)ふよ

現代語訳

それは無理

セールスマン 奥様! これはエンサイクロペディアと申しまして、何でも説明してあります。あなた様がお知りになりたいことについては、すべておわかりになるように書いてございます。
犠牲者 私か知りたいことは何でもわからないことはないのね?
セールスマン さようでございます。
犠牲者 じゃ、うちの人が今朝の三時半までどこにいたか調べてよ。わかったら買うわ。

 百科事典で何でもわかるというなら、うちの亭主の居所がわかるかというのは古典的なギャグだったが、これが最近ではGPSつきの携帯電話や街角の防犯カメラで本当にわかるようになってしまった。
 現代語訳の「犠牲者」はちょっといただけないが、客が”victim”になるくらい十九世紀のアメリカの本のセールスマンは強引だったのだろうか。続いて出てくる。

UNDAUNTED

The Daughter―How dare you fairy pound my door down?
The Book Fiend―I beg your pardon. Have I disturbed you?
Disturbed! Fly or T'll call the police! You have waked our baby.
Oh! Well, just let me get him to sleep for you while you look over a copy of The Slings and Arrows of Outrageous Fortune―only $1.

辟易(へきえき)せず

 お前はマア如何(どう)してそんなに戸をたゝくんンだよ
書籍押売人 御免なさいまし何かお妨(さまた)げでも致しましたか
 お妨げどころかへ此奴め巡査を呼んで来るぞお前のお蔭で赤子(あかんぼう)はおきてしまツたワ
押売人 おやゝゝ左様(さう)でしたか私が一寸(ちょっと)そのお子さんをお眠(ね)かし申(まうし)ませう其間(そのあひだ)に此(この)旅行日記(りょかうにっき)を御覧なさいまし代価(だいか)はたッた一円

一歩も引かず

 よくもまあ遠慮もなしにドアを叩くわね。
猛烈セールスマン 失礼致しました。お邪魔でしたか?
 邪魔も何も、行きなさいよ! さもないと警察を呼ぶわよ。赤ちゃんが起きちゃったじゃないの!
セールスマン おやおや、じゃ赤ちゃんは私にお寝かせさせて下さいませ。その間にあなた様は、この『七難八苦物語』を御覧下さい。たった一ドルでお頒け致しますよ。
(p55~56)

--------------------------------------------

NO WONDER HE TURNED ANARCIST.

Judge―"Prisoner, you were caught with a can of dynamite in your possession."
Prisoner―"Your Honor, it's necessary to my business.  I'm a book agent, and I have that can nobody dare to throw me down stairs."

無政主義の者たるも驚くに足らず

截判官 其方は爆裂薬(ダイナマイト)の鑵(くわん)を所持せし故を以て捕縛せられたる者なるぞ
罪人 恐れながら申上げます此品は私の商売の為めに無くてなりません私の渡世は新版又は豫薬出版の見本などを見せて廻ッたりして書籍を売付けることですがこの一鑵をさへ身に附けて居(をり)ますれば誰れも私を二階から突落さうとする者は御在ません。

護身用

裁判長 被告は危険物たるダイナマイトを所持した故に捕縛されたものであることを知っているね?
被告 裁判長! これは私の仕事に必要なんです。私は本のセールスマンなんですが、これを持ってる限り、人は私を二階から投げ飛ばさないんでして……
(p56~57)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月15日 (金)

窮居堂拾遺01

  この5月から、なむや文庫で本を購入いただいた方には、ハガキ大のこんなチラシを同封しています。
 ブログで前に使ったネタの再使用で、芸がありませんが、にぎやかしにと思ってはじめました。 
 

001_2

 答えの気になる方は、下記pdfファイルをごらんください。

  →「001.pdf」をダウンロード

 この他の文芸なぞなぞはこちらで

  →13 文芸なぞなぞ2

  →14 文芸なぞなぞ3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

5月の南無谷

 5月の終わり。前回からだいぶ間をおいての南無谷行きとなってしまいました。この時期、放っておくと庭はすぐこんなふうに草だらけになってしまいます。バラのアーチはひん曲がって倒れそう。

Dscf6608
 だから来るたびに草刈り三昧です。。リゾート暮らしを夢見ていたのに、やることは草刈りや枝払いばかり。帰る頃にはなんとかこの程度になりました。バラのアーチは撤去しました。

Dscf6621_2

 家の方も、二階の雨戸を開けようとした奥さんから緊急出動要請があって、行ってみると裏側にはこんなのがいました。卵を抱えたオニグモのようです。

Dscf6603_2

 前に、この卵だけが天井からぶら下がっていたので、謎の空中浮遊物体として紹介しました。白い部分が十円玉くらいの大きさなので、こうやって脚を広げるとけっこう大きい。常住していて、雨戸を開けるといつもあわてて逃げていきますが、卵を抱えているのははじめて見ました。クモにとってわれわれは、ときどきやってくる邪魔者なのでしょう。

 今回はびわの実のふくらみ具合を確認しに来ました。
 下左は袋をかけ忘れたびわ、右は袋がとれたみたいですが、色づきはじめています。例年より少し遅めのようです。全体にちょっと勢いがないのは、やっぱり去年の大豊作の反動でしょうか。

5dscf6611 5dscf6610

 でもこんなふうに袋がふくらんで、ぱんぱんに張り切ってきているのを見ると、うれしくなります。収穫まであと二、三週間か。

Dscf6614_4

 今回はもうひとつ作業。倒れたままになっていたキウイが枝を伸ばしてきたので、支える棚を作りました。

Dscf6624_2
 2×4材で、180cm四方、高さは240cmとちょっと高い。根元に深さ40cmの穴を四つ掘るのが一苦労でした。以前、井戸掘りに挑戦して、4mくらいで挫折したことがありました。ここの地層は深さ3mくらいまでは固いのです。
 これでなんとか大丈夫だったら、キウイの成長に合わせてさらに増築するつもりです。

 実のなる樹ががんばっています。
 下左はプラム。右はアンズ。

5dscf6625t 5dscf6635

 そして梅。右はあまり期待できないけれどいちおうブドウです。

5dscf6617 5dscf6643

 
 今回は実に気をとられて、花の写真はあまり撮っていません。

5dscf6636_2 5dscf6639

 アジサイが色づきはじめていました。梅雨のシーズンがびわの収穫時期です。

5dscf6634

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

4月の南無谷

 4月の20日頃。
  赤木蓮が花盛りでした。

Dscf6543 Dscf6545

 びわの袋かけが遅れていて気がかりでした。

Dscf6558_7 Dscf6561

 なんとか終わらせましたが、やはり今年は去年よりだいぶ少ない。

Dscf6568

 
 
 夏みかんは実をつけすぎ。

Dscf6576
 実のならない花たち。

Dscf6548 Dscf6564

Dscf6563 Dscf6556

Dscf6572 Dscf6554

 これは食べられるタラの芽と、実を期待できるキウイの芽。

Dscf6567_2 Dscf6566

 新緑の季節です。先月芽吹いたミズキがもうこんなになりました。

Dscf6584



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

3月の南無谷

 ブログをさぼっていた間の南無谷の様子を簡単に。

 3月の終わり。梅はそろそろおしまい。

3dscf6320 3dscf6371

 水仙は例年どおり各種あちこちに咲いています 。

3dscf6330_4 3dscf6342

3dscf6387_7  3dscf6388_3

3dscf6345  3dscf6352_2

 プラムの花盛り。実を期待。

3dscf6373
 アンズも花盛り。実を期待。

3dscf6322_3
 3月のびわ。摘果しました。これも実を期待ですが、去年より少なそう。

3dscf6326_2
 あとは実のならない花たち。

3dscf6356 3dscf6362

3dscf6390_3  3dscf6393

 これも実はなりませんが、ミズキの芽が出てきました。

3dscf6367_2




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »