« 甲子園ツアー4 唐招提寺 | トップページ | 甲子園ツアー6 奈良の町 »

2013年4月28日 (日)

甲子園ツアー5 薬師寺

薬師寺Photo

 唐招提寺はいかにも古めかしかったが、薬師寺は近年に再建された建物が多く、赤と青が鮮やかで、からっと明るい。敷地も広くひらけていて、のびのびしていた。

Dscf7357  Dscf7358
  與楽門               東院堂

 唐招提寺が天平の甍なら、薬師寺東塔(とうとう)は「凍れる音楽」ということになっているが、その東塔は、残念ながら解体修理中で囲われていた。3月20日まで西塔(さいとう)と一緒に特別公開されていたそうだ。ちょっと遅かった。

Dscf7360 Photo
  工事中の東塔           中門と西塔

Dscf7365_2 西塔、金堂、中門、大講堂などは、昭和42年の高田好胤(たかだこういん)管主(かんず)白鳳伽藍復興の発願に基づき、その後順次再建されてきたものである。

 まだわたしの若い頃で、高田好胤はよくマスコミに登場する名物坊主で、ベストセラー本を出したりしていた。わたしは、なんだこのタレント坊主と思って、本を読もうともしなかった。
  しかし高田好胤は、修学旅行の「案内坊主」として生徒相手に十数年法話を続けた経験を生かし、全国を講演してまわって、広く大衆の支持を得た。
 そして薬師寺の悲願であった白鳳伽藍の再建を、大口の寄付によるのではなく、一口千円の般若心経写経勧進によって何十億という費用を集めて、見事に成し遂げた。
  現在あちこちのお寺で般若心経の写経が行われており、写経と言えば般若心経ということになっているのは、この高田好胤の成功によるものではないか。
 傑物だったのであろう。一度くらい講演を聴いておけばよかったと今にして思う。
 

Dscf7364              金堂

Dscf7369              大講堂

 唐招提寺から始まってこの薬師寺、次の日の東大寺、興福寺と見た建物・仏像は、どこへ行っても国宝だらけで、さすが古都だと感心した。しかし仏像は、ほとんど写真撮影禁止だったので、どこで何を見たのかよくわからなくなっている。日光菩薩・月光菩薩は複数見たが、どこのがどうだったのかよく覚えていない。
 だから帰ってから思い出そうとしてガイドブックなどを見ると、見逃したものが多いのはしょうがないとしても、見たはずなのによく覚えていないものが多いことにあきれる。歳である。
 高田好胤の『薬師寺への誘い』(高田好胤編・野上透写真、講談社文庫、1977)も読んでみた。Photo

 薬師寺の本尊は薬師如来で、「西に阿弥陀さまの極楽世界、東にお薬師様の浄瑠璃世界があります。(P50)」とある。
 如来が仏で、仏になるために修行しているのが菩薩であるくらいのことは聞きかじっているが、如来がそれぞれ仏国土(ぶっこくど)という領土みたいなものを持っているというのはよくわからない。ウィキペディアによれば、こうなっているそうだ。

  • 阿弥陀如来   西方極楽浄土 
  • 大日如来    密厳国土
  • 毘盧舎那如来 蓮華蔵世界
  • 阿閦如来    東方妙喜世界
  • 薬師如来    東方浄瑠璃世界
  • 釈迦如来    無勝荘厳国、霊山浄土(現世の霊鷲山のこと)
  • http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8F%E5%9B%BD%E5%9C%9F
  •  阿弥陀如来の西方極楽浄土以外あまり聞かないが、これは、それぞれの如来が勢力争い・領土争いをしているのかなどと考えてしまう。
     しかし高田好胤は「決して仏さまは人々を自分の浄土へ引っ張りこむことをのみお考えにはなりません。その人その人にふさわしい浄土を願わし引導してくださいます。(P51)」 と書いている。わたしのような下衆のかんぐることは、とっくにお見通しなのであった。 

     白鳳伽藍から道路をへだててちょっと離れたところに玄奘三蔵院伽藍がある。こちらは再建ではなく新たに建てたものである。
     薬師寺の宗派は法相宗で、開祖慈恩大師は西遊記の玄奘三蔵法師の弟子。そして日本へ法相宗を伝えた道昭は唐で慈恩大師の相弟子として三蔵法師に学んだのだという。パンフレットには「法相宗の始祖・玄奘三蔵」と書いてある。
     

    Dscf7381 Dscf7384

     ここへ行く途中に、根尾谷から持ってきた薄墨桜があった。

    Dscf7376

    Dscf7377_3

    Dscf7377_4

     満開。春である。
     実は甲子園へ行く前からちょっと腰を痛めていて、我慢しながらずっと歩いていたのだが、こんな光景を見ると、我慢のしがいがあったかなと思う。
     
     

    |

    « 甲子園ツアー4 唐招提寺 | トップページ | 甲子園ツアー6 奈良の町 »

    窮居堂旅日記」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック


    この記事へのトラックバック一覧です: 甲子園ツアー5 薬師寺:

    « 甲子園ツアー4 唐招提寺 | トップページ | 甲子園ツアー6 奈良の町 »