« 甲子園ツアー9 興福寺 | トップページ | J42 スターリン・ジョーク »

2013年5月28日 (火)

甲子園ツアー10 元興寺・十輪院

元興寺Photo(がんごうじ)

 元興寺は、飛鳥蘇我馬子がつくった法興寺が平城遷都に伴って移されたものだという古い寺である。
 南都七大寺の一つとして、大きな寺であったらしい。この界隈一帯は、古い町家や寺の並ぶ「奈良町(ならまち)」と呼ばれているが、もともとはみな元興寺の境内だったのだという。
 今は、町中のちょっとした寺くらいの規模だが、元興寺は「古都奈良の文化財」のひとつとして、世界文化遺産にも登録されており、本堂(極楽堂)禅室は国宝でもある。

 下左が本堂。右が禅室で、禅室の前は、浮図田(ふとでん)と言って、ならまちから発掘された石仏や石塔が並べられている。浮図=仏塔の田という意味らしい。

Dscf7477 Dscf7481

 本堂と禅室の屋根瓦の一部は、飛鳥時代のもので、日本最古の屋根瓦だという。赤っぽいのが飛鳥時代のものらしい。そしてこの瓦の葺き方を「行基(ぎょうき)葺き」というそうだ。

Dscf7483
 静かで落ち着いた雰囲気の寺であった。

十輪院Photo(じゅうりんいん)

 十輪院も、もとは元興寺の一子院であったという。
 ありきたりの町中の小さな寺という風情だが、この寺の本堂も国宝である。まったく奈良は国宝だらけだ。

 ここへ来てみたのは、前に触れた松本清張・樋口清之『奈良の旅』(光文社文庫、1984)に紹介されていたからだった。
 この本は、1960年代後半にカッパブックスで刊行された「今日の風土記(こんにちのふどき)」というシリーズの一冊である。
 単なる観光コースの手引きでなく、歴史的な解説や挿話などを加え、読み物としておもしろいガイドブックを目指したもので、全部で6冊刊行された。
 当時売れっ子だった二人なので、本人たちがどこまで手間暇かけたか、疑問に思うところもあるが、通常のガイドブックよりはずっとおもしろい。
 特に最近のガイドブックは、買物ガイドにグルメガイドが中心で、どこでも同じような「こじゃれた」店ばかりが紹介されている。年寄りにはあまり役に立たない。

Dscf7491 Dscf7487_2
南門                       本堂

 この本堂は、その後方の石仏龕(せきぶつがん)を拝むために作られたもので、仏龕の中央には石造の地蔵菩薩像があり、その左右に立っている石の柱には釈迦如来、弥勒菩薩の浮き彫りがある。お地蔵さんが中心で、お釈迦様が脇侍になっている。下の写真はパンフレットにあった本堂内陣。

Photo_2

Dscf7489 本堂の奥の方には魚養塚(うおかいづか)という小さな塚がある。(左の写真)
 朝野魚養(あさぬのいおかい)という、空海に書道を教えたという、字の名手の墓であるが、前掲書によれば、その魚養にはこんな伝説があるのだという。

 日本から行ったある遣唐使が、唐に滞在中、女に子供を生ませた。子供が乳離れするころには必ず迎えに来るからと言って帰国したが、その後まったく音沙汰がない。
 悲しんだ女は男の無情を恨んで、子供の首に「遣唐使なにがしの子」と書いた札をつけ、「宿世あらば、親子の中は行き逢いなん」と言って、日本の方へ向かって、子供を海に投げ込んでしまった。
 男がある日、馬で難波の海岸へ行ってみると、四つくらいの男の子が魚の背に乗って浮かんでいる。引き寄せると、自分の名前を書いた名札をつけていた。
 男は因縁の不思議さに驚き、連れ帰って大事に育てた。次の遣唐使に托して女にもこのことを書き送ってやり、女も喜んだ
 子供は魚に助けられたので魚養(うおかい)と名付けられ、大人になって字の名人になった。(参照『宇治拾遺物語』巻一四の四 魚養ノ事)

 この話はいちおう、めでたしで終わっているが、怒って子供を海へ放りこんだというのは怖いし、自分の名札をつけた子供が海から上がってくるのも怖い。
 『天平の甍』のところ(→甲子園ツアー4 唐招提寺)でも書いたけれど、遣唐使の時代から、森鴎外の『舞姫』のような、留学中に恋人ができ、子供ができて…という話があったのだ。
 そして、この遣唐使は伝説では吉備真備(きびのまきび)だということになっているらしい。
 吉備真備は、養老元(717)年、阿倍仲麻呂らとともに留学生として唐へわたり、天平7(735)年に帰国した。十九年もいたのは当時の玄宗皇帝がその才を惜しんで帰国させなかったためともいわれる。また天平勝宝4(752)年には遣唐副使として再度入唐し、鑑真とともに帰国した。当時のエリート中のエリートというところか。学者としてまた政治家としても立身し、右大臣にまで昇進した。この他にもいろんな伝説がある。

 森鴎外については、十輪院のホームページにこう書いてあった。

十輪院と森鴎外

森鴎外(1862-1922)は軍医でありながら、小説家としても有名ですが、帝室博物館の総長時代、奈良に来ては古い寺々を巡っていました。短歌も好み、『奈良五十首』を詠んでいます。その中に、「なつかしき十輪院は青き鳥子等のたずぬる老人(おいびと)の庭」という歌があります。
http://www.jurin-in.com/haikan2009.html

 鴎外は、吉備真備の伝説を知っていたに違いない。この塚を見て、『舞姫』のエリスを思い出したであろうか。

 さて、これでそろそろ奈良の旅を終わりにする。旅館へ荷物を取りに戻る途中、町中を学生らしい若者たちが三々五々歩いている。どうも「ならまち」ウォークラリーみたいなことをやっているらしい。日曜で、天気もいいし、腰は痛いがいい気分だ。

Dscf7492

Dscf7499_2 奈良はいいところだった。寺や神社はどこもまわりが広くひらけている。Photo観光客も東京周辺や京都に比べればずっと少なく、ゆっくりと見物ができた。高層建築がほとんどないせいか、町全体がのびのびと落ち着いた感じがした。
 また来よう、と思うのだが、考えてみると、そのときはそう思いながら再訪していないところがほとんどである。行きたいと思いながら行ってないところもずいぶんある。
 今回もずっと腰が痛かったし、歳のことも考えながら次を考えよう。

|

« 甲子園ツアー9 興福寺 | トップページ | J42 スターリン・ジョーク »

窮居堂旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甲子園ツアー10 元興寺・十輪院:

« 甲子園ツアー9 興福寺 | トップページ | J42 スターリン・ジョーク »